あかねの前のナッチャンWorldやナッチャンReraは揺れたのか???

佐渡汽船の高速カーフェリー「あかね」。昨年は新潟航路のカーフェリーの船舶整備等での休航中の補充として新潟航路を運航しましたが、いろいろ不評だったようです。なので、今年の冬の運航は見直され、新潟航路であかねが運航するのは11月7~13日の7日間に短縮され、季節もまだ海が荒れにくい時期に変更になりました。

そもそもこの船が導入された理由は、青森ー函館の青函航路で運航していた、同じ形のナッチャンWorldとナッチャンReraの運航を見てのことでした。不幸なことにこの2隻は実力を出す前にたった数年で定期運航を終了した悲劇な船として有名です。

原因は、原油高に伴う燃料高騰により大幅な赤字が見込まれたことです。もっともそんなことは運航前にも予測できたはず。実際は乗る人が少なかったのでしょうか?

あかねで問題になっている揺れ。果たしてナッチャンではどうだったのでしょうか?既に運航していませんので、ブログなどの記事を参考に類推するしかないのですが、導入前に揺れにくいという評価だった割にやっぱり揺れたようです(ナッチャン 揺れなどで検索すればいくつか出てきます)。佐渡航路と違い島影に入る時間が長い青函航路なので、突然揺れ出すんでしょうね。あかねよりもかなり大きな船ですが、揺れたと言うことは、本来の企画ではなく小型に作られたあかねは揺れの面では更に不利なのは仕方がないことなのかもしれません。もっとも波が高く風も強いこの海峡はどんな船でも大変ですし、揺れも激しいのですが・・・。

一部のニュースでは、あかねの導入で年間20万人ペースで推移と、当初は好調を維持したようですが、2016年度は15万人程度。導入前よりは多いものの苦戦は否めません。やはり通年運航できないのは辛いです。寺泊赤泊航路も心配なのですが、早く通年運航に戻さないと大変なことになりそうです。あかねでなくて、最新鋭のフェリーであっても冬場はかなりきつい直江津小木航路なので運航自体が難しいのはわかっているのですが、そうしないとどんどんまた航路を使う人が減ってしまいます。北陸方面の人にとって直江津はやはり便利です。電車を使わない人にとってはカーフェリーは無くてはならない存在です。長期的な視点に立ってじっくり取り組んで欲しいところです。