楽天ペイの導入とその印象

はい。某ショップに導入しました。本格始動は7月1日を予定しております。楽天市場店をやっていることのメリットが何も感じられない申込みでした。逆に言えば、WEBショップとまったく違った職種で利用申請できるわけで、棲み分けも可能かもしれません。

よく話題になるPayPayとは同じ土俵ではありません。PayPayがバーコードタイプの電子決済システムのみであるのに対し、楽天ペイは、クレジットカード、交通系カード、楽天Edyなどを含んだシステムです。よって必要なものも要件も異なります。PayPayは気軽に始められるのがメリットですが、楽天ペイはそれなりに考えて導入しないと・・・と思います。

さて、申込みは簡単。WEBから申し込んで、必要書類(謄本等)をスキャニングして送るだけです。数日で審査が来ます。それぞれのサービス毎に別の審査が行われるらしく、私の場合3段階くらいで承認が下りたような気がします。

承認が下りたら、端末を楽天で購入します。普通の商品を購入する感じなので、手持ちの楽天ポイントも使えますし、もちろんポイントも付きます。キャンペーンでキャッシュバックが使える場合があります。この初期費用だけは必ずかかります。

PayPayと異なり、レジシステムと連動するものもあります。別に連動しなくても使えます。iPhoneなどを一台用意し、専用アプリをインストールし端末とベアリングすれば使えます。非常に手軽なセッティングでした。端末は、Suicaや楽天Edyなどと、クレジットカードを読み込める多機能型です。バーコードタイプはスマホやタブレットで読み込みます。この作業があるのでできれば小型のスマホのほうが操作性は良さそうですね。データ量は少ないので、スマホと端末を持ち出してイベントで・・・という使い方も可能です(要許可)。

あとは、使ってもらうだけ。電子マネーで払って貰ったら、相手にも自分にも通知がいくので安心感があります。また購入の翌日に少額でも振り込まれるのは驚きですし利便性が高いですね。全体的に操作性は簡単で導入は優しいと思います。

PayPayなどを導入する以前に、クレジットカードやSuicaなどを導入されたい場合、導入の有力候補となります。手数料は痛い!と思いますが、利便性などお客様への訴求力は高いと思います。あとは店でどのようにルール化していくか?は大切です。そのあたりを考えていくのも楽しいですが大切なので、手を抜かないようにしましょう。

 

Dropbox Plusのうれしい新機能と悲報

有料サービスならでは!!の特権ってうれしいですが、中にはそう思わせてほとんど進化しないものもあります。

Dropbox Plusは、新機能が加わりました!!

まず容量が2TBになりました。一気に2倍になりました。仕事的にもこれは十分な容量です。次に、どこからでもアクセス。すべてのデバイスで全文検索機能(近日公開予定)を利用してキーワードでファイルを検索出来るようになります。またフォルダの中身やアカウント全体を30日前まで巻き戻す機能が加わりました。従来のDropboxの機能が大幅に強化されました。

もっともこれだけ加わったのだから・・・ということで、月1000円から500円アップの月1500円と、こちらも大幅な値上げです。3年会員になったばかりなので、私の場合数年後に影響が出るでしょう(爆)。

なぜかソースネクストでは期間限定6月30日までは、旧価格よりもお得な価格で3年版を購入できます。期間だけでなく本数も限定っぽいので、使いたい方は急いで購入してみてください。

ショップのレジや消費税対応など

某ショップにも消費増税やクレジット化、~ペイへの対応など、時代の波が押し寄せてきています。

まだまだ!と思っていると時代に取り残されてしまいます。消費増税は良いタイミングなのかもしれません(内容はともかく、特に軽減税率)。

さて、某ショップの場合、消費税対応はレジが税率変更対応できるうえ、2種類の税率に対応させることが可能なので、もし駄菓子が軽減税率になっても対応は大丈夫そうです。

そのうえで、電子マネー・クレジットカード対応を考えています。一番手軽なのはPayPay。初期導入設備ゼロで、ほとんど手間がかからないのがいいですね。ただあのしつこい営業はなんとかしてほしい・・・。

