HTML5+Javascriptベースの壁量計算ソフト

プロト版と仕様書を見せて貰える機会があったので、しゃべって良い範囲で報告。

通常の建築系の業務ソフトはC++などの言語で書かれ、パソコン(主にWindowsパソコン)向けにリリースされています。しかし時代の趨勢はスマートフォンに傾いています。依然業務ソフトはパソコン向けでしょうけど、スマートフォンやスマホで済む業務も増えてきています。

さて、そんななか、上記のソフトは、HTML5+Javascriptで書かれています。この組み合わせならブラウザベースで動くので、スマートフォン(AndroidやiPhone)やタブレット、パソコン問わず動かすことができます。またWEBベースで公開することもできるし、アプリ化してリリースすることも可能で汎用性が飛躍的に高まります。見せて貰った限り、まだマウスの動きとタッチ操作が一部混同していてまだスマートではありませんでしたが、HTML5とJavascriptの威力を感じさせるものになっていました。設計が良いので、ちょっとの改良で耐震診断ソフトや、省エネ計算ソフト等に進化させることが可能です。ユーザーインターフェイスは工夫の余地があると思うのですが・・・。といってもUIのアイデア出したの私なので仕方がありません。

一般リリースするか?などは未定なのが残念です。市販の構造計算ソフトや耐震診断ソフトにデータを転送させる機能など魅力的ですし、iPadなどでリリースすればそれなりの売上げも見込めそうですがね。サポートが面倒とも言っていました。まあ気分が変わったらリリースしてね。

DOC-WL Ver1.0.0.7

壁式鉄筋コンクリート造の耐震診断ソフトDOC-WLがアップデートされています。指針に基づく診断ソフトで、壁式鉄筋コンクリート造建築物の1次2次耐震診断計算を行うことができます。操作などは同社のWALL-1などと同様で、構造システム社のユーザーであれば簡単ですし、同様の他社のソフトに比べても操作性は良いと思います。一年ぶりのアップデートということもあり、かなり多くの改善が行われています。最近は壁式RC造の耐震診断をあまり聞かなくなったこともあり、やっている構造屋さんを探すのも苦労します。そういう意味ではチャンスかもしれません。

天災は複合する?北海道で震度6弱

日本は地震大国とはいえ、テレビのような速報性が高いメディアが出来てから日が浅い為、それほど多くの地震例を我々は見ていません。複合的な被害がでるものはあまり見ていないのが実状です。複合するとどうなるか?そんなことを知らせてくれる今回の地震でもありました。

そもそも北海道の大地震例はそれほど多くなく、大雪、大寒波のときの大地震例はないでしょう。しかしこの時期、もっと寒くて大雪の可能性もあったはず。今回は北海道としてはそれほど寒くないときに発生しましたが。極寒だったり大雪だったらもっと被害が拡大したはず・・・そう思うと文字通り背筋が凍る気分です。もちろんその場合は救出も時間がかかりますし、復旧も難しいはずです。今までの前例だけでなく、そのようなケースも考えて行かなければならないと思います。

これは別に北海道に限ったことではありません。新潟など北陸だって大雪との複合災害は気になります。四国などでは、地震と台風なんて組み合わせもあるかもしれません。関東大震災では台風が過ぎ去った後の強風のせいで火災が広がりましたが、台風中だったら火災は減って他の災害が増えたかもしれません(関東大震災の台風は関東を直撃していないけど)。

東京に置き換えると、東京で都市機能が麻痺するほどの地震は、明治維新以降で考えると、「明治東京地震(1894/6/20)」「大正関東地震(1923/9/1)」「東日本大震災(2011/3/11)」と驚くほど少なく、いずれも冬の直撃ではありません。夏の地震は夏の地震でやっかいで熱中症、水分、衛生面など特に注意が必要ですが、冬は寒さ対策など別な注意が必要です。意外と東京は大地震が少ないのです。

都市型大地震でいえば、「兵庫県南部地震(1995/1/17)」が有名です。しかし雪など複合要素はなく、気温は寒かったものの、逆に熱中症などにかかる心配はありませんでした。

