WOOD-STの、耐力壁(木造・方杖、K形ブレース、X形等)の取り扱い

なかなか構造システムのホームページに詳細が上がらないので、現時点でわかっている点をいくつか。

WOOD-ST1は木構造の46条2項ルートで壁倍率によらないことがウリの1つなのですが、KIZUKURIの対応のように壁倍率を耐力に変換しているのではなく、初めから耐力で計算することにより、より柔軟に対応できるのです。まあ壁倍率での計算でいい!という人は買わないので大丈夫だと思うのですが。

壁倍率を使わないということは、自分で各部材の耐力を算出しなければならないのは任意形状のソフトと同じですが、木造に特化することで、代表的な形状などは網羅されています。たとえば方杖。両側又は片側のみを取り扱います。応力解析したからといって、方杖と面材を併用していいのか?というのは工学的な見地から考えなければなりませんが。取り付く部材に中間接点を自動的に設けて形状通りに解析するので手軽です。非常に強いことは誰でもわかるK形ブレースも、解析できるので、通常の壁倍率で計算する上限より、強い強度で計算することができそうです。もちろん引張りブレースなども解析できますので、いろいろな戦法を考えられ、設計の幅が広がります。

材料端部は、木なので色々気になるところはあると思いますが、性能の安定化のために金物工法の金物を利用する、というのもアリだと思います。構造システムは、早期よりk-DBなる同社共通のデータベースを構築しており、既にFAP-3やMED-3では、テックワンP3プラスなどのデータが予め入っていることが知られています。実際私も使ったことがあるのですが、非常に手軽です。施工指示など細かいことを避ける為に安定した性能を確保しやすく、プレカット工場で加工可能な、金物のデータベースがついて入れば、かなり省力化できると思います。この部分に関してはアナウンスされていませんが、WOOD-STは、k-DBを標準搭載(つまりBUSなどと同じ)なので、あとは部材がどれくらい登録されているか?が、気になります。一応、告示1024号の構造用集成材・製材、鉄骨ブレース(SS400とか・・・鉄筋じゃないの??)、木造金物工法の金物(プレセッターSU、TEC-ONE P3)などが登録される予定のようです。

もちろん在来的手法であっても、データが揃えば計算できます。燃えしろ計算にも対応しているので、梁表しなど期待が膨らみますね。

SIRCAD Ver5 SS7importオプション

なかなか普及しないSS7ですが、こうやって他社がどんどん対応していけば、普及すると思います。何かと言われていますが、さすがに設計が古いSSの過去バージョンに比べて良いですからね。

SIRCADにへ、SS7のモデルデータをインポートできるオプションで2017年10月上旬にリリース予定のようです。メルマガのアドレスが間違えているので見えない人も多いかと。しっかり本日付でプレスリリース出ています。

ちなみにSRCは今後対応予定で、今回はRC造、S造を先行してリリースするそうです。

SEIN La CREA Premium 木造

先日お伝えした、SEIN La CREA Premiumの木造オプションの詳細がホームページで発表されましたね。

SEIN La CREAの形状入力の自由さはそのままに、自由に部材を配置できるのが魅力です。

ただ、名前の通り・・・ノーマルSEIN La CREAでは使えないようです(大泣)。でもそもそもPremiumが出たときにノーマルを残しておいたのはある意味温情なくらい、Premium安定して良い子ですから、今後はPremiumを主体に考えているんでしょうね>NTT。

適用範囲でいきなり「ルート判定は行わない」「増分解析は行わない」と書いてあるので、ルート2、46条2項ルートという最近の流行??のプログラムのようです。

準拠する規準等は、2015年版建築物の構造関係技術基準解説書、木質構造設計規準(2006)です。そして面白いことに、新グレー本2017の46条関連、地震力・風圧力に対する鉛直構面の検定の2章のみ準拠するとのこと。そのまま受け取れば、46条壁量計算ができる、ということでしょうか??せっかくの自由な形状入力可能なソフトですから、あえて必要ないと思うのですが、たまには整形の建物もやるでしょうし・・・ということでしょうか??これは木造の計算ソフトをもっていない人には魅力的ではないでしょうか??

