なまずくの耐震事件簿アクセス頂きありがとうございます。

なまずくの耐震事件簿は、WEBマンガとして府中市商工まつりで公開したのですが、意外と好評のようで、まだ検索でひっかからないにも関わらず、多くの人に見てもらっているようです。毎年お盆休みはアクセスが激減するのですが、今年は大丈夫みたいですね。それも狙っていたのですが、まずは見て貰えていて一安心です。

なまずくの耐震事件簿 公式ホームページ

お盆休みに第2話を執筆していたのですが、この手の連載は初めてなのでまだ勝手がつかめません。もう一つの連載であるST1に恋してに比べても一般の方向けなので難しいですね。ST1に恋しては・・・はじけ始めていますからね・・・。

難しいのが実際に耐震診断したデータなどに基づいて執筆していること。だからといってプライバシーに関わる問題も多いので、同じようだが違うふうにしなければなりませんし、伏線や設定は予め仕込んでおかないとストーリーがおかしくなります。今回はシンプルな建物にしましたが、それでも意外と難解で、耐震診断書4冊、壁量計算書4冊、構造計算書2冊とにらめっこしながら書いています。まあ慣れれば早くなるとは思うのですが(汗)。

今日はお盆休みで電話が鳴らないはず・・・と思ったら容赦なく電話が(汗)。みんな働いているな~。

outlook.com利用時に変な当選広告がでるようになった

WEB上でも確認されているようですが、outlook.comの広告を悪用した当選広告(もちろん詐欺だとおもう)が出るようになりました。無料版とはえ、いきなりおめでとうございます、だの何かプレゼントの権利だの・・・困りますねえ。引っかかる人もいるみたいです。それにしてもマイクロソフトがgoogle対抗でデータを・・・の部分を狙ったようで悲しいですねえ。確かに無料で使っているので広告だとしたら仕方が無いのですが・・・違いますよね???

無料ほど高いモノはない、とはいいますが、そのうちそうなるのかな、googleさんとかFacebookさんとか。どうなんでしょう??

 

Evernoteの代替??Simplenote

Evernoteが機能が多すぎて使いづらいな~と思う人も多くなったと思います。私もそうです。また無料で2つしか端末を同期出来ないのも地味に不便。まあお金を払ってもいいくらい活用していた時期もあったのですが、古い不要なデータも揃ってきてしまったこともあり、整理も面倒だしな~と思って代替を探していたところ、ぴったりしたものがありました。「Simplenote」です。

Evernoteと同じようにスマホ、Windowsなど同期できるのですが、テキストのみ!!という割り切りよう。私のようにブログやtwitterなどのための下書きを移動時に準備している人にとってこれで十分なのです。またフォルダ機能もなく、ただタグをいれておけばOK。タグも予め準備するのではなく、書くときに指定できるので、本当に手軽です。私の環境下だとWindowsのソフトは漢字変換に難がありましたが、WEBで十分使えますし、アプリの必要性を感じません。ブラウザで常に起動しておき、気がついたこと、閃いたことメモっていく・・・これはかなり有効だと思います。

英語のサービスですが、機能がシンプルなので、インストールや操作を覚えるときのみ、日本語で解説しているサイトを見れば十分使えます。もっともこの程度の英語でひるんでいるようでは、これから先ビジネスではしんどいとは思いますが・・・・。

 

サイボウズLive終了・・・

なんだか無料サービスが長いと信頼できなくなる・・・って本当かもしれません。

サイボウズLiveのサービス終了のお知らせが来ました。終了は4月15日なので、十分前にお知らせしてくれているのはありがたいのですが。

2010年に始まったサービスで、無料でサークルなどのグループウェアが運用できることから結構活用しましたね。今年も、とあるイベントの委員の連絡や資料の置き場として活躍しました。最近、確かに古めかしさは目立っていましたが・・・。有料化の話もありましたが残念ながら終了です。

