サイボウズLive終了・・・

なんだか無料サービスが長いと信頼できなくなる・・・って本当かもしれません。

サイボウズLiveのサービス終了のお知らせが来ました。終了は4月15日なので、十分前にお知らせしてくれているのはありがたいのですが。

2010年に始まったサービスで、無料でサークルなどのグループウェアが運用できることから結構活用しましたね。今年も、とあるイベントの委員の連絡や資料の置き場として活躍しました。最近、確かに古めかしさは目立っていましたが・・・。有料化の話もありましたが残念ながら終了です。

もちろん有料のサービスでも倒産などでなくなるものがあります。しかも結構・・・。ですが無料のもののほうが手軽に使っているので遭遇する率も高いのでしょう。GoogleやYahooのように明らかにしばらく無くなりそうにないサービスでもこまめに新サービスを始めたり、古いサービスをやめたりしています。もちろん形があるものも同様です。なくなるものに感情を残すのは歳をとったからでしょうか?本当に必要なものなら、他社が真似たり、違ったサービスがでてきます。なくなったら困ると思っていたGoogleのreaderも、他社がほぼ同じサービスを継続してくれていて、何不自由なく使えています。ブログサービスも減ってきていますが、絶滅しているわけではありません。

サイボウズのことだから、また面白いサービスを企画しているのかもしれません。またネットでの反応を見ているのかもしれません。今後も推移を見守っていこうと思います。

メールワイズのiOS用アプリ

すみません。メールワイズ用のアプリでていましたね・・・Android版がないので見逃していました・・・

iPad Pro9.7に入れてみました・・・・はい!まだまだです。

iPhoneなら画面が狭いのでアプリもありですが、iPadだとこの完成度だと使い物になりません・・・。

まあタッチしやすい、切り替えやすいのがせめてもの救い。あるだけありがたいと思わなければ。

これから進化していくと思います。とりあえずサポートで使ってみます。コメントの切り替えは面白いのですが、広い画面のiPadだとな~

多分、iPhoneなら役に立つのかもしれませんね。

最近はiPad Pro9.7を仕事に投入していますが、便利ですね。いろいろ。サイボウズがらみでは、サイボウズ新着通知のアプリが非常に使いやすいです。KUNAIとかどこかにいっていいほど。サイボウズもまだまだいろいろ模索している段階なのかもしれませんね。スマホやタブレットでは。

事務所のネットワーク化を推進している以上、クラウド環境は更に活用していかなければなりません。私も試行錯誤が続きます・・・。

 

メールワイズはもっと良くなるはず!!

本舗のメールシステムの大部分は、サイボウズ株式会社のメールワイズ(クラウド版)で運用しています。このシステムのおかげで人数が少なくても漏れなく運用できるので、非常に感謝しています。しかしグループウェアやkintoneに比べると進化が・・・ということで、最近は若干不満が溜まっています。

なにしろカスタマイズ項目が非常に少なく柔軟性が低いのです。なので普通のメールシステムや、進化が著しいoutlook.comやgmailなどのクラウドなメールと比較すると「う~ん」とうなってしまいます。

まず、メールの題名が長いと、フルHDのディスプレイでも入りきらないこと。カスタマイズでどこかで改行したり、途中で・・・にしてしまうとかしないと読みにくいです。普通は幅とか変えられるでしょう??これはかなり厳しいです。

ごめんなさい。変えられました。左側の表題のほうは・・・というのは残っているのですが、これも消すことができます(消すと処理状況がわかりにくいので外出時用の機能か?)。関係者の皆様ごめんなさい。

次にサイボウズOfficeのアドレス帳を使えないこと。それぞれ別個なので重複して入力しなければなりません。別システムですから仕方がないのかもしれませんが・・・。できると飛躍的に管理が楽になります。カスタムアプリで制御できればなお良いのですがこれは難しいでしょう。

あと、受信後の分類がすぐにできないのも地味に痛い。gmailのように気軽に後から・・・ができないのが痛い。一応フォルダ分けもできるし、緊急度や確認者や状況などは入れられるし、コメントを入れられるのですが、後から調べたいときなど意外と不便です。このあたりは、古き良きパソコン版のメーラーの時代から変わっていないようです。せっかくの集計レポートがあまり役に立ちません。手間をかければいいだけなのですが、サポート時って時間がないから・・・。

