ASTIM 木造構造計算ソフト選び

私は、実はアークデータ研究所の古いユーザーです。まあメインで使ったことはないですし。一貫計算ソフトじゃないけど。あの独特のユーザーインターフェイスに挫折した経験があります。自由な形状入力で注目されたASCALという構造計算ソフトは、比較的設計が新しいこともあり、古くからの構造計算ソフトに比べいろんな特徴をもっています。

その木造版であるASTIMは、木造では珍しく、許容応力度計算についてはグレー本ではなく、木質構造設計規準・同解説をメインで解析を行っているようです。オプションに壁フレームというグレー本準拠のものがあるというだけでも異質です。ASTIMは最近、4号の壁量計算にも対応し、徐々に一般的な建物への対応も強化しているように見えます。

といっても真骨頂はグリッドに制約されない形状の自由さです。壁倍率にしばられない設計手法を採り入れ、木造ラーメンなどにも対応できる仕様に魅力を持っている人も多いと思います。

私も久々に体験版をインストールして使ってみました。機能が・・・大幅に増えていますね。昔触った操作方法などはほとんどそのままです。慣れでなんとかなりそうです。

次に入れるソフトの検討中ですが、意外としっくりきて良かったです。最近はモデル化に関して厳しい指摘を受けることが多く、形状の柔軟性があるソフトの導入を考え中です。秋にかけて慎重に選んでいきたいと思います。