SEINのオプションなので、当たり前のように木造混構造建物のモデル化ができます。SEINをもっている人にとってはかなり魅力的です。逆にもっていない人は、SEIN、しかもPremiumを買わねばなりません。一応安価な限定版のCE Premiumにも対応しているのですが、LEのような安価な限定版をもっているユーザー(=私)には、正直買いとは言い切れません。

一応SEINユーザーなので、そのうち案内が来ると思います。価格なども含めて。ASTIM、WOOD-ST、SEIN La CREA Premium 木造、と壁量計算によらず木造構造計算できるソフトが揃いましたね。後発の2社は、先行するASTIMとは違った魅力を提供してきます。WOOD-STは任意形状を捨て、手軽に46条2項ルートの計算をできるのが魅力ですし、SEINのほうは、定評ある一貫構造計算ソフトのオプションであり、SEINの魅力を更に際立たせ、混構造も手軽に実現できる魅力的なパッケージとなっています(ただしSEIN Premiumユーザーに限る)。3社とも競合するところはあるものの、ある程度の棲み分けはできています。問題はこの分野ができる構造技術者の不足。買う人がいなければ、せっかくリリースしても意味がありません。その部分が心配が残ります・・・。

 

株式会社構造ソフトの「今月のイチオシ」

今でも若干戸惑いのある、構造ソフト構造システム。どちらも構造計算ソフト会社の老舗であり、有名な一貫構造計算ソフトをもっているというところも同じ。名称も似ているので勘違いする人も多いと思いますが、まったく違う会社です。

その構造ソフトのホームページには「今月のイチオシ」というものが掲載されており、同社のソフトの便利な機能の紹介、Q&Aなどを抜粋したPDFマガジンなのです。

読む量も非常に適切で読みやすく、同社ユーザーには非常に良いサービスなのではないでしょうか?会員ページでは無く公開されているところも好印象です。8月号は同社一貫計算ソフトの機能アップ部分の紹介がメインでした。帳票や画面がふんだんに出ているのでわかりやすいですね。また適判等からの指導事例も1個ずつ掲載しています。正規のQ&Aはサポート会員登録しないと見れませんが、このように1つ1つであっても紹介していってくれる姿勢は、古くからユーザーが支持し続けていることに直結します。定価すらオープンにしない構造計算ソフト会社もあるわけで、その差は歴然です。

某掲示板での人気投票のようなものでも上位にある同社の一貫構造計算ソフト。その結果は話題になっていますし投票方式は公平とはほど遠いものですが、支持しているひとが多いのは頷けます。

HOUSE-ST1 Ver7.0.0.9

この時期の更新ということで、Ver7.5を前倒しで公開か?と思いましたが、さすがにまだ早いですね。世間はWOOD-STの話題ばかりですが、構造システムの木造構造計算ソフトはHOUSE-ST1です。某ショップだけでも100本以上販売(バージョンアップを除く)している人気木造構造計算ソフトですからね。Ver4の頃は、本当にシンプルで使いやすいものの、機能不足に悩まされましたが、Ver5でそのイメージは払拭。Ver6は他社においついた感じです。もっとも学校建築に振ったうえ、価格も値上がりしたVer7はいいとこなし!という感じでしたが、Ver7.5で新グレー本2017に対応するわけで(Ver7からは無償アップ)、ここがVer7の完成と考えれば悪くはありません。もっともWOOD-STのせいで、ちょっと影が薄くなりましたが。

今回は、Ver7.5発売前と言うこともあり、軽微なバグフィックスです。このバグとは異なりますが、たまにレジュームなどするとネット認証が外れて、保存できない!!なんてことがあります。同じ認証を使っているHOUSE-DOCなどでは発生したことがないのでST1固有でしょうか??もっとも現在HOUSE-ST1をかなりヘビーに使っているのでたまたまかもしれません。おっと、HOUSE-DOCのほうが起動時間が長い。診断だらけ・・・。

9月1日より、某ショップでセール(スーパーsaleとは異なるが重なる)開始で、国産BIMのI-ARMや、国産3DCADのDRA-CADなどが地味にお買い得になります。対象ソフトはわずかですが、もし欲しいものであればチャンスです!!

