ブラザーのA3対応ビジネス向けカラーインクジェット複合機発売!!

ブラザーは近年、ユーザーが好みそうな実用的なプリンターを次々にリリースして一定の地位を築き上げています。特にビジネス向けインクジェットで見ると、同業者でブラザーを使っている人が増えてきています。私も個人的に使っていますが、結構気に入っています。

さて、今回発売されたのはPRIVIOの3機種。いずれもA3プリント、スキャンができます。今回はインクも見直しが行われ、全色顔料ベースのインクを搭載し、普通紙でもくっきり印刷できるようです。そのうえで装置寿命も向上させ、大量印刷なども安心して使う事が出来そうです。特に図面用途が多い、我々設計事務所にとっては人気がでる機種になりそうですね。

スピードもアップしているようです。が、一番の注目は大容量カートリッジにより、インク交換回数が減るだけでなく、ランニングコストもA4カラーで4円(従来6.1円)、モノクロはなんと0.9円(従来1.4円)と更に邸ランニングコストを実現しています。金額はともかく、従来比が結構あるので、期待できますね。ここまでくると、エプソンのエコタンク搭載のプリンターも視野に入ってきます。あちらはA4までですし、印字は悪いし、速度も遅いです。しかも高価で旧製品のような機能性・・・。カラーは0.8円とまだまだ差がありますが、モノクロは0.4円ですので、それほど大きな差はありません。比較対象が違うのかもしれませんが、どちらが安心して使えるか?も含めて考えたいところです。

3機種の違いは、搭載インクタンクの違い(上位機種のみ大容量インクが使える模様)、スキャン方式、給紙などです。価格の差はありますが、ここはランニングコストが安く大量給紙ができるMFC-J6995CDWをお勧めします。インクジェットとしては7万円は確かに高いですが、FAXも搭載していますし自動両面スキャン、両面印刷が可能です。何よりも給紙トレイが上段・下段に250枚ずつだけでなく、背面のMPトレイに100枚の合計600枚をセット出来るのが嬉しいですね。A3もセット出来ますし、まさに設計事務所に置いておきたい要素をすべて含んでいますねえ。2月発売です!!