真打ち!素敵なLAVIE Hybrid ZERO(13.3型)もリニューアル!!

はい。LAVIE Hybrid ZEROシリーズでも私のイチオシの13.3型もリニューアルして登場です。

ついにクラムシェル型が廃止になりましたが、更に軽くなったので文句を言う人はいないでしょう。

代々軽くなってきましたが、今回の最軽量モデルは768gと、先日発表された富士通のより軽くなっています。まあここは意地ということで。

ただ国産勢で争っているうちに、15インチ超とかの軽量争いはあっさり海外勢に独占されていますから、ぜひそちらにも、と思います。

さて、狭額縁デザインでフットプリントを小型化してA4用紙サイズ相当・・・ということです。従来のフットプリントも書類との親和性は非常に良かったのですが、さらに納まりが良くなりそうです。カラーも新色がでて、NECのやる気を感じさせます。

価格は相変わらず高いです。最下位機種は164800円。CPUはCorei3-7100U、メモリ4GB、128GBSSD。この価格はこのスペックでは出したくないな~。それを考えると中位は非常に魅力的です。

中位のHZ550/GAは、CPUをCore i5-7200U、SSDを256GBに強化して、軽量を諦め(831g)バッテリーが10時間とバランスが良くなっています。それでいて184800円ですからね。迷わないはずです。

しかし上位は204800円ながら、Core i7-7200でメモリが8GB。これならアーキトレンドもバリバリ動きます。うん。相変わらず悩ませるシリーズ構成です。

キーボードも店頭で触ると??と思うかもしれませんが、座って指を置くと意外としっくりくる従来のキーボードから変更があったのか?ちょっと心配ですが、あとは順当に進化していますね。軽量な下位モデルも魅力と言えば魅力ですが、バッテリーを強化して若干重くなった中上位機種が本当の価値があると思います。

盛り返せるか?11.6型着脱式2in1Lavie Hybrid ZERO

コンセプトは悪くなかったし、店頭で触ると欲しい!と思える機種だったのですが、実際あまり売れてなかった機種も春モデルを発売です。

価格が高すぎたことが問題でしたが、春モデルの予想価格は164800円。分離できて、先ほどのLAVIE Note Mobileに比べて100gも軽いのですが、

価格差もありますからね。苦戦しそうな予感です。

店頭で触ってみるとビックリするのですが、タブレット単体で400gくらい。11.6型でこれは驚異的です。これだけでも買う価値を感じてしまいます。

CPUはCore m3-6Y30と中途半端ながらメモリ4GB,128GBSSDと手堅くパッケージしています。用途からいえば、SSDは256で良かったのでは?と思いますが価格の問題なんでしょうね。

ちなみにLTEモデルもあります。その場合、タブレットの重さが410gになりますが、それでも十分に軽いです。たぶん狙うのはこのモデルでしょう。

手軽な業務に使うには高すぎるし、ちょっと腰を据えて・・・という作業にはスペック不足。その間のニッチな用途用ということでしょうか?キーボードも悪くありません。用途があえば・・・という使用者を選ぶノートパソコンだと思います。

意外とよさげな重量904gのB5モバイルノート「LAVIE Note Mobile」

NECから1kgを切るB5ファイルサイズのモバイルノートが発売となりました。NECとしては非常に良いパッケージになっています。大学生向けと謳っていますが、ビジネスから家庭まで手軽に使える小さなノートパソコンです。

海外の小型ノートパソコンが5万円を切る展開のなか、強気な価格設定ですがNECというブランド、若干高スペック、鬼のようにもつバッテリーと、見るべきところがあります。

画面サイズは11.6型でフルHDを実現しています。バッテリーは12時間超と十分。それでいて約900gに納めています。海外勢がうす型軽量モデルを続々と出している今、それほどビックリするスペックではないのですが、大画面にこだわらず「そこそこ」をついてうまいパッケージだと思います。

上位機種にNM550/GAは、価格も139800円程度と高いが、メモリ4GBはともかく256GBのSSDは強力です。このクラスだと128GB以下がまだまだ多いですから。当然OFFICE込みです。

中位は。Core m3-7Y30でSSDが128GBです。普通中位をお勧めしたいのですが124800円と上位との価格差を考えると上か下に行きたくなります。

下位は非常に魅力的。「NM150/GA」と期待できないネーミングですが、中位よりPentium4410Yで無線LANスペックを落としただけなのに価格は104800円前後と非常に求めやすくなっています。CPU的にはこれで十分でしょう。普通は。

ありがたいことに、SDカードスロットもついているのでデジカメを多用する人にはいいですね。USB3.0が2個というのがネックと言えばネック。

デザインもスッキリしており、アクアブルーも素敵です。価格がもう少し下がればかなり人気機種になるのではないでしょうか??