SEIN La CREA Premium 木造(オプションプログラム)

はい。早速問い合わせがありました。WEBにも書いてあるのでいいかなと。

かねてより噂のありましたSEIN La CREAの木造版がこの秋に登場することになったようで、セミナーの予告がSEINWEBに掲載されています。

私のようなSEINユーザーは歓迎♪といいたかったのですが、Premiumって書いてありますよね。無印ユーザーは無視なんでしょうか??詳細が出たらまず確認したいところです。もちろんオプションプログラムなので本体もっている人向けなんだと思います。SEINって地味に形状入れるの楽ですし、自由度も高いのである意味木造向けですし、実際、無印SEINで木造構造計算に応用している人もいますから。もっともSEINユーザーで木造に興味のある構造設計者がどれだけいるのか正直不安も残りますが・・・。

登場すれば、MIDASやASTIMやWOOD-STの良いライバルになりそうですね。ルート3ができるかどうか?メーカー金物などのデータベースがついているか?混構造は?とか興味が尽きません。詳細はセミナーに参加して聞きましょう♪

 

今年は木造構造計算ソフトラッシュ??

今年は、新グレー本2017(木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017)の発売もあり、久々に木造構造計算ソフトが活況です。もっとも役所・確認検査機関の審査内容が変わってきたこともあり、既存の木造構造計算ソフトでは対応が難しくなってきた、というのもあるのでしょう。乗換などの相談も多いですね。

KIZUKURI、STRDESIGN、HOUSE-ST1など新グレー本ベースの新グレー本2017への対応は、既に行われた、もしくは秋に行われる具体的な予定が出ています。新グレー本対応だけでなく、使い勝手の向上や機能追加も行われているものもあります。

壁倍率に寄らない構造計算への需要も高まり、秋に46条2項ルート(ルート1、ルート2)対応の新作ソフト2つが仲良く?リリース予定です。またルート3対応にupもそろそろ予告されるであろうソフトもアップデートで出る予定です。

グレー本に忠実に計算することで、審査機関受けの良い計算書を作成することに重点に置く物と、より高度な計算を目指し、スキップフロア、トラス、高倍率耐力壁、方杖など特殊な計算もできるソフトと方向性が2分されてきたような気がします。

木構造の設計者は、恐らく両方を最低一本ずつもつようになると思います。木造構造計算ソフトのシェアも今年は大きく変わりそうです。また汎用の立体解析ソフトを使う人は減ってくると思います。構造計算の価格体系も変わってくると思います。

ツーバイフォーの緑本も改訂が見えてきたので、CLTも合わせて木構造の技術者は慌ただしい時期を迎えるのかもしれません。

BUS-5およびBUS-5シリーズ(32 ビット版)のサポート終了期日のお知らせ(2017/8/22) 

BUS-5およびBUS-5シリーズ(32 ビット版)のサポート終了期日のお知らせ(2017/8/22)

構造システムのホームページより、お知らせが出ています。BUS-6がでてもう1年経っているので、あと1年ということです。こんな丁寧な?お知らせのようですが、よく考えると高価な商売道具。人によっては死活問題になります。ここで宣言することによってサポート延長などはないですよ、というメッセージなんでしょうね。

