メールワイズはもっと良くなるはず!!

本舗のメールシステムの大部分は、サイボウズ株式会社のメールワイズ(クラウド版)で運用しています。このシステムのおかげで人数が少なくても漏れなく運用できるので、非常に感謝しています。しかしグループウェアやkintoneに比べると進化が・・・ということで、最近は若干不満が溜まっています。

なにしろカスタマイズ項目が非常に少なく柔軟性が低いのです。なので普通のメールシステムや、進化が著しいoutlook.comやgmailなどのクラウドなメールと比較すると「う~ん」とうなってしまいます。

まず、メールの題名が長いと、フルHDのディスプレイでも入りきらないこと。カスタマイズでどこかで改行したり、途中で・・・にしてしまうとかしないと読みにくいです。普通は幅とか変えられるでしょう??これはかなり厳しいです。

ごめんなさい。変えられました。左側の表題のほうは・・・というのは残っているのですが、これも消すことができます(消すと処理状況がわかりにくいので外出時用の機能か?)。関係者の皆様ごめんなさい。

次にサイボウズOfficeのアドレス帳を使えないこと。それぞれ別個なので重複して入力しなければなりません。別システムですから仕方がないのかもしれませんが・・・。できると飛躍的に管理が楽になります。カスタムアプリで制御できればなお良いのですがこれは難しいでしょう。

あと、受信後の分類がすぐにできないのも地味に痛い。gmailのように気軽に後から・・・ができないのが痛い。一応フォルダ分けもできるし、緊急度や確認者や状況などは入れられるし、コメントを入れられるのですが、後から調べたいときなど意外と不便です。このあたりは、古き良きパソコン版のメーラーの時代から変わっていないようです。せっかくの集計レポートがあまり役に立ちません。手間をかければいいだけなのですが、サポート時って時間がないから・・・。

電話履歴は便利なのですが、できればサイボウズOfficeに転送できると楽なのですが。特に日報につなげられれば、かなり弾力的な運用が可能になります。日報から電話履歴を参照、電話履歴から日報やスケジュールを参照できれば、記載する情報を最低限度に押さえることができます(重複しない)し、記憶のつながりも良くなるような気がします。

メールを送付したり、電話対応して書き入れたら、日報に自動的にメールを送付したとか電話対応したとか記述が加わると非常に楽です。早く実装してほしいものです。

あとスマートフォン対応もしていただければ、外からでも・・・です。何しろパソコンの画面でも管理しにくいわけですから・・・。この当たりは表示システムをサイボウズOfficeのように刷新しないと無理ですね。

→こちらもiOS版でています。まだまだ不便ですが。今後の進化に期待です。

そう考えると、まだまだ進化の余地がありますね。とはいっても基幹部分がサイボウズのサービスの中で一番完成度が高いわけで、意外と不満が開発者たちに伝わっていないのかもしれません。正直上記不満の他にも不満はありますが、それでも使い続けますし、大きな目からみて、このシステムが非常に有能で効率的であることには変わりがありませんからね。特に楽天ショップから見たら(爆)。

今更ながらChromebookの良さを考える

ポメラの新機種が出たが、どうも興味がでない。文章作成だけができる小型軽量マシンがほしい!!というのは私のような人間には悲願です。モバイルギア型が理想です。その点では、DM100はかなり理想に近いです。ただATOKが馬鹿すぎるだけですが(汗)。その点DM200は完成度は高まりましたが重くなりました。実際使ってみないとわかりませんが、これだったら小さめのノートパソコン・・・と考えてしまうでしょうね。でも価格的に高い。

そこでChromebook。まず安価です。バッテリーももちます。昨年からAndroidのアプリが動くようになったので、機種にもよりますがOfficeも動きます。アプリもかなり増えました。ネット環境を常に持ち歩く人ならネット上にデータを置いておくというのは他のメインのパソコンを使っている人なら連携に苦労しないはず。

それならどの機種が?と思うと、ASUSのChromebook flipが最適かな~と思います(国内入手できるモデル)。このモデルはB5サイズと比較的小型で10.1インチという実用最小のディスプレイを搭載しています。重量は若干重く890gですが、バッテリーも保ちますし価格も4万円以内なのでテキスト入力、OFFICE用途にはいいかな~と思います。

Wifi環境なら、GMOのデスクトップクラウドや、Windows標準のリモートデスクトップなどで補うというのも手ですが、そこまでやるなら素直にWindowsノートパソコンを買った方が幸せでしょう。

Chromebookの良さは、動作のキビキビさと起動の素早さです。重い作業は向きませんね。

 

 