ポメラDM200に見る次世代機への要望

【特別企画】キングジム「ポメラDM200」の進化の秘密に迫る(PC-Watch)

上記を読んで想像以上に開発が大変だったことが伺えます。久々のポメラと言うことで買った方、購入を検討した方も多かったと思います。以外と文章を打つだけのマシーンって人によって好みや要望が異なり、設計が難しいと思います。特にそんなにパイも大きくないわけなので開発費も限られると思います。そんななか、DM100で誰もが不満に思った変換に手を入れてきたキングジムに拍手です。

しかしながら不満も残ります。この手の端末のご先祖様である、モバイルギアやオアシスポケット、果てはVAIO Pなどどれも商売的に成功して大ベストセラーにはならなかったです。やはりパイが狭いのです。なので続けていくには他の用途を融合させる>大きくなって不便になる、の構図を打ち破る必要があるのです。

個人的に今回のポメラDM200はかなり良い点をついていましたが、結局パナソニックのLet’s note RZにしました。RZはWindowsパソコンでありながら、キーボードはギリギリ及第点。速度、バッテリーも及第点、大きさは十分小さいある意味妥協の産物です。ATOKや文章校正ソフトが欲しいという点、いざとなったら仕事が出来る点、ネットに接続できる点など美点も多いです。小型である程度薄いというのはいろいろなところで使え、ポメラ同様の機動性があるのです。ただできればポケットに入れたいので、VAIP Pみたいな横長のWindows機が欲しいところです。ポータブックのような変体機を作るなら、VAIOを真似た形にしてくれたほうがよっぽど良かったと思うのですが・・・。

たぶんポメラに簡易でもいいからブラウザがついてたら買ったと思います。やはり手軽にブログを更新できる機能が欲しいです。またはスマホでキーボードを打つときに何か優れた決定打があれば・・・です。置きやすくなるとか、固定が簡単にできればいいのですが。その面では画面を左右どちらかにふって、置けるスペースを作ってくれれば十分です。ブラウザをつけると確かに編集作業は落ちますし、ブログを書くときも結局写真など載せたいですから、やはりスマホとの連携を更に深めることのほうがいいと思います。

DM300を開発するなら、そんな要望を持っている人もいるんだな~と感じてくれればうれしいです。

個人的にお勧めのgramのニューゴールド(数量限定色)登場

大きさは大きいが軽量化した一番手は、昨秋からLGのgramでしょう。私も触ってみましたが驚異的でした。初めて触ったときのLavie Zと同じ感覚でした。

何せ15.6型という通常のノートパソコンと同等の液晶を搭載しながら1kgを切るわけですから。

性能もCore i5-6200Uと十分。メモリも8GB、256GB SSDと十分でした。最低限のインターフェイスも備えています。

難をいえば、バッテリーの駆動時間が7時間。まあ持ち運んでコンセントのあるところで作業するような大きなパソコンなので何も問題ないと思います。

価格も安くキーボードも良かったので私も導入を迷いましたが、結局現場で立ちながら使う事を考えて、選外になりました。

ニューゴールドも良さそうな色です。CADなどを外出先で使う人などにお勧めです。

XPS 13 2-in-1 日本発売へ

Dellの世界最小を実現した2-in-1タイプのノートパソコンXPS 13 2-in-1を日本でも発売した。最低構成価格は159980円だそうです。

恐ろしいほどの狭額縁で、11型クラスのフットプリントを実現。液晶は360度回転・・・素晴らしいです。

重量こそ1.24kgと重めですが、Lavie ZEROの13型などでもう少し小さかったらな~と思う人も多いはずなので、重さより小ささを優先する人にお勧めです。

壊れにくさ・・・これが大切です。Let’s noteを使うとそのありがたみを感じます。この機種は大丈夫でしょうか??ちょっとだけ気になります。

ブラザーのA3対応ビジネス向けカラーインクジェット複合機発売!!