ネットが普及しアップデートが気軽にできるようになってから年数もたちました。昔のようにフロッピーデスクやCD-Rを送付して・・・という時代と異なりホームページにupしておけば・・・という反面、プログラムは複雑化し、経費は更にかかるようになりました。また新プログラムを発売すれば売れる、という感じではありません。年会費には根強い抵抗を示す人もまだまだいます。状況はどんどん変わっているのでメーカーも対応は大変だと思います。

SS3からSS7への乗換(もちろんユニオンシステムのことです)もあまり進んでいないような気がします。いうまでもなくソフト数が増えればサポートも増えるので、メーカーも本音は最新版だけに早く移行したいと思うのですがどのメーカーもうまくはいっていないみたいです。差はありますが。難しいですね。

WOOD-STの主な仕様

 一部で話題になっていました木造構造計算ソフトWOOD-ST(構造システム)の概要がわかりましたのでお知らせします。準拠基準は、グレー本系ではなく、木質構造設計規準、混構造手引、2015構造関係技術基準解説書です。その点では普通の住宅を主眼に置いているのでは無く、ちょっと複雑な形状の建物を想定しているようです。HOUSE-ST1が住宅系、WOOD-STは非住宅なのかな~と思ったらそうでもない。なかなか説明が難しいソフトのようです。

 恐らく、壁倍率を使って計算する46条から青本、グレー本と壁量計算系の考え方で設計するのがHOUSE-ST1であり、応力解析(壁床は主に等価ブレース置換)による自由度の高い考え方で設計するのがWOOD-STなのでしょう。事実パンフレットには施行令46条第2項第一号によりルート2までの3階建て以下の木造建築物を対象にしていると明記しています。というわけで壁量計算除外ルートであり、壁量計算はできないものとみたほうがいいでしょう。もっともHOUSE-ST1のデータはインポートできるみたい(どうやってやるのかは謎!たぶん柱・梁の形状のみ??)なので、両方もっていれば併用も可能かと。某ショップでは既にセット商品を企画しているとか、いないとか・・・。

 同じようなコンセプトのソフトとして、アークデータ研究所のASTIMがあります。非常に柔軟な自由な形状の解析を目指したソフトです。あそこまでの自由度はありません。HOUSE-ST1の操作性能良さをうまく採り入れ、ルート2までの木造3階建て木造建築物の構造計算を行おうというもののようです。確かにASTIM・ASCAL挫折組の話は聞きますからね・・・。それに構造システムには任意形状の解析を行えるFAP-3とその断面計算のMED-3を組み合わせれば同様のことは実現できますので、あえて任意形状にはこだわらなかったのかもしれません。

 注目の金物構法ですが、登録済みの金物は、カネシンのプレセッターSUとタツミのTEC-ONE P3のようです。当然、木ブレースや鉄筋ブレースなども解析できるようですので、高倍率の木ブレースなども使えると思います。金物の性能を管理するシステムは、構造システムのBUSやFAPなどでもお馴染みのk-DBなので、同社のユーザーはとっつきやすいかもしれません。方杖やK形ブレースなど建物に応じて柔軟に設計できそうです。

面白いのは、スキップフロアに対応したこと。壁倍率に寄らず解析します。中間階を配置することでスキップフロアのある建物を入力出来るのでモデル化も手軽です。ASTIMほど柔軟ではありませんが、よくある木造構造計算ソフトのスキップフロア対応のような中途半端な仕様(詳しくはユーザーやメーカーに聞いてみてください♪)ではなく、一般ユーザーが想定しているようなスキップフロアを実現できそうです。

大規模系なのかな~と思ったら平面グリッドはHOUSE-ST1などと同様で、グリッド配置です。最大150グリッドなので、特別大きな建物を想定しているわけではなさそうですが、必要十分そうです。

