今さらながら、AQUOS PAD SH-08Eの有用性

中古で1万円を大きく切っていたので購入しました。SH-08E。

これはドコモから販売されていた7インチのAndroidタブレットです。IGZOディスプレイが話題になった頃のものなので、かなり古いです。ただ古いだけでなく、現在のタブレットにはない美点が多くあります。また安価な中古も比較的潤沢に出回っていており購入するチャンスでもあります。

まず、このタブレットの美点はスタイラスを内蔵している点です。IGZOディスプレイの美点、と当時はいわれていましたが、その後出ないところみると、あまり関係無かったようです。細いザウルスみたいなスタイラスですが、十分に細く書きやすいです。最近のタブレットでは中に片付けられるタイプはほぼなく、無くしてしまったり置き忘れたり・・・ということがよくあるのですが、SH-08Eはそのようなことが皆無です。しかもこの手のものの中では非常に書きやすく7インチという大きさも相まって非常に使いやすいです。

次に付属ソフト。「書」というシャープオリジナルのソフトは、画面に書き込むという単純な機能で非常にメモが取りやすいです。標準搭載なのでどんな場面でもすぐに呼び出せるのが便利です。またタイムライン上に記録されていくので、整理をしなくても日時が自動で記録されるのでずぼらな人でも便利です。専用ペンがついている機種ならではの機能です。

最近iPhoneとか使っているとテレビ見られないな・・・と思うこともあると思いますが、これはフルセグとワンセグ着いています!!またワンセグアンテナは内蔵していますので、いざというきも安心です。

防水はあまり期待しない方がいいかと。フタが取れやすいタイプですから。私のも取れた個体でした。どっちみち充電で外すので私はどうでもいいです。この部分の劣化のために大量に安価な中古が出回っているという側面も見逃せません。

あと大事なのが格安SIMで運用できること。ドコモ系ならだいたい使えるでしょう。SIMサイズがマイクロじゃないので、そこは工夫が必要でしょう。もっともこの端末にSIMを刺す必要を感じるか?は疑問です。あと刺す場合ですが、音声SIMで電話としても使えるのがいいですね。意外と便利かもしれません。

もちろん古いです。OSはAndroid4.2。OFFICE等使えないアプリも多く存在します。使うには工夫も必要です。

個人的には、現場用と思っています。安価ですし、傷がついている中古だか躊躇無く使えます。PDF図面に現場で書き込んだり、現場で図面を借りた場合、その図面をカメラで撮影し、これで書き込む・・・というのが良い感じです。「書」ソフトは、直接ファイルに書き込むのではなく、画面合成して新たなファイルに書き出すので原本ファイルを痛めなくていいので、安心です。賛否両論激しかったソフトですが、このような用途では圧倒的に使いやすいです。何より7型は使いやすいですね。

DropboxとezPDF Readerとを併用すれば、非常にスピーディーに現場ファイルの書き込み、閲覧、加筆が進みます。

最近、ペン付のパソコンが再び出てきていますが、立派な絵が描けるようなデジタイザが目立ちます。実際そんな用途は少なく、細い線で書き込めればそれで十分!!という方が多いと思います。特に建築では。またSH-08Eのようなタブレットが出てくると嬉しいです。

電池式極細タッチペンの比較

iPadなどで、文字や絵を描こうとするとき、やはりペンが便利です。しかしながら市販のタッチペンは先が太いです。

私もXpreia X3 Tablet Compactを利用しているのですが、このサイズになるとイラストを描くこともあります。指先ではかなり難しいので使えるスタイラスを探していました。

意外なことに、Sonyのスマートフォンは全体的にスタイラスの反応が悪いのですが、この機種はどのペンでも問題が少ないです。あとはペン先のみです。というわけで、先月プリンストンのPSA-TPA2を購入しました。細かい部分を書くのにこれほど便利なものはない!と思えるほど良かったです。PSA-TPA2は、直径2mmと極細なうえ、感度調整もできますし、電池も入手しやすい単四といいことばかりです。価格が高いのがネックですが・・・。そう思っていたのですが、実は大きな欠点が。それは、静かな場所で使うと、カツカツ音がうるさいのです。ペン先がプラスチックな感じで、安っぽい感触なのです。ゴムなどでなれていたからでしょうね。逆に違和感を感じます。それとスーツのポケットなどに入れておくのですが、クリップがないのが意外と使いにくい・・・ということに気がつきました。ストラップ用の穴は便利だと思ったのですが・・・

スーツに入れておくと忘れることもあるので、予備を兼ねて、同種のペンを探していたところ、サンワサプライのPDA-PEN41BK が安価に購入できることを知り、購入しました。

DSC_0020

上がPSA-TP2、下がPDA-PEN41BKです。

重さは、PSA-TP2のほうが軽いです。初めて持ったときは、PSA-TP2も重い!と感じたのですが、それが軽く感じられるくらいです。両方とも高いペンだけあって質感は良いです。PDA-PEN41BKは金属感があり、塗装がはげる予感がします。クリップはやはり便利です。机の上で転がりませんし。ただ軽く押すだけで手軽にON・OFFでき、電源が入っているかどうか?確認しやすいPSA-TPA2に対し、PDA-PEN41BKは長押しが必要で、かつ電源が入っているかどうかは先端に近い穴のようなところなのでやや視認性が劣ります。持ったときのバランスは慣れもあるのでしょうけど、PSA-TPA2のほうが軽さもあって良い感じです。

ただし、Xperia X3 Tablet Compactに書き始めると感想が一変します。カツカツという音や感触が、PDA-PEN41BKのほうが軽やかなのです。重い本体なのにそう感じます。ただペンのバランスがPSA-TPA2のほうが良いです。PDA-PEN41BKは、重心が後ろにあって書きにくいです。もう少しペン先が重いと使いやすいのですが。というわけで一長一短が激しい比較となりました。

高い商品なので、試すのはなかなか勇気がいります。個人的にはPSA-TPA2のペン先を変えて、クリップを付ければ完璧なのですが現状そうもいきません。どちらを常用するか?悩みます。

それにしてもXpreia X3 Tablet Compactは本当に優秀です。スーツのポケットに入る限界サイズで8インチを確保。軽量で防水。動作もキビキビです。唯一ペンを使えなかったのが欠点でしたが、これらの極細ペンがあれば、その欠点も払拭出来ます。これらのペンでも屋外で紙のメモが不要になる・・・とは正直思えませんが、アイデアスケッチなどでは十分です。特に「親筆」や「MetaMoji Note」では威力を発揮します。親筆は、手書き文字で取材などしたいとき、MetaMoji Noteは簡単なイラストやスケッチを描いて説明したいとき、アイデアをメモするとき、に非常に威力を発揮します。防水でなければ精度の高いデジタイザを使えるタブレットはありますが、大きさの問題もあり未だ「これだ!」というものはありません。しばらくはこの組み合わせで使っていこうと思います。