ブラザーは近年、ユーザーが好みそうな実用的なプリンターを次々にリリースして一定の地位を築き上げています。特にビジネス向けインクジェットで見ると、同業者でブラザーを使っている人が増えてきています。私も個人的に使っていますが、結構気に入っています。

さて、今回発売されたのはPRIVIOの3機種。いずれもA3プリント、スキャンができます。今回はインクも見直しが行われ、全色顔料ベースのインクを搭載し、普通紙でもくっきり印刷できるようです。そのうえで装置寿命も向上させ、大量印刷なども安心して使う事が出来そうです。特に図面用途が多い、我々設計事務所にとっては人気がでる機種になりそうですね。

スピードもアップしているようです。が、一番の注目は大容量カートリッジにより、インク交換回数が減るだけでなく、ランニングコストもA4カラーで4円(従来6.1円)、モノクロはなんと0.9円(従来1.4円)と更に邸ランニングコストを実現しています。金額はともかく、従来比が結構あるので、期待できますね。ここまでくると、エプソンのエコタンク搭載のプリンターも視野に入ってきます。あちらはA4までですし、印字は悪いし、速度も遅いです。しかも高価で旧製品のような機能性・・・。カラーは0.8円とまだまだ差がありますが、モノクロは0.4円ですので、それほど大きな差はありません。比較対象が違うのかもしれませんが、どちらが安心して使えるか?も含めて考えたいところです。

3機種の違いは、搭載インクタンクの違い(上位機種のみ大容量インクが使える模様)、スキャン方式、給紙などです。価格の差はありますが、ここはランニングコストが安く大量給紙ができるMFC-J6995CDWをお勧めします。インクジェットとしては7万円は確かに高いですが、FAXも搭載していますし自動両面スキャン、両面印刷が可能です。何よりも給紙トレイが上段・下段に250枚ずつだけでなく、背面のMPトレイに100枚の合計600枚をセット出来るのが嬉しいですね。A3もセット出来ますし、まさに設計事務所に置いておきたい要素をすべて含んでいますねえ。2月発売です!!

777gの13.3型ノートパソコンが富士通から

品質の良いノートパソコンを地味に出し続けていた富士通が、とんがってきました。13.3型で世界最軽量777gのモバイルノートパソコン「LIFEBOOK UH75/B1」が発表されました。

軽いノートパソコン大好きな私にとっても非常に魅力的な機種です。最近は海外勢もうす型、軽量化は国産勢を凌ぎつつあるので、富士通もがんばって欲しいところ・・・と思っていたのですが。

残念なのが既存のシリーズだということ。せっかくだからきちんと宣伝できるように新シリーズにして欲しかった。その当たりも地味ですねえ。

でも性能・パッケージングはなかなかです。バッテリーは8.3時間。あくまで世界最軽量を狙っているのだから、これくらいで良いと思います。NECと同じく、大きなバッテリーを積んで913gという機種も発売します(こちらは17時間)。

明らかにNEC狙いというのがわかります。それほど多く売れていないNECのLavie Zeroを標的にするのもどうかと思いますが、まずは世界最軽量実現でライバルが増えたことを素直に歓迎します。

さて、CPUはCore i5-7200Uなので、ちょっとした仕事には十分過ぎる性能です。メモリは4G、SSDは128G(重い方は256GB)。この当たりはちょっと残念です。液晶はフルHD。カードリーダーはSDカードスロットが搭載されHDMIや有線LANも搭載。USB3.0も3基。そして流行の指紋認証センサーも搭載しています。ソフト面ではオフィス365とATOK2016。うん。良い感じです。急速充電や後方排気口など設計も新しくスペック以外にも見るべきところが多いです。