もちろん有料のサービスでも倒産などでなくなるものがあります。しかも結構・・・。ですが無料のもののほうが手軽に使っているので遭遇する率も高いのでしょう。GoogleやYahooのように明らかにしばらく無くなりそうにないサービスでもこまめに新サービスを始めたり、古いサービスをやめたりしています。もちろん形があるものも同様です。なくなるものに感情を残すのは歳をとったからでしょうか?本当に必要なものなら、他社が真似たり、違ったサービスがでてきます。なくなったら困ると思っていたGoogleのreaderも、他社がほぼ同じサービスを継続してくれていて、何不自由なく使えています。ブログサービスも減ってきていますが、絶滅しているわけではありません。

サイボウズのことだから、また面白いサービスを企画しているのかもしれません。またネットでの反応を見ているのかもしれません。今後も推移を見守っていこうと思います。

楽天モバイルの3日間の通信速度制限撤廃

楽天モバイルといえば、楽天の格安SIMで後発ながら非常に高いシェアを獲得しています。ただ一番の難点は3日間の通信速度制限でした。これが嫌で使わない人も多かったはず。そのためシェアの割にアンチが多い印象を受けました。

しかし、3月1日より、3.1GBのような格安のプランでも3日間の通信速度制限が撤廃されました。

これでアンチが騒ぐ要素が減りました。まあ更に速度が遅くなりそうな予感がありますが、これだけシェアが高くなればどんどん設備投資もしてくれるはず・・・なのでなんとかなるでしょう(楽観的)。

個人的には月々の支払(通信量等)がポイントで支払えるのが肝でしょう。あんまり金額使わないのでポイントが貯まるというのはそれほどメリットが感じられません。私のように楽天市場ヘビーユーザーなら毎月の支払にお金を使う必要はないでしょう。端末を増やしやすい申込み携帯なのでついついもう一台!!!とならないように・・・。

新ChromebookはUSB Type-Cの急速充電やスタイラスペンを標準採用(PC-Watchより)

PC-Watchの元記事はこちら

海外では意外と人気だが日本ではあまり普及していないChromebook。同じ普及していないでも、海外でも大不振のWindows10mobileよりはかなりマシなようで、Acer ASUS Dell Lenovo・・・とリリース予定があります。

個人的に動作が軽快ですぐ起動するノートは一定の需要があると思います。PomeraもChromebook系で作ればいいのに、と思ってしまいます。この記事ではスタイラスが使える機種を紹介しています。重量級な作業は相変わらずのパソコンですし、通常はタブレットで済むと思うのですが、その中間の作業って意外と多いと思います。そのような場所に普及したらいいのにな、と思います。

NECさん、ポメラを横目に、これを使って新しいモバイルギア作ってくれませんかね~。売れないから無理か。せっかくレノボが売るみたいなんで。シンクライアントで昔うす型出していましたけど、あんな発想はバッテリーが進化して、基盤も小型化された今だからこそ生きると思うのですが・・・。

メールワイズのiOS用アプリ

すみません。メールワイズ用のアプリでていましたね・・・Android版がないので見逃していました・・・

iPad Pro9.7に入れてみました・・・・はい!まだまだです。

iPhoneなら画面が狭いのでアプリもありですが、iPadだとこの完成度だと使い物になりません・・・。

まあタッチしやすい、切り替えやすいのがせめてもの救い。あるだけありがたいと思わなければ。

これから進化していくと思います。とりあえずサポートで使ってみます。コメントの切り替えは面白いのですが、広い画面のiPadだとな~

多分、iPhoneなら役に立つのかもしれませんね。

最近はiPad Pro9.7を仕事に投入していますが、便利ですね。いろいろ。サイボウズがらみでは、サイボウズ新着通知のアプリが非常に使いやすいです。KUNAIとかどこかにいっていいほど。サイボウズもまだまだいろいろ模索している段階なのかもしれませんね。スマホやタブレットでは。

事務所のネットワーク化を推進している以上、クラウド環境は更に活用していかなければなりません。私も試行錯誤が続きます・・・。

 