FAP-3との違いは任意形状ではない点、断面計算機能も内蔵している点でしょう。FAP3に断面計算ソフトMED3を一緒に買うより安いです(私のようにFAPMEDもっている人はどうすれば良いんでしょう汗)。手軽な反面、きちんとした構造の知識なしで使うと、エラー要素の意味がわからないだけでなく危険な建物を設計しそうです。応力図は見やすそうなので、良かったです。構造計算書はどうなのか?期待ですね。

現時点では基礎に対応していないこと、屋根は解析モデルに考慮されない(荷重伝達はできる)ことなど、確認検査機関の対応で突っ込みがありそうな気がしないでもないですが、任意形状を使いこなす自信がなく、一貫機能を持った任意形状も・・・という人にはわかりやすいシステムで支持を得られると思います。価格的にはHOUSE-ST1より高い価格設定ですが、高価な木造一貫計算ソフト程度の金額になりそうな見込み。定評のあるHOUSE-ST1のユーザーインターフェイスを使っていることもプラス材料であり、非常に楽しみですね。

もちろん新製品ですので足りないところはあると思います(断言)。果たしてルート2、46条2項ルートというニッチな部分にどれだけ設計者が注視するのかも注目です。先行するASTIMはルート3対応が噂されていますし、STRDESIGNなどの既存の木造住宅構造計算ソフトもグレー本対応ながら設計できる形状は進化してきています。これから木造構造計算ソフトを購入しようとする人は益々悩まされることになりそうです。

某本舗の次世代の木造計算ソフト導入は、ASTIMに決まりそうでしたが、WOOD-STも有力な対抗馬になりそうです。ASTIMにしろWOOD-STにしろ、応力解析ができなければ利用できませんし、自信が無い方は今から勉強しておくことをお勧めしておきます。

なまあず日記の検索ワードで多い「方杖」「壁倍率」

意外にもトップ検索ワードは「方杖」です。対のワードは、「壁倍率」なので、木造の方杖で壁倍率を取りたい場合に検索している人が「まだ」多いようです。

方杖の強度を方杖自体で取っている・・・と思っている人が多いですが、実際は柱がある程度強くないともちません。なので105角で方杖に頼ってしまうと柱側が先に折れる結果になってしまいます。方杖取り付けにもボルトやビスなどで欠損も出てきますので計算値通りの設計って意外と難しそうです。もっとも一定の型はありますので、特異なことをしなければ問題ないと思いますが。

個人的に方杖を採用する場合は、金物構法などの性能がきちんと明記されているもので、方杖に利用できるものを採用します。例えばテックワンP3プラスのように、元々方杖での利用も考え、事例を書いているものです。ちなみにテックワンP3プラスのマニュアルには方杖フレームの計算例が書いてありました(最近のものに載っているかは知りません)。欠損も少なく取り付けて出荷してくれるので施工も手軽ですし安全性も高いです。金物が特殊なぶん、コストアップになりそうなのがネックです。

もっとも方杖を使うシーンは耐震補強が多いので柱自体をアラミド(お勧め!)で補強・補修したり、柱を二重に重ねたりして元の柱をできるだけ痛めないようにしています。新築の場合は面材で耐力を取っているので、方杖を倍率加算するためには使いません。隅柱などで弱そうな場合は耐震補強に準じて補強を行い倍率加算はしません。

倍率加算を考えるなら、似たような挙動の方杖の数を集めて同方向のみ使う、というのはアリだと思います。Y方向は面材で、X方向中央部は面材、外周部は方杖といった組み合わせです。もちろん全部方杖というのもいいと思いますが平屋のように必要耐力が低いものが対象になりそうです。

秋に発売になる、WOOD-STという木造構造計算ソフトは壁倍率によらずルート2で計算するソフトです。スキップフロア対応も目玉ですが、壁倍率によらないので、方杖も利用できます。詳細はまだ発表されていませんが、HOUSE-ST1のように簡単なユーザーインターフェイスで利用しやすいものになっているようです。使いこなすと面白い建物が設計できそうで非常に楽しみです。