ヘビーユーザーには受けない堅実なパッケージです。特にNECに比べて有線LANと指紋認証があるのは大きなポイントですね。私はSSDが大きいモデルが魅力に感じます。それも世界最軽量モデルよりも重量が重いけど、十分に軽くてバッテリーが持つ!というのがポイントです。やっぱりスペックって大事だなと思います。

NECも対抗機種を用意している様子。正直あまり重量差はないうえ、軽量化だけ考えたら、まだ余裕がある機種(すごいな~)らしいので期待しています。

使って見ると非常にナイスなキーボード K780

キーボードはマイクロソフトのエルゴノミクスタイプ(ナチュラルキーボードとか)をずっと使っていたのですが(あの巨大なの)、最近のラインナップからはずれているので次のものはどうすれば?と考えていたのですが、店頭でみて、これがいい!と思ったので久々にロジクールの製品にしました。K780です。

まず、キータッチが気に入りました。丸いキーが使いにくいという人の意見もありますが、日頃うす型のノートパソコンを常用している人に取っては非常にタッチが合います。具体的にはLavie Zとか、Let’s note RZとか。私の場合近年はそういった機種を使っていたので、キータッチが十分な高級キーボードでは、逆に違和感を感じてしまいますね。

このキーボードは、1万円以上もするのがネックです。ほぼ同程度の機能のK375sなのが安価なので、ナゼ?という感じですが、私はこの価格なら・・・と思います。まず重いのでキーボードがずれません。これはかなり快適です。剛性も高いので安心して執筆に集中できます。丸い形状のキーもすぐ慣れます。恐らくLet’s note RZのような小型キーボードを使い慣れている人ならあまり気にしなくても大丈夫なようです(=自分)。キーサイズ、間隔は普通ですし、キー配列も最近の小型なキーボードのように不規則ではなくオーソドックスです。カーソルキーが小さいので、カーソルを多用する人には不向きかもしれません。音も静かですし、慣れてくると力を入れずに入力出来ますので良い感じで打てます。慣れないうちは指先が痛くなりますので、痛くなる前に軽いタッチに慣れない人は辛いです。なお常時長文を書く文筆家にはどうかと思います。

おっと、このキーボードの最大の特徴は、iPadを含めたタブレットなど3台をワンキーで切り替えられること。これは非常に便利ですね。私の場合AndroidスマホやiPAdに直接文章を打つ事があるので非常に効率化しました。特にiPadには便利です。そしてキーボードの前にタブレット立てがついているのが最高に便利です。重量のおかげで非常に安定します。何しろタブレットとスマホ両方置いておけます。このキーボードの最大のメリットでしょうね。

カスタマイズできるキーが少ないので、キーボードカスタマイズソフトなど併用したいところ。このあたりはノートパソコンと同様ですね。とりあえず、カタカナひらがなキーを無効にして、無変換をEnterキー、caps lockキーはバックスペースに替えました。capslockはコントロールと変える人が多いようですが、ノートパソコン出身者の私は左下にあっても慣れているので大丈夫です。これでだいぶ楽になりましたねえ。

ITオフィスウォッチ

富士ゼロックスの複合機などを使っていると、使えるサービスらしい(知りませんでした)。

パソコン環境や複合機環境など、自社と全国平均を比較してアドバイスしてくれます。両面出力率とか受信ファックスの出力率とか。意外と盲点かもしれません。もっともゼロックスさん!!効率良くなったらコピーカウント代金が減るじゃないですか!!まあそれでも大丈夫!!!というなら親切で有り難いサービスですね。

富士ゼロックスというと、どうしても複合機!のイメージが強いですが、DocuWorksのような有能なソフトや、Beatのようなセキュリティ重視の商品も、非常に使い勝手が良くIT技術があまり優れていなくても使えるものが多いのが強みですね。意外とコピーの使い勝手は・・・・ですが(盲点)。

カラー複合機が出た頃、ゼロックス機は非常に優れていました。今も優れていますが、他社は追いつき、追い越している部分もあります。特に写真はかなり辛くなっていますね。クリエイション系の商品で対応しているのですが、やはり普通の複合機もそろそろ・・・という感じでしょうか?最近、ゼロックスさんの営業が来ても、正直コピーの情報は何も置いていかないですからね。そのあたりはブラック団のころから同じだな~。