ただ、某ショップのように現在、現金のみだと話は変わってきます。各ショップの現在の状況をリサーチしてみると、ある程度年齢がいっている人はクレジットカードをそのまま使う方も多いので、完全にPayPayだけで・・・というのは難しそうです。やはりクレジットカード対応は必須のようです。またSuicaなども使いたいユーザーは根強いです。

商工会議所からは、そういった声に応えて、無料で専用端末を貸し出し、様々なサービスに対応できるシステムの提案が来ています。PayPayも使えます。意外と良いな~と感じ、検討してみました。

また某ショップは楽天市場店を持っているので、楽天ペイも魅力的かな?と思って、楽天のシステムから申し込めるのか?と探してみたのですが、特に連携はないようです。まあ連携されては困る部分もあるので、それはそれで良いのですが。楽天系なので楽天Edyまで使えるのが良いですね。Edyの人気は根強いですからね。Suicaも使えますし。クレジットカードはもちろんです。あと、楽天ペイも使えますし(ぼそっ)。

楽天系の良いところは、楽天ユーザーならポイントを共通で使えることです。楽天ペイアプリなら、毎回ポイントでいくらずつ使うとか細かな設定もできますので、期間限定ポイントを無駄なく使い切ることが可能です。無駄にWEBショップでポイントを消費することが減ります。実際私も楽天ペイを使い始めてから、無駄なWEBショップでの買い物は減りました。

楽天ペイの欠点といえば、上の裏返しで、初期に専用端末が必要なこと。非常にちっちゃくて可愛い端末で、クレジットカードやEdyが使えるのですが、やっぱりコスト増です。また思ったよりショップ数が増えてないな~というのも不安の種です。

まあ、夏までに何らかのサービスを導入しようと思います。

メルカリのルール変更と対策

ネット上のサービスは変化が早いです。ルール変更も多いです。私は楽天で慣れていますが・・・

フリマアプリはメルカリを利用しています。非常に便利です。手数料が高いとかいろいろ言われていますが、やっぱり購入してくれるスピードは早いですしね。

さて、冬から使い始めていたのですが、最初は1万円以上の売上げは手数料なしで振り込んで貰えましたが、今は手数料はかかります。おまけにメルペイというサービスにお金の部分は以降しわかりにくくなりました。年配者はこういうの苦手でね・・・。

これで現金化はコストがかかってしまうことになったのですが、メルペイはPayPayなどと同じく、通常店舗でも使えます。使えるところ少ないのでは?と思うかもしれませんがiDが使える店なら使えるので大手コンビニ、飲食店では結構使えます(注iDを使うにはおサイフケータイ必須)。現金化して手数料取られるのも嫌だし、メルカリで無駄な買い物するのは嫌だ!!というときは、こちらで使えばいいです。

ローソン・ミニストップ・松屋などではバーコードを表示するだけで購入できるので、スマホユーザーなら手軽です。メルカリアプリから表示できるので、ある意味メルカリユーザーならPayPayなどよりも敷居が低いです。

せっかく現金化を抑止したのに、メルペイで使われたら元も子もないような気がしますが、メルペイが普及すればいいのかもしれませんね。4月から始まったばかりですが、期待です。

 

ラジオフチューズをgoogle ホームミニで聞く

思ったより大活躍しているGoogle ホームミニ。会社のラジオは建物の内部奥にあるので電波状態が悪いのですが、Googleホームミニは、WifiでRadikoが使えるので、「OK Google、TBSラジオかけて」といえばTBSラジオが流れてくれます。もちろんチャンネルを変えることもOKです。

