NHK杯 久保利明九段 対 藤井聡太七段

皮肉なことにタイトル失冠時の将棋から、久保九段のファンになりつつありました。浦和レッズのファンになったときと似た構図なのかと。今日は注目の藤井聡太七段との対局。この2人の対局は非常に見応えがあります。熱戦というか・・・。

さて、今日も期待を裏切らず、藤井七段先手番で始まりましたが、あっさり先日手で指し直し。両者も対戦が多くなるにつれて対策もできつつあるうえ、相性も含めた棋力が拮抗しているのか?指し直しでも大熱戦でした。

序盤は久保九段がうまく指しているように見えましたが、途中からどちらが優位なのかわからなくなり、終盤にかけて久保玉が危ないように見えました。初心者の私から見て、今日は藤井七段の勝利だと思ってしまいましたが、さすが久保九段は粘るだけでなく、勝機を見逃さなかったですね。最終盤の藤井七段のがっくりした姿は痛々しいです。まだ悔しさをバネにで良いと思うのですが、プロなのですから、指している最中はあまり表情にださないほうが良いのかな?と感じます。まあそれを含めても次世代スターであることには変わりなく強いです。

私は人と指す時間がほとんど取れず、級位も停滞気味です。なんとか指す時間を取って将棋道場などに行きたいですがしばらく無理そう。ネット将棋やぴよ将棋などで棋力ができるだけ落ちないようにしていますが、詰将棋はかなり停滞。ちょっと疲れ気味なのでしょうか??調子がいいときは連勝しまくるのに、連敗しだすと止まらない。基本的な何かが足りていないようです。今のところ棒銀と四間飛車がメインです。初段になるまでは、この二つをもっとうまく指せるように努力を続けるようと思います。