災害が起こると、想定してなかった、などとコメンテーターや学者が繰り返しいいますが、被災者はそんなこと言っていられません。過去を紐解き、可能性を考え、自分である程度想定して対策を練らねばなりません。特に大都市東京では、本当に助けが来るか?どれくらいで来るか?は他の地域の地震を前例にしてはいけないほど巨大で想定はできませんからね。自分で何とかしなければならないと思います。

地下室付木造2階建ての住宅の増築にて

私のところには変な建物の増築などのお話しが舞い込むことが多いのですが、備忘録を兼ねて。木造2階建ての増改築はルールが整備されてきたこともありだいぶやりやすくなりました。しかし4号特例を使わない建物、つまり3号以上は今でも難しいです。

特に地下室付きの木造2階建ては昔は、木造部分は普通に4号のように下りていたので、相談を受けた設計者やリフォーム会社は安易に受けてしまうのですが、3号に該当するため、非常に難解になります。

EXP.Jで区切らない増築で考えた場合、木造部分も構造計算が必要になります。確かに今現在の木造2階建て地下1階の場合、平凡な木造2階建てであっても木造部分は許容応力度等計算が必要になってきます。新築でもこのルールを知らなくて年間数棟飛び込みで相談があります(爆)。

なので増改築の場合、元々構造計算されていない木造部分(場合によっては壁量計算すら怪しい)を、分解して梁などのメンバーを洗い出してから、壁・床の設計を行い、金物を決定する構造計算を行うことが必要なようです。当然構造図も新築並に必要になります。基礎のアンカーボルトなどは当然不足しているし、ホールダウンアンカーすらない建物もありますから、基礎とアンカーは苦労しそうです。

そして更に地下室の扱い。地下室自体を触らない場合で、荷重も変更がなければ、コンクリート部分が図面と整合しているか確認・・・言うのは簡単ですが、コンクリートの内部の鉄筋などわかるわけありません。コンクリート強度はコア抜きで大丈夫だと思うのですが。以外と手間がかかります。これが地下室にかかる荷重が変わったり、地下室も増改築するとなると・・・手に負えません。

果たして、上記の解釈が合っているか?は別としても、なかなか面倒なことになりそうです。耐震診断ルートでの増改築を認めてくれないと(今回は難しそう)無理ですねえ。この案件も今後どうなることやら。

なんとなく4号用のルール+地下室の安全確認で本当は大丈夫な気がします。新築でも。なんか今のルールは過剰なような(あくまで新築の話です)。大きな案件はともかく地元レベルの小さな仕事の難易度がここ10年で飛躍的に上がってきたような気がします。これでは独立したい建築士は更に減るでしょうし、簡単な仕事しかしなくなってしまうだろうな~、困るだろうな~と感じます。

i-ARM Ver2で耐震リフォーム図面

3Dで気軽に間取り、パースを描くのは3Dマイホームデザイナーのようなソフト、モデリングで簡単に作るのはSketchUpのような3Dソフトがあります。しかし実務で小さい建物の指示図面などを作れる気軽な3D建築ソフトって皆無でした。意外にもDRA-CADの通常版は3Dはできますが、どちらかというと建築パース作成を重視しており、建築的手法で作成するのはいいのですが、意外と使いにくかったです。

では同社のi-ARMはどうか?本来はBIMとして開発を始めたが紆余曲折して法検討ソフトになってきました。そのためユーザーからは何のソフトなんだ、とわかりにくくなっています。事実あまり売れていないです。

では、当初のような本格BIMでなく、次に目指したシンプルBIMとしてのモデリング機能は??と思い、最新のVer2を試用しました。

建築系のBIMから起因しているので、階の区別、高さの設定なども出来るので、建築的には使いやすいです。部屋を入れて・・・の手法もわかりやすいです。耐震リフォームに使えるのは、柱や梁や土台を入れる必要がありますが、非常に短時間で入力出来ます。特筆すべきは3Dで文字を簡単に入力できること。方向が変わってもメモや寸法は見やすく回転するので、便利です。もっとも固定できる機能も欲しいです。

簡単に構造用合板の施工を書いてみました。面上に文字を入れられるので、仕様や金物を簡単に入れられます。また寸法も3Dで入れられるので便利です。これは平面図とはリンクしていないので、指示書として分けられるのがいいですね。

ちなみに回転して裏から見ても、こんな感じで読めるのです!!角度を変えてもある程度追従してくれるのは便利ですね!!