Outlook.comが大幅にリニューアル

最近、メールの不達があったり動作が遅かったりで、不信感が高まっていたOutlook.com(WEB版のほうです)が、今日私の環境ではリニューアルされていました。ネットでもあまり書かれていませんが(汗)。

メールの送信や動作がキビキビになりかなり快適です。メールの一覧もスクロールができるようになり便利ですね。何よりもあのわかりにくい設定画面が、急に親切に使いやすくなっています。これで動作も安定しつづけているなら問題ないです。もうGmailメインで使う必要性はないです。

もっとも広告メールなどはGmailのほうが処理しやすいのも事実。なので楽天市場やその他のメールを受け取る用にGmailは使っています。なんだかんだいってあの広告は好きなんですよね~。Gmailなら効率的に読んでいけるので助かります。というわけでまだまだ使い分けです。

楽天レンタル終了!!

そういえばレンタルビデオ屋さんって激減したと思いませんか??VHS時代(古い!)は、町の至る所にあったような気がします。しかも大手じゃなくて自営的な。いつの頃からか?TSUTAYAが台頭し・・・であっという間になくなったような。というよりVHSもあっという間にDVDになっちゃったし。巻き戻しして返却するのが面倒な・・・と感じるのは中年以降の人かと。

さて、町のレンタルビデオ屋さんがなくなってきましたが、ネット動画全盛のなか、きちんとみたい場合にお世話になったのが、ネットレンタル。そのうちの大手で私もお世話になった楽天レンタルがついに終了となります。なんと2016年9月30日だそうです。8月発表なのだから、相変わらず動きが早いですね。ネット関連業者は。まあ使う人が激減しているんでしょうね。私も使わなくなって久しいです。

音楽はネットで気軽に購入できますし(CDを通販という手段もある)、映画やドラマは私の場合はJCOMオンデマンドですし、他にも良いサービスがあります(注意:JCOMオンデマンドを良いサービスといっているわけではありません!)。別に夜中に服着てビデオ屋に借りに行く必要もなければ、返しにいく必要もないです。そういう意味ではネットレンタルは過渡期のサービスだったのかもしれませんね。

ウイルスバスターにランサムウエア対策機能を追加

ウイルス対策はウイルス対策ソフトを導入すればOKというのは過去の話。無限にウイルスが誕生する現在では、出回るウイルスに対策が追いついていません。実際スルーするウイルスが後を絶ちません。だからといって予測で動くときちんとしたソフトまで削除されます。福井コンピュータのアーキトレンドZのような有名ソフトでも削除されたことがありました。メジャーでない写真管理ソフトもそんなことありましたね。どちさにしてもセキュリティリスクや最新のウイルス情報は頭の中にいれておく必要がでてきました。ブラウザも仕事のパソコンでの閲覧をどうすれば・・・というのは非常に面倒な課題です。

さて、ウイルスバスターも進化し、ランサムウェアに対する機能を搭載しました。指定フォルダに対するアクセスを監視し、正規のプログラム以外のアクセスを防止することで、ランサムウェアがデータを暗号化することを防ぐ「フォルダシールド」機能を新たに搭載しました。ハードディスクを暗号化され読めずにお金を要求されるリスクが減ります。不正プログラム検知も新たに搭載しランサムウェアの被害を減少させていくようです。

ちなみにモバイル版では、Android向けにLINE等でフィッシング詐欺サイトや不正アプリのダウンロードサイトなど不正なURLが送受信されることを防止する「メッセンジャーセキュリティ」機能を搭載しました。

やはり有料でメジャーなソフトは全般的な対応がしっかりしていますね。最近はウイルスバスターを使わなくなってきましたが、いい感じの方向性になってきたのでまた使うかもしれません。

QNAPのNASのバックアップ

企業秘密なので、言えませんが某設計室のバックアップシステムは私にしかわからない仕組みにしています。当たり前でネタばらししたらセキュリティリスクを高めるだけです。

なので定期的に変えています。ファイアウォールがあるので、作業は楽ですね。ちなみに旧システムはBunBackupをうまく使ってバックアップしていました。この方法は設定さえばれなければ、かなり安全にバックアップできるので重宝していました。ただパソコンの稼働率が下がるとバックアップ頻度が下がるのが欠点。昔の私みたいに会社にほとんどいる!!という人にはお勧めでしたが。

最近のNASはバックアップシステムが楽でいいですね。普通にUSBハードディスクをつなげばバックアップしてくれますから。もっともこの方法には重大な欠点があるので、それを想定していろいろ考えなければなりませんが。USBバックアップの最大のメリットは、NAS本体が壊れた場合にデータが復旧しやすいことです。NASをRAID運用していても本体が壊れては元も子もありません。最近は小規模企業のNASにUSBバックアップを推奨する方が増えていますね。