こうなると地域のFMなども聞いてみたい!と思うのですが、ラジオフチューズは当然のことながらRadikoでは聞けません・・・

聞けるのはListenRadioアプリを使って・・・ということになります。多少強引ではありますが、聞く方法を見つけました。

まず使っていないAndroid端末にホームアプリとListenRadioアプリをインストールします。次にホームアプリでAndroidの画面をキャストします。本来ならテレビなどに使う機能ですが、音声とスピーカーでも使えます。そのあとListenRadioでラジオフチューズを再生させればGoogle ホームミニからラジオフチューズが流れます。

注意しなければならないのは、Android端末で流しているのでバッテリーは通常Android端末で聞いているのとあまり変わらない消費をしてしまうこと。使わないAndroid端末で・・・といったのはそのためです。充電しながら・・・という方法を使うか?満充電になったら使って・・・とか工夫が必要です。これならAndroid端末で直接聞けば!と思うかもしれませんがminiであってもスマホのスピーカーよりマシな場合があります。

もう一点注意はRadikoに比べて音量が小さい傾向なので、ラジオフチューズからTBSラジオに戻ると音量が大きすぎるのです。

Google Home Mini

今さらながら購入しました。GW中なら半額ですね。

 

結構前に話題になったスマートスピーカーです。どういった使い方ができるか?意外とわかりにくいこともあり、思ったより普及していません。同種の商品としてAmazon Echoなどもでてきています。スマートフォンにアプリを落として設定すると簡単です。wifiの設定も引き継がれるのがびっくりです。

導入して便利だな、と思ったのがラジオ。ラジオ局をいえば、radikoで再生してくれます。これは普通のラジオよりもらくちんです。TBSラジオといえば、再生してくれます。音声も建物奥であまり音が良くないうちの事務所の環境でもWifi経由なのではっきりして良い感じです。非常に小さいですしコンセントに接続するだけなので便利ですね。音量調整も離れていてもできます。声で操作は意外と大変なので緊急時ということで。今日の天気は?とか質問も答えてくれます。ラジオを再生しながらだと、その回答が終わると自動でラジオに戻るのは便利ですね。早くラジオフチューズに対応してくれると助かるのですが、当分無理っぽいです。

近くの駄菓子屋を聞いたら、駄菓子屋なまあずと、その距離、googleでの評価などを答えてくれました。あくまでGoogleのサービスということのようです。ちなみに普通の質問の回答は明らかにSiriのほうがいいですね・・・。

Dropboxの台数制限とソースネクスト

Dropboxの無料ユーザー向けの台数制限が実施され驚いた方もいたのではないでしょうか?ついにDropboxでも無料ユーザーは同期できるデバイスは3台まで・・・となってしまいました。Dropboxの無料タイプは容量的に少ないものの、便利だったので建築設計で利用している方も多かったです。私も意匠屋さんと共有していることが多いです。

さて、3台になると会社、自宅、スマホで終わってしまいます。これで十分な方もいるかもしれませんが、十分出ない方は泣きます(=私)。不幸なことにDropboxの有料プランは意外と高いです。安いのないかな~と思ったらありました。

ソースネクストです。以前も安価な時期がありましたが、今はそうでもなくなっていました。が、今回の台数制限に合わせたのか?安価な3年プランが復活しました。16%オフです。一年版も若干安価なのですが、できれば3年プランを選びたいですねえ。

台数制限がないだけでなく、1TBという訳の分からない量が魅力です。共有管理機能も強化されていますし、使い道が広がりますね。宅ファイル便がなくなって不便になりましたが、これもその代わりとしても使えます。

