auは3機種発表!!Galaxy Note8 SCV37ついに発表!!

auは3機種スマートフォンを発表。新型iPhoneが発表されたばかりですが、それに見劣りしない3機種を出してきました。まあ注目されるかどうか?は疑問ですが。

シャープのAQUOS senseは5型の格安機。他の二機種との価格差は歴然!!それでもフルHDのIGZOディスプレイ、指紋センサー、防水防塵、おサイフケータイと押さえ方がシャープとは思えない??です。重量も150g以下に抑え、十分価格競争力以外にも要注目の機種です。

ソニーのXperia XZ1 SOV36は、高級機。カメラが強化され、先読み撮影や960fpsのスーパースローモーション撮影など魅力的。個人的には960fpsだけでも購入したいと思えます。5.2インチ、156gと大きさを抑えて、スペックも高め。防水防塵、ワンセグフルセグ、おサイフケータイ、指紋認証など一通り押さえています。

この優秀な二機種が霞むほど、Galaxy Note8 SCV37はインパクトがあります。もう日本ではNoteは拝めないと思っていました(まあアノ件がありましたからね)。ペンが使えるGalaxy Noteの新顔です。日本では根強いファンがいながら、ここ数年新機種が・・・という状態が続いていましたが、ついにauで登場!!Sペンは言うまでも無く便利ですし、ペンも防水防塵を実現。ディスプレイは6.3型の縦長の有機EL。細めのデザインはいいですね。もちやすいし。カメラもデュアルで、光学手ぶれ補正は両方に搭載されています。セキュリティも虹彩、顔、指紋と3つサポート。おサイフケータイ、ワンセグフルセグもサポートしています。

さすがにこれだけ充実したので重さは190gと恐竜級。まあメモを持ち歩かなくていいなら、これは納得です。恐らく紙の手帳は本当に不要です。

問題があるといえば、Xperiaを凌ぐ高額機だということ。毎月割りで2475円ですからね。Xperiaが1890円なのに。それを考えるとAQUOS senseの675円は脅威ですねえ・・・。とはいえ、唯一無二のGalaxy Note8ですから価格は関係ないのかもしれません。

最近のSHF33の使い道

SHF31が出たときは、すごいガラホ!!と思ったのですが、目の付け所がシャープなあの会社は、ほとんど性能アップも果たせず、2世代作り続けました。よってSHF33のネタってネットでも少ないのよね・・・。私もSHF31から乗り換えたものの、SHF31の頃、なぜこの機種が必要だったか?ということを顧みれば、SHF33は今必要な機種ではないのです。

なぜなら、スマートフォンのバッテリーが改善されたことが大きいです。まだまだSHF33は有利ですが、それはSHF33を通話くらいにしか使わないからです。価格も高いSHF33を買う理由は少ないです。またプランも高いです。

あと、SIMフリースマホの普及や、各種サービスの拡充です。OCNモバイルONEなどでも10分通話無料の固定サービスが発表となり、キャリアのサービスとの差は更に少なくなりました。また格安SIMのほうが優れたサービスも投入してきているのです。またガラケータイプのSIMフリースマホや、単機能に絞ったYahoo!モバイルのSimplyなど低価格機も登場しています。イマサラ高額でスペックの劣るSHF33は魅力が薄いのです。

でも買ってしまった私。1年経ちますがまあ音声の良いSHF31として使っています。防水なのである程度乱暴に使えますし、通話音声は良好でもちやすいです。ただ、普通のプランだと高すぎるので、メールやネット関連は全て切って電話とSMSだけ使っています。もちろん話し放題です。ポイントは10秒程度でスマート留守電に転送すること。有料ですが、文字で留守電内容をメール等で知らせてくれるので便利です。もちろん誤変換いっぱいですが、十分内容は伝わります。メールは、スマホやパソコンに転送しているので特に問題はありません。auのカケホは、OCNや楽天のものと異なり転送電話でも無料になります。スマート留守電の固定費はありますが、利便性を考えれば非常に有効です。050plusの留守電から乗り換えました。

この使い道に辿り着いた背景に、ASUSのZenFone3(大きい方)の導入が大きかったです。この恐ろしく多機能な中級機はバッテリーも保ちますし、重量もほどほど、電話をかけなければ、言うこと無しです(あと防水は欲しい)。SHF33は、SUICAやEdyなどのおサイフケータイ機能や、ワンセグが使えるのでうまく補完しています。