ITオフィスウォッチ

富士ゼロックスの複合機などを使っていると、使えるサービスらしい(知りませんでした)。

パソコン環境や複合機環境など、自社と全国平均を比較してアドバイスしてくれます。両面出力率とか受信ファックスの出力率とか。意外と盲点かもしれません。もっともゼロックスさん!!効率良くなったらコピーカウント代金が減るじゃないですか!!まあそれでも大丈夫!!!というなら親切で有り難いサービスですね。

富士ゼロックスというと、どうしても複合機!のイメージが強いですが、DocuWorksのような有能なソフトや、Beatのようなセキュリティ重視の商品も、非常に使い勝手が良くIT技術があまり優れていなくても使えるものが多いのが強みですね。意外とコピーの使い勝手は・・・・ですが(盲点)。

カラー複合機が出た頃、ゼロックス機は非常に優れていました。今も優れていますが、他社は追いつき、追い越している部分もあります。特に写真はかなり辛くなっていますね。クリエイション系の商品で対応しているのですが、やはり普通の複合機もそろそろ・・・という感じでしょうか?最近、ゼロックスさんの営業が来ても、正直コピーの情報は何も置いていかないですからね。そのあたりはブラック団のころから同じだな~。

メールワイズはもっと良くなるはず!!

本舗のメールシステムの大部分は、サイボウズ株式会社のメールワイズ(クラウド版)で運用しています。このシステムのおかげで人数が少なくても漏れなく運用できるので、非常に感謝しています。しかしグループウェアやkintoneに比べると進化が・・・ということで、最近は若干不満が溜まっています。

なにしろカスタマイズ項目が非常に少なく柔軟性が低いのです。なので普通のメールシステムや、進化が著しいoutlook.comやgmailなどのクラウドなメールと比較すると「う~ん」とうなってしまいます。

まず、メールの題名が長いと、フルHDのディスプレイでも入りきらないこと。カスタマイズでどこかで改行したり、途中で・・・にしてしまうとかしないと読みにくいです。普通は幅とか変えられるでしょう??これはかなり厳しいです。

ごめんなさい。変えられました。左側の表題のほうは・・・というのは残っているのですが、これも消すことができます(消すと処理状況がわかりにくいので外出時用の機能か?)。関係者の皆様ごめんなさい。

次にサイボウズOfficeのアドレス帳を使えないこと。それぞれ別個なので重複して入力しなければなりません。別システムですから仕方がないのかもしれませんが・・・。できると飛躍的に管理が楽になります。カスタムアプリで制御できればなお良いのですがこれは難しいでしょう。

あと、受信後の分類がすぐにできないのも地味に痛い。gmailのように気軽に後から・・・ができないのが痛い。一応フォルダ分けもできるし、緊急度や確認者や状況などは入れられるし、コメントを入れられるのですが、後から調べたいときなど意外と不便です。このあたりは、古き良きパソコン版のメーラーの時代から変わっていないようです。せっかくの集計レポートがあまり役に立ちません。手間をかければいいだけなのですが、サポート時って時間がないから・・・。

電話履歴は便利なのですが、できればサイボウズOfficeに転送できると楽なのですが。特に日報につなげられれば、かなり弾力的な運用が可能になります。日報から電話履歴を参照、電話履歴から日報やスケジュールを参照できれば、記載する情報を最低限度に押さえることができます(重複しない)し、記憶のつながりも良くなるような気がします。

メールを送付したり、電話対応して書き入れたら、日報に自動的にメールを送付したとか電話対応したとか記述が加わると非常に楽です。早く実装してほしいものです。

あとスマートフォン対応もしていただければ、外からでも・・・です。何しろパソコンの画面でも管理しにくいわけですから・・・。この当たりは表示システムをサイボウズOfficeのように刷新しないと無理ですね。

→こちらもiOS版でています。まだまだ不便ですが。今後の進化に期待です。

そう考えると、まだまだ進化の余地がありますね。とはいっても基幹部分がサイボウズのサービスの中で一番完成度が高いわけで、意外と不満が開発者たちに伝わっていないのかもしれません。正直上記不満の他にも不満はありますが、それでも使い続けますし、大きな目からみて、このシステムが非常に有能で効率的であることには変わりがありませんからね。特に楽天ショップから見たら(爆)。