DRA-CAD17発表!!!

建築ピボットより案内が来ました。

国産建築CADのベストセラーのDRA-CADの最新バージョンDRA-CAD17が11月に発売予定となりました。それに伴いDRA-CAD16シリーズのユーザー様のDRA-CADアソシエイトへの入会は10月19日で締め切りになります。DRA-CAD17の内容を見て加入を考えよう・・・と思っていた方は注意が必要です!!

さて、肝心の新機能ですが、毎年バージョンアップしていますし、アソシエイト用のバージョンも夏に発表されているので驚くべきものは少ないです。

3D関連では、SKP形式の保存が可能になり、3DモデルをSketchUPへ転送することが可能になりました。またレイアウト上に3Dモデルを任意の方向から見たビューポートを配置できるようになりました。

2D関連では、図面の変遷や相違箇所の把握、バックアップや別名保存ファイルの履歴などを可視化できるようなることにより、よりミス無く過去を参考にしながら設計を進めることができるようなります。またレイヤをサムネイル表示し、マウス操作で簡単に移動や複製が可能になるなど、基本部分にも手を入れています。他には電気設備設計機能の大幅な強化など追加されているようです。

BIM化は進んでいるようですが、それは大手と一部のみ。実際はCADでの仕事がメインとなっている建築業界。まだまだCADの重要性は変わらず、その中でも毎年確実にバージョンアップし、しっかり継続しているDRA-CADは設計者に魅力的に映るのではないでしょうか?

DRA-CAD16 plus

まだかな~と待っているとなかなかこないけど、待っていないとすぐ来るものです。DRA-CADアソシエイト会員向けのバージョンplusが今年も公開されました。アソシエイト会員は無料で使う事が出来ます。先行したバージョンの機能を試用できるというメリットの反面、バグが怖い、とも言えます。もっともプログラムを利用する以上、バグを恐れていてはいけません(そうか??)。さっさと使ってみてください!!。

DRA-CADは従来から文字列の編集は独特かつ便利な機能を搭載していますが、更にパワーアップしています。文字の連番記入で1つずつ繰り上がるとか、通り芯などでは便利そうな機能が搭載されています。まあ万人に必要な機能かは?なぞですが個人的には便利かもしれません。文字の計算置換などもできますね。計算を多用する私には便利かもしれません。

パッケージ編集はadobeみたい!!と思ってしまいます。あーそーかーとわかる人のみ。

N値計算と天空図は若干パワーアップしています。のんびりしている暇はないと思うのですが???

編集関連では等分割が便利ですね。これは今までなかったかな~と感じるんですが気のせいでしょうか??

他にもいろいろパワーアップしています。年会費を払っているなら使ってみましょう。夏休みに楽しむ!!というのもいいと思います(それでこの時期公開なのか??)。