しかしそれは・・・ということもあるので、直接クラウドバックアップする人もいます。クラウド上にデータを垂れ流しするのはかなり危険なのですが、暗号化通信を含め最近ではかなり事情が変わってきています。最初は膨大なデータなので大変ですが、運用が始まってしまえば日々のデータ量はさほど問題にならない場合が多いです。あとはどのサービスを選ぶかです。遠隔地にネットを介して送る方法も現実的になりました。QNAPの場合、バックアップマネージャーで、Amazon S3やExternal BackupでのUSBハードディスクへのバックアップもかなり柔軟に行うことができます。逆に運用者の腕が試されてしまいます。

Amazon S3じゃな~と思う人もいるかもしれませんが、QNAPはさまざまなアプリがインストールで来るAppCenterが充実しています。そのなかでもバックアップや同期のアプリはかなり充実しています。Azure専用もあれば、DropboxやGoogleDriveに転送できるもの、などいろいろ備わっています。もちろんパソコンが動いていなくてもNASだけで自動運転できます(もちろん設定はパソコンからですが)。

賢く自動運転すればバックアップはかなり安全な時代になりました。もっとも設定を間違えてデータがダダ漏れ・・・という怖いことも発生するので注意が必要です。

 

ポケモンGO国内公開!!

ようやくというか唐突に開始されました。AndroidやiPhoneで遊べるようになったそうです。

金曜日を選んだということで、今週末のドライブは控えた方がいいかもしれません。

さっそくパクリのようなゲームが出たり、マルウェアなどもあるようですので、必ず正規のものをインストールして遊びましょう。

テレビゲームなのに外で・・・というのはゲームボーイのときに衝撃を覚えましたが、それと同じような変化を感じます。海外での珍事がニュースで伝えられています。果たして日本ではどのような珍事が発生するのでしょうか?興味深いですね。

iPadの無料間取り作成アプリPowerSketch iPad版登場

先週、無料間取り図作成アプリの「PowerSketch iPad版」がリリースされました。

PowerSketch自体は、デスクトップアプリでありますが、タブレットの特性を活かし新たに手書きの作図機能を搭載し素早い入力が可能となりました。

また国内仕様のシンボルパーツを標準添付しているため海外製のものと違い、表現力が違います。

今後、クラウド保存に対応する予定だそうです。

AirレジのAndroid版アプリ提供終了の衝撃

Airレジといえば、タブレットで手軽にレジシステムを構築できる優秀なアプリで、某駄菓子屋でもiPad2で運用試験中です。非常に快適ですし柔軟性もあるので私も評価していたのですが・・・。

3月28日のお知らせで、急にAndroid版のアプリが6月下旬で終了!!という既存ユーザーを無視した突然の情報が飛び込んできました。もちろんクラウドサービスですのでデータは問題ないでしょうし、無料のサービスですからね。文句はいえないのでしょうけど、あまりにも突然すぎます。しかもインストール済みであっても利用できないそうです。

iOSを嫌いな人もいますし、Androidタブレットで運用していた人も多いと思いと思います。それをいきなり・・・。まあ企業のサービスですから決定は運営元にあるのはわかるのですが。googleにしろYahooにしろ、比較的短期間に変えてきていますからね。これが異常でないこともわかっているのですが・・・。

私自身もクラウドのサービスに依存している部分が多いので、気になります。サイボウズ、Outlook.com、Office365、Airレジ、Freee・・・。手軽に使える反面、サービス中止時に、Windowsなどのソフトと異なり、いきなり使えなくなってしまうリスクが早まります。もちろん信頼できるサービスを、とは思っていますがね。リコーのQuanp、googleのReader、Yahoo!のパソコン版Box・・・。意外とダメージが大きかったです。そして不思議なのが、あれほど便利に使っていたのに、使っていたことを忘れてしまうほど、似たようなサービスがあって代替がきいてしまったことです。ただ、AirレジのAndroid版は・・・それもiPadを買えばいいだけ、といってしまえばそれまでなんですがね・・・。

onedrive for Business同期クライアント

意外にもビジネス向けのonedrive for Businessは、最大同期アイテム数が2万ファイルと非常に少なく、ビジネスで使うのに支障がありました。通常のonedriveのほうがいい!と思うのは普通の話です。

しかし年末に次世代同期クライアントが出てから、制限が撤廃され、1ファイルあたりの最大容量も10GBとなりました。バックアップしていていざというときに・・・という使い方がかなり現実的になりました。

通常は普通のonedriveを使っていますが容量の問題で利用が難しくなってきたので、そろそろBusinessも考えてみようと思います(契約はしているので)。