電話履歴は便利なのですが、できればサイボウズOfficeに転送できると楽なのですが。特に日報につなげられれば、かなり弾力的な運用が可能になります。日報から電話履歴を参照、電話履歴から日報やスケジュールを参照できれば、記載する情報を最低限度に押さえることができます(重複しない)し、記憶のつながりも良くなるような気がします。

メールを送付したり、電話対応して書き入れたら、日報に自動的にメールを送付したとか電話対応したとか記述が加わると非常に楽です。早く実装してほしいものです。

あとスマートフォン対応もしていただければ、外からでも・・・です。何しろパソコンの画面でも管理しにくいわけですから・・・。この当たりは表示システムをサイボウズOfficeのように刷新しないと無理ですね。

→こちらもiOS版でています。まだまだ不便ですが。今後の進化に期待です。

そう考えると、まだまだ進化の余地がありますね。とはいっても基幹部分がサイボウズのサービスの中で一番完成度が高いわけで、意外と不満が開発者たちに伝わっていないのかもしれません。正直上記不満の他にも不満はありますが、それでも使い続けますし、大きな目からみて、このシステムが非常に有能で効率的であることには変わりがありませんからね。特に楽天ショップから見たら(爆)。

サイボウズLiveでイベント用システムを作ってみた

本舗で利用しているグループウェアはサイボウズOfficeでメールシステムはメールワイズです。なのに無料であるサイボウズLiveを使ってないの?と良く聞かれます。使っているけど、コミュニケーションツールとしては使っていない・・・というのが現状でした。しかし来年行われる、あるイベントの担当者にSNSのような打合せやコミュニケーションツールが欲しいといわれたので、サイボウズLiveで作ってみました。過去、サイボウズさんのやりとりでも使わせてもらっていたので、使い慣れています。たぶん問題があるとすれば、運営面かな?これはシステムというより管理者の素性や努力による部分が大きいので仕方ないですが。

さて、5分くらいでざっくりグループウェアができてしまいました。ありがたいのが、パソコンやスマートフォンだけでなくケータイでも使えること。比較的高齢な方々が使うのでこれはポイント高いです。またFacebookやLine嫌いの人にもメールアドレスだけで登録できるのがいいです。

掲示板機能が秀逸で、情報をまとめて管理しやすいです。特にすごい機能を搭載しているわけでもないのですが、使いやすいですし。またアンケート機能も良く、時間が合わない電子会議などで威力を発揮します。ファイルのバージョン管理までできるので意外と高機能なんです。

個人的にはAndroidアプリがやばいくらいダメなので、ここは改善して欲しいです。タブレットで使う気がしません・・・。タブレットではWEBベースで使った方が吉ですね。それはそれで問題ないのですが(汗)。ほとんど改善されずスルー状態のWindowsPhoneのアプリは、かなり秀逸なんですが(汗)。またサイボウズOfficeを使っていると、同じ会社なのかな~と感じてしまう部分もあります。まあOfficeとは別ソフト!と考えると吉でしょう。

議事録や、必要資料なども随時アップして使えるようにしていこうと思います。来年のイベントが成功するように願っています。

サイボウズKUNAI for Android Ver3.0.2

サイボウズOfficeやガルーン用のスマートフォンアプリKUNAIがバージョンアップされています。主に不具合の解消だそうです。大昔は使えないイメージの強かったアプリですが、最近はかなり使い勝手も良くなって、サイボウズを利用しているビジネスパーソン必須のアプリになりつつあります。私も社内から上がってきた交通費精算などを出先で承認していますし、スケジュールなども視認性が高く使いやすいです。フル機能じゃないけど、ブラウザでサイボウズOFFICEを手軽に起動できるので問題ありません。

メーカー非推奨でしょうけど、ガラホといわれるau(sharp製)のSHF31(AQUOS K)では、apkを他のスマホで入手しbluetooth転送すれば、インストールできますね。私もこの方法で使っていますが、きちんと通知してくれますし、バッテリー消費もそれほど悪化しないので重宝しています。全ての機能をカーソルで・・・というのは無理ですが(プログラマさん!頑張って対応してください!)ある程度はカーソルでも操作できますし、画面を触らないAQUOS Kならではの見やすさもあります。AQUOS Kには標準で組み込んでCYBOZUケータイとして売って欲しいくらいです。

サイボウズOfficeのモバイルビュー

いよいよというか、まだやっていなかったのか?と感じてしまうサイボウズOfficeのモバイルビュー。2015年4月に搭載されるようです。スマートフォンに最適化した画面でアクセスできるようになるそうです。専用アプリのインストールが必要ないので手軽に利用できますね。もっともパスワードなどの流出が怖いので設定と手軽さのバランスが難しいところ。kunaiアプリがインストールできない、またはしたくない人には朗報でしょう。

フルには使えないらしく、スケジュールやメール、メッセージ、掲示板、ワークフローのようです。カスタムアプリは既に対応済みなので(なぜ先だったんだろう?でも便利です♪)、他も改善されるのかもしれませんね。

サイボウズ携帯?