こういった機能を使うと、簡単に施工スケッチが描けますし、納まり検討も簡単にできます。HOUSE-DOCHOUSE-ST1から簡単に部材を転送できるといいのですが。

立面などでも、このように記載ができますので、2Dよりよっぽど楽ですね。作図品質よりもスピーディーに指示書を作れるのがいいですね。

軽快な操作感はVer1に比べ若干落ちました。入力はいいのですが、プロパティがらみが落ちていますね。それでも他社に比べれば明らかに軽快。なんとなくですが、SketchUPの建築版と考えて、気軽にこのような3Dメモが描けるソフトとして、この部分だけを独立して安価にリリースするのも手かもしれません。

基本部分を分離して、検討機能をそれぞれオプションとして追加できると面白いかもしれません。これなら省エネ、構造を加えたりも楽ですからね。恐らく構造設計でも構造スケッチに使えますが、その方々は現在付いている法規や検討ツールはまったく不要となります。またそれらも古くからのツールの転用に近い形で実装されているので、あまり使い勝手が良くないのも事実です(他社に比べるものがないので、あまり気になりませんが)。

構造システム・建築ピボットはたくさんのソフトウェアのラインナップを持っている割に、あまり連携ができていないのも事実。そのためのハブツールになるんじゃないかな?と思ってi-ARMを期待していましたが、その方向は見えているものの、うまくいっているとは言いがたいです。

モデリングを中心に試用を続けていこうと思います。

達人診断 Ver1.2.2へ

木造耐震診断ソフトの達人診断が11/1にVer1.2.2に更新されました。いよいよ完成に近づいてきましたね。恐らく精密診断法1の正式バージョンを出したら建防協評価等を取得すると思われます。Ai法にも対応する予定のようです。意外と早く先行するメーカーに追いつきそうです。

何しろ本体価格が3万円で一年間使え、その後は1万円/年と非常にリーズナブルです。勝手に3強と呼んでいるソフト群と肩を並べるようになると、乗換も含め検討するユーザーも増えてくるかと思います。

コミpo!の作業進行を考える

コミpo!って、描く脳や手の負担がない代わり、頭の中で処理できる量を超えるとあっという間に進行が止まってしまう、と感じています。

4コマ漫画とかは瞬間で書くことができるのですが、今回初めて挑んでいる漫画は、そこそこ文量が多いので、苦戦しますね。ストーリーを頭に浮かべてやるだけだと、抜けも多いし、うまく行きません。

なので、今回は頭でストーリーを浮かべた物を、ライトノベル風に書き換えて、そこで改めて章立てをしてから返す、という方法を今回はとりました。そもそも私はマンガなんか書いたことがないので、章立てだけでなく、コマ割りだけでも苦戦するのです。周りにマンガを書くのも読むのも達人たちが揃っているので、変な物は書くことができませんからね。一回ラノベ風に書いてしまえば、文量をコントロールしたり、章などの名前なども整理できるし、細かい設定や閑話休題などを差し入れて体裁を整えられますね。

整ってくると、コミpo!って威力があり、1ページあたり、10~15分程度で描けるのでストレスなく、ページができてくるので快適です。絵を描ける人うらやましいですが、いつも大変そう!!と思っています。まあぶっちゃけ手抜きなんで、人が描くのとはまったく違いますが、執筆者が直接表現できる、というは大きいです。

ちなみにST1に恋しては、第一クール(1つの物件が終わる)のが2万5千字程度。第三クールまで予定しているので、総量は10万文字くらいになります(第一クールは導入なので文章が少ない)。ちょっとした短編のラノベ・小説くらいの文量にはなりますかね?ちょっと1クール当たりの文章量が多いのがネックですが、登場人物のエピソードや、技術的な内容を含んでいるので仕方がないかな、と思います。