今後を考えると軽量で低価格なガラケーが欲しいですが、auには期待できないしな。ということでしばらくはこのままで行こうと思います。

サーモグラフィー搭載??サーマルカメラ搭載のタフネスSIMフリースマホCAT S60 10月発売へ

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「S60」を発売する。実売価格は9万円前後とお高め。

高めなのは理由がある。世界初の熱を視覚化できるサーマルイメージングカメラを搭載し、専用アプリで画面表示・撮影ができるのだ!!今まで大型のサーモグラフィーを持ち歩いていた人もこれで荷物を軽減できます!!

そもそもこのスマホは現場向きで、高さ1.8mからコンクリートへの落下試験をクリアしていたり、防水、防塵機能も魅力的です。そうなるとアウトドア、現場向けのスマホと言えます。

肝心のスマホの性能は、ディスプレイ4.7インチ、プロセッサーはMSM8952-3、メモリは3GB、ストレージは32GB,バッテリーは3800mAhと、実用十分です。重量も223gに押さえています。画面が4.7というのは小さいように感じますが、頑丈さを維持して小型化しているということを考慮すれば、評価できるでしょう。

久々に個人的に欲しいスマホです。これでPHAB2 Proのように、Tangoを搭載すれば無敵だな。Tangoがあれば、現場で距離など測れますからね・・・。

楽天モバイルのスーパーホーダイとOCNモバイルONEのトップ3かけ放題

格安SIMといわれる分野も、成熟が進むとやはり強いところと弱いところが出てきて、淘汰が始まっています。いうまでもなく採算が合わなければ事業として続けることはできませんからね。一時期定額通信で名を馳せたぷららモバイルLETも5月にサービス終了を発表し11月末でサービス終了します。これからは継続性も考えて契約したいものです。

さて、シェアの高い楽天モバイルとOCNモバイルONEが仲良く?強力な新サービスを発表しました。

まず楽天モバイルのスーパーホーダイ。なんかどこかのキャリアみたいな名前で嫌いですが、国内通話5分かけ放題の通話定額が含まれ2980円。楽天会員であれば1年目は1980円から。お得なのは通話だけでなく通信も高速データ通信量を使い切ったら最大1Mbpsと比較的速い制限スピードで接続できるのだ。混雑時間として12時~13時、18時~19時は300kbpsという制限はつくものの、使える時間のほうが長く、節約して下位プランにしていて、急にたくさんつかって月末使い物にならなくなる、といった心配が軽減します。ヘビーユーザー向けに6GB、14GBのプランも登場していますし、楽天のサービスと組み合わせると更に安価になるといった楽天グループならではの割引も期待できます。

OCNモバイルONEのほうは、「トップ3かけ放題」。オプション料金は付き850円。面白いのは、その月に電話をかけた上位3電話番号を自動で判別し、その分を定額にするもの。電話番号の登録も必要なく自動で設定されるので安心です。日頃長電話する人が3名以内ならかなりお得です。またその他の電話も・・・ということで、10分間通話定額をプラスした「かけ放題ダブル」も1300円と格安。4位以下は1回10分まで定額なので、会社で複数回線もつ場合などにも十分使えそうだ。

どちらも音声を巻き込んでいるので、データだけ、という人には魅力薄のサービスです。おそらくauやDOCOMO、ソフトバンクからの主要携帯電話からの乗換を狙ってのことでしょう。3大キャリアのメールアドレスやサポート、使えるサービスはまだまだ魅力的ですが、必要が無い人も増えているのが現状です。その層を取り込んで更に契約者を増やしたい!!ということでしょう。

私は、楽天モバイルもOCNモバイルONEもユーザーなので、どうしようか?かなり嬉しい悲鳴ですが、どうする???と悩んでしまいますねえ・・・。

 

スマホで構造計算に杭基礎の項目追加

これが無料で使えるわけですから使わない手はない・・・と言われたスマートフォン版の構造計算ソフト、スマホで構造計算。今回のバージョンよりiPhone版Android版ともに、杭基礎の項目が加わりました。これにより建築構造ツールボックス(iPad、Windowsストアアプリ)と同等の機能になりました。