SHF31(AQUOS K)は、個人的にはサイボウズ携帯です。サイボウズOFFICEを駆使するのに適しているからです。ガラケーでも運用可能ですが、使いにくいし。ちなみに下の画面はすべて私のSHF31で撮影したものです。

Screenshot_2015-03-23-18-49-34

その点、SHF31はAndroidスマートフォンです。googleサービスとの連携もないので安全ですし、やっかいなアップデートがたくさんでる減少もほとんどありません。電池も持つし縦長の画面もいいですね。もちろん使用するのはKUNAIです。もう一台Androidスマートフォンを持っていれば(無ければ借りる)、比較的簡単にKUNAIをインストールできます。KUNAIで助かるのは、プッシュ通知ですが、SHF31でも上記の画面の下側の!マークで知らせてくれます。カーソルで選択できるので操作感も非常にいいですね。

Screenshot_2015-03-23-18-48-26

スケジュールチェックも簡単です。スケジュールの前後スクロールはカーソルでできるので便利です。他の機能はタッチクルーザーEXで楽々操作できます。

Screenshot_2015-03-23-18-48-51

メニュー表示も余裕がありますね。専用で作られたみたい・・・。

Screenshot_2015-03-23-18-49-16

一番うれしいのがカスタムアプリも楽々使えること。ガラケー版ではね・・・。ちなみにKUNAIブラウザも動くので、常用はきついですけどメールワイズも使えます。メールワイズのアプリ版欲しいな・・・。

要望としては、メニュー操作もカーソルでできるようになればいいな~ってことぐらいです。あとは開発は通常のAndroid版とまったく同じですから楽ですね。メーカーが組んでサイボウズ携帯として販売すれば企業ユーザーには売れるんじゃないかな?今のところ裏技を使ってインストールすることになるんですけど、メーカーがきちんとインストール済の端末を販売するとか、法人向けにカスタマイズして売れば・・・需要はあると思うのですけどね。

普通にスマートフォンで使えば?と思うかもしれませんが、この手のアプリはカーソルで使えると非常に楽なんですね。スマートフォン画面って濡れると使いにくいし、画面が大きいので他人にのぞき見されることも多いです。SHF31はセキュリティ面でも比較的優れていますし、非常に向いていると思います。

 

サイボウズOfficeのスケジュールの添付ファイルが便利!

会社のグループウェアはサイボウズOfficeを使っています。導入した頃は使い勝手は良いのだけど、ちょっと仕様が古いかな!と思っていました。しかし近年は新機能の投入も早く、しかもビジネスで便利な機能が搭載されてきているので重宝しています。最近では、画面遷移がなく予定を入力できる機能が便利でしたね。私のお気に入りは、スケジュールの添付ファイル。事務所協会などからPDFの会議の案内、議事録など送ってくるのですが、当日忘れたり、外出先から戻らず直接いかなければならないときなど多々あるのですが、そんなとき、スケジュールに添付ファイルで地図や必要書類、案内などを登録しておけば、出先でも素早く参照することが出来るのです!複数ファイルのドラッグアンドドロップにも対応し使い勝手も良いのでお勧めです。

サイボウズOffice 10.1

メールが劇的に使いやすくなった、サイボウズOffice10.1だが、私のように同社のメールワイズを使っている人にとっては意味があまりなかったです。その点、本日アップした10.1は便利です。

まず、スケジュール登録が簡単になったこと。画面遷移が必要ないので簡単ですね。またiCalender形式で書き出せるのでこれも便利です。まあこっちは私は使わないかな??

カスタムアプリの通知機能の強化もイカしています。なぜ始めからそうじゃなかったのか?不思議ですが。

個人的にはスケジュールにファイル添付できるのは非常に嬉しいです。講習会などの資料を添付しておけば、出発する前に印刷して・・・ということが可能です。名刺なんかも添付しておくと便利です。

わずかな変化ですが、うちの社員で変化に気がついた人もいましたね。今後も期待です。