法人でうまく使うにはセキュリティの問題などありますが、フリーランスなどなら、それほど気を遣うことはありません。うまく特性を活かして使って行ければ、と思います。

お名前.comデスクトップクラウドをスマートフォンで

某営業さんと話に出てきたので、ちょっと紹介。

以前も使っていたのですが、お名前.comのデスクトップクラウドは、クラウド上にほぼWindows10を稼働できる安価で素晴らしいサービスです。クラウド上なので、作業中そのままに、別の所からログインし作業を続けられるとか、信じられない作業環境が実現します。またリモートデスクトップで接続できるので、元の環境は何でも構いません。MacBookユーザーでJWWを使いたい!などということも簡単ですし、データもクラウド上なので、どこにファイルを置いた!みたいなこともなくなります。画面は小さいですが、スマートフォンでもWindowsのソフトを触ることができます。構造計算をスマートフォンで!とか可能かもしれません。私が以前使っていた環境でもかなりのソフトが使えていたので、今は?と思い実験して見ました。

まずHOUSE-ST1。リモートでは非対応のソフトです。インストールはできました。しかしネット認証がNGです。ちなみに試供版に切り替えて使って見るとファイルの読み込みなどサクサク動きました。ZenFone5Zは高速なので、小さい画面ながら高解像度でサクサク動いたのは感動です。メーカーさん!!是非ネット認証対応させて!!

認証ができないのがつくづく残念。普通のリモートデスクトップではサクサク動きます。参考までに。

このサービスの最大の特徴はパソコンを付けっぱなしにしなくても良いこと、震災時などでも遠方に保存されている(はず)なので、ネット環境さえ整えばすぐに作業ができること。光回線に接続しているときは安心して作業ができるのはいいですね。まあ速度はそこそこで高速環境に慣れている人には遅いと感じますし、重量級のソフトは快適には使えないのも事実です。

JWWなんかはサクサク動きますね。スマートフォンタブレットだと操作が難しいのでお勧めしません。どちらかというとビューアー的な使い方が吉かな?スマートフォンの場合は。

もう少し環境が整えば、まだまだ面白い環境です。すっかりソフト・アプリはスマートフォン化して久しいですがパソコンでしかできないことも多いはず。そのようなときに使えれば嬉しいサービスです。

なまずくの耐震事件簿アクセス頂きありがとうございます。

なまずくの耐震事件簿は、WEBマンガとして府中市商工まつりで公開したのですが、意外と好評のようで、まだ検索でひっかからないにも関わらず、多くの人に見てもらっているようです。毎年お盆休みはアクセスが激減するのですが、今年は大丈夫みたいですね。それも狙っていたのですが、まずは見て貰えていて一安心です。

なまずくの耐震事件簿 公式ホームページ

お盆休みに第2話を執筆していたのですが、この手の連載は初めてなのでまだ勝手がつかめません。もう一つの連載であるST1に恋してに比べても一般の方向けなので難しいですね。ST1に恋しては・・・はじけ始めていますからね・・・。

難しいのが実際に耐震診断したデータなどに基づいて執筆していること。だからといってプライバシーに関わる問題も多いので、同じようだが違うふうにしなければなりませんし、伏線や設定は予め仕込んでおかないとストーリーがおかしくなります。今回はシンプルな建物にしましたが、それでも意外と難解で、耐震診断書4冊、壁量計算書4冊、構造計算書2冊とにらめっこしながら書いています。まあ慣れれば早くなるとは思うのですが(汗)。

今日はお盆休みで電話が鳴らないはず・・・と思ったら容赦なく電話が(汗)。みんな働いているな~。

outlook.com利用時に変な当選広告がでるようになった

WEB上でも確認されているようですが、outlook.comの広告を悪用した当選広告(もちろん詐欺だとおもう)が出るようになりました。無料版とはえ、いきなりおめでとうございます、だの何かプレゼントの権利だの・・・困りますねえ。引っかかる人もいるみたいです。それにしてもマイクロソフトがgoogle対抗でデータを・・・の部分を狙ったようで悲しいですねえ。確かに無料で使っているので広告だとしたら仕方が無いのですが・・・違いますよね???

無料ほど高いモノはない、とはいいますが、そのうちそうなるのかな、googleさんとかFacebookさんとか。どうなんでしょう??