スマートフォンやタブレットで使えることによって新たな使い道ができましたね。電卓代わりに気軽に使えます。こうなると構造計算に便利な機能を搭載した電卓を搭載して欲しいな~なんて贅沢な意見も出てきます。まあ無料で公開してくれてることにまずは感謝です。

開発元の株式会社ストラクチャーのホームページ

ZenFone3 ZE552KL入手

手持ちのスマホの麗の挙動がおかしくなったので、仕方なく購入。通常のZenFone3にしようかな?と思ったのですが、せっかくなら日本で出たばかりのZE552KLのほうがいいかな、と思って買いました。ちなみに通常版が5.2型でこれが5.5型で大きいのですが、私のような鈍感なものには、あまり差を感じません・・・。

違いは、ディスプレイの大きさだけでなく、メモリ。ROMが64GBと大きいのが嬉しいし、RAMも4GBと地味に嬉しいです。これだけ差があって金額差はそれほどでもないです。多分無印ZenFone3が高いだけです。

あとの仕様はほぼ一緒。auユーザーにとってはいざというとき差し替えが可能というのは心強いです。今回はOCNモバイルONEのSIMで利用しています。

さて、麗には申し訳ないのですが、同じ時期の設計の割に天と地ほどの差があり、愕然とさせられます。麗には麗の良さがあり、価格差もあるので一概に比較は出来ませんが、違いすぎてビックリです。

まず速度。使い込んでメモリが圧迫されている麗と比較するのものではありませんが、すべての動作が比べものにならないくらい快適です。麗を使い始めたとき感じたもっさり感が皆無です。これならすこしくらい速度が落ちてきても我慢できそうです。麗で壊れそうで心配になる物理ボタンも、Zenfone3では物理センサーで安心。バックライトは正直見えないですが、長年Androidを使い慣れているせいか?麗のような特殊インターフェイスに比べて使いやすいですね。

画面は麗もきれいでした。インチの違いは鈍感なのか?それほど感じません。キレイ見やすいのです。

音声もキレイです。050plusやLineの会話は良い感じです。麗も悪くはなかったのですが・・・。

何よりもバッテリーの持ちが違います。麗は頑張って一日・・・という感じで現在はどこかで充電しなければ・・・ですが、Zenfone3は2日持ちます。正直1日持てばいいので、これは十分過ぎます。無印Zenfone3はバッテリーが小さいのですが、これは大きいのでその効果でしょうか??これだけでも移行して大成功でした。しかもあまり熱くならない・・・・麗は熱すぎましたからね。

期待していなかったカメラは、凄い!の一言。麗では手ぶれやフォーカス間違いに悩みました。猫もまっくうまく撮影出来なかったし。光学手ぶれ補正は伊達ではなく、静物は本当にピシッと決まります。その証拠に動いている猫は厳しいです。それでも麗ではほとんど無理でしたが、かなり決まって撮影できるコマが増えたので助かります。暗いところでもきちんと映ってくれます。コンパクトデジカメを持ち歩かなくてもいいかな~と初めて感じました。画質的にもまあまあですが、きちんと映ることがスマホのカメラでは大切ですね。これで現場でも安心して使えます。シャッター音が邪魔ですが、それほど気になる音でなくて良かったです。麗は消せるので良かったですけど(麗の美点です)。

ASUS独自の機能も優秀で助かります。特にCと書いてカメラが起動するのは地味に利用価値大です。シャッターチャンスを逃さなくなりました。画面タップとかいろいろ考えられていますね。麗はいろいろと新機軸が多かったですけど、まだまだかな、と感じることが多かったです。Zenfone3はそんなことが少ないです。

無線LANのつかみ方も非常に良いですし、bluetoothも麗のように不安定さは感じません。ということで非常に満足です。若干、というよりかなり高かったけど、これくらいじゃないと仕事上は・・・とも思ってしまいます。スマホをハードに使ってなかった1年前には気がつかなかったことです。やっぱり使い方によって変わりますね。愛用していこうと思います。

 

新Surface Bookは更に良さげ!!