なまずくの耐震事件簿は、初回は私がネームを書いて新宇野先生が作画する、という形で、内容も打合せながら若干修正をしていくのでまったく手法が異なります。また初回は手書きをスキャンしてPhotoshopで制作!だったのですが、第二回は下書きは手書きですが、クリップスタジオで制作しています。なんとiPadで制作しているんですねえ。時代は変わりましたよ。第三回になると私はストーリーだけでネームを描かず新宇野先生にすべてお任せしています。今度はほとんどクリップスタジオを使っての制作になります。回毎にやり方を変えているのでまだまだ制作手法は試行錯誤中ですね。画を見れば違いがはっきりわかるはずです(笑)。それにしてもコミpo!もクリップスタジオも凄すぎます。まだまだ使いこなしているとはいえないかもしれませんが、しっかりマスターしていこうと思います。

達人診断がパワーアップしている

耐震診断ソフトの「達人診断」がVer1.2.0までアップしています。急ピッチに開発が進んでいるようで、今回のバージョンで、斜め壁の入力機能が追加されたそうです。次のバージョンでは精密診断のCAD操作をテスト公開するそうです。

体験版は無料で、かなり使える(印刷は使えないが診断・補強・保存はできる)状態ですし、十分試してから購入を検討できるのがいいですね。通常版は購入時32400円、1年更新で10800円とこちらも良心的。

まだまだ操作感がこなれない感じはありますが、某所で開発されているタブレット向けの耐震診断ソフトとともに期待できますね。

なまずくの耐震事件簿アクセス頂きありがとうございます。

なまずくの耐震事件簿は、WEBマンガとして府中市商工まつりで公開したのですが、意外と好評のようで、まだ検索でひっかからないにも関わらず、多くの人に見てもらっているようです。毎年お盆休みはアクセスが激減するのですが、今年は大丈夫みたいですね。それも狙っていたのですが、まずは見て貰えていて一安心です。

なまずくの耐震事件簿 公式ホームページ

お盆休みに第2話を執筆していたのですが、この手の連載は初めてなのでまだ勝手がつかめません。もう一つの連載であるST1に恋してに比べても一般の方向けなので難しいですね。ST1に恋しては・・・はじけ始めていますからね・・・。

難しいのが実際に耐震診断したデータなどに基づいて執筆していること。だからといってプライバシーに関わる問題も多いので、同じようだが違うふうにしなければなりませんし、伏線や設定は予め仕込んでおかないとストーリーがおかしくなります。今回はシンプルな建物にしましたが、それでも意外と難解で、耐震診断書4冊、壁量計算書4冊、構造計算書2冊とにらめっこしながら書いています。まあ慣れれば早くなるとは思うのですが(汗)。

今日はお盆休みで電話が鳴らないはず・・・と思ったら容赦なく電話が(汗)。みんな働いているな~。

DOC-S Ver3

鉄骨造耐震診断ソフトDOC-SがVer3になります。8月出荷予定で、キャンペーンも2018年12月31日迄となりそうです。

正直S造の耐震診断ソフトはどれも使うと発狂するほど大変なのですが、懲りずにバージョンアップする姿勢は評価できます。

とはいっても耐震診断の制度自体の問題も多分に含んでいるわけで、このタイミングのバージョンアップで何か劇的に、ということはないです(ルールが変わっていないんだし)。主な新機能と言えば

・S造間柱考慮、既存の方杖ブレースが入力可能とか

・配置した部材の3D表示

・最大10の診断・補強検討を保存可能。比較出来る

・64bit化による高速化(果たして体感出来るか。むしろ64bit専用になったので32bitの人は使えない罠)

です。正直マイナーアップの感がぬぐえないです。この程度でアップするなら年会費制度に移行したほうがメーカーもユーザーも幸せなのではないか?と感じてしまいます。

ちなみにDOC-RC/SRCやDOC-3次診断は、メーカーキャンペーンで7月末までお買い得となっております。詳しくは公式オンラインショップにて