ついに新Surface bookが発表になりましたね。4月20日発売予定です。価格は285,800円から。

高級でタブレット分離・・・・というコンセプトはそのまま。しかし前機種は性能的には中途半端、特に外部GPUが弱かったのでクリエイティブ向けとはいえなかったのですが、新Surface Bookは、GeForce GTX965Mと、GLOOBEなどのBIMなどでも使って見たいようなGPUを搭載。またバッテリーも長く保つようになりました。トレードオフで130gほど重くなりました。

上位モデルはそれなりに高いです。ただ4月19日までに予約するとAdobe Creative Cloudフォトプラン12ヶ月メンバーシップがプレゼントされるそうです。面白い試みですねえ。

今だからこそWindows10mobileを始めよう

昨年、Windows10mobileは日本でもたくさんの新機種がでて、iPhoneやAndroidに続く第3極になるのでは?と言われましたが、結局一瞬で終わりましたね。後続の機種も発売されず収束感があります。ただOSの完成度はまあまあ。使い勝手は良好。ビジネスで使うには非常に良いのです。この春、売れなかったWindows10mobileが激安販売されています。個々に紹介していないものは1万円を切るものもありますが、高級機の値下がりがあり、これらを狙ってみるのも良いと思います。これを機に入手してみては?

VAIO Phone Biz

あのVAIOのWindows10mobile。昨年のハイスペック機が3万円程度で購入できます。話題だったContinuumもあっさり動きますし、メモリが3GBなのでサクサクです。5.5型の液晶も見やすく外見も高級感があります。価格的にも現在こなれていますし、今後入手できなくなると思いますので、ここで購入しておくと良いかと。

Nuans NEO

あのトリニティの発売した初のスマホ。デザイン性は非常に評価されており、今春発売されるAndroidの新機種ともカバーは流用できるためまだまだ使えそうです。もうストアでは売り切れているようですが、楽天などで入手できます。価格は2万円を切ってきています。デザインだけでなく実用的なスペック、SUICAなど一枚カバー内に内蔵できたり、Felicaに対応していたり面白いスマホです。

iPhoneやAndroidは電話機なのに、電話機能がショボイです。掛けにくいというか・・・。その点Windows10mobileは、電話帳的存在のPeopleでその人のtwitterのつぶやきやFacebookの近況などを確認しながら電話を掛けられるので、よりコミュニケーションがとりやすいです。機種によっては通話録音も手軽ですしバッテリーのもちも非常に優秀です。ゲームなどは少ないですけど、それって必要なことでしょうかね・・・。

 

 

 

ZenFone 3の5.5型モデル

ASUSはスマホといい、パソコンと名称や型番がわかりにくすぎます。ZenFone3は結構良い機種で売れていますが、またまた同名で5.5型が発売されます。ZE552KLですな。

ただこの機種かなり期待できます。サイズは大きくなりますがわずか11g増。それでいてバッテリーは350mAhも増えています。連続通信時間の伸びが期待できますね。

おまけにメモリは4GB!!何よりもストレージが64GBとなったので非常に実用的なマシンになっていますね。価格も42800円とそれなりですが、ノーマルに比べてそれほど高くありません。

(ノーマルが高すぎるのです)

5インチを超えると片手操作が難しいです。未だ昔のiPhoneが根強い人気があるのはこのためかと。そして5.5型くらいになるとポケットに入れるのも・・・という機種もでてきます。その点ZenFoneは薄いし軽いしデザインも良いですな。老眼の人には大きなディスプレイはそれだけで助かります。が、持ち運び、片手操作では難・・・。万能機はないようです。

楽天モバイルの3日間の通信速度制限撤廃

楽天モバイルといえば、楽天の格安SIMで後発ながら非常に高いシェアを獲得しています。ただ一番の難点は3日間の通信速度制限でした。これが嫌で使わない人も多かったはず。そのためシェアの割にアンチが多い印象を受けました。

しかし、3月1日より、3.1GBのような格安のプランでも3日間の通信速度制限が撤廃されました。

これでアンチが騒ぐ要素が減りました。まあ更に速度が遅くなりそうな予感がありますが、これだけシェアが高くなればどんどん設備投資もしてくれるはず・・・なのでなんとかなるでしょう(楽観的)。

個人的には月々の支払(通信量等)がポイントで支払えるのが肝でしょう。あんまり金額使わないのでポイントが貯まるというのはそれほどメリットが感じられません。私のように楽天市場ヘビーユーザーなら毎月の支払にお金を使う必要はないでしょう。端末を増やしやすい申込み携帯なのでついついもう一台!!!とならないように・・・。