佐渡の観光名所といえば・・・佐渡金山

矢島経島(佐渡島)

何十回も佐渡に行っている私への質問といえば、

「佐渡の名所教えて」

見たいの多いです。ただ親族の住む島で、そもそも佐渡に何でそんなに居たかといえば

「親が仕事で忙しくて、子どもを佐渡に預けた方が喜ぶし楽!!」

という事情がありました。長いときは数週間滞在しましたからね。両親の田舎とはいえ母方の実家にいることが大変でかなり迷惑をかけたと思います。夏ですから観光するより海で遊んでいたほうがいい!ということもあり、飽きずに姉と私はそのほとんどを海で過ごしました。幸い海の家は叔母がやっていたので、その点でも安心でした。

佐渡の砂浜

何しろ両親とも忙しく、私は5才にして、新幹線もない時代に夜行列車とカーフェリーを乗り継いで佐渡に行ったほどです。姉がいたとはいえ方向音痴で乗り物も知らない姉はまったく当てにできず・・・今では良い思い出です。両親佐渡で揃うのは希で、我々だけ!というのはさすがに少なかったとはいえ、運転できない母がいても観光地を回るのは不可能でした。

カーフェリー「ときわ丸」きれいな船内と適度な時間の船旅も大きな魅力

というわけで、オトナになって自動車の免許を持ってから佐渡中を回るようになりました。幸い道路が良くなっていたし、カーナビがなくても地名はある程度頭に入っているので運転は簡単でした。あれから20年余り・・・。佐渡もいろいろ変わりましたが基本美味しい料理ときれいな景色が見所なのは変わりません。ということで、あまり大したことは書けないのですが、備忘録代わりに書いてみます(前書き長い・・・)

佐渡金山「道遊の割戸」

個人的に一番の名所は、佐渡金山周辺の相川でしょう。佐渡金山は昔に行った方は「面白くない」「暗い」という方も多いし、佐渡在住者も意外と現状を知らなかったりします。が、しかし!!どんどんリニューアルしてキレイで見やすく、規模も巨大化しています。観光コースも複数あります。また車椅子でも見学可能なコースもあったりと充実しているのです。

「北沢浮遊選鉱場跡」ラピュタとかマチュピチュとか言われる最近話題のスポット

相川には佐渡金山の周りに観光地が揃っているのもポイントです。最近人気の北沢浮遊選鉱場跡は、想像以上にスケール感が大きな金山施設の跡で、映画なんかにも出てきそうな遺跡感満点です。他にも佐渡奉行所や旧税務署など文化財も揃っています。ちょっと離れていますが、平成狸合戦ぽんぽこで話題になった団三郎狸で有名な「二ツ岩大明神」なども行けます。細かい見所も多く1日かけてじっくり見たい大人の観光名所です。

「二ツ岩大明神」険しい山の上にあり、自動車でも登るのが結構大変です。最近壊れかけているので十分注意を

 

次期の佐渡汽船のカーフェリーに望むもの

佐渡島の人口減も進むと帰省客も減ってきて・・・と心配なことも多いです。その輸送の大動脈である佐渡汽船も迷走を続け、毎年乗客が減ってきているとのこと。島民も佐渡汽船も頑張っているのはわかるのですが、全国的に見て仕方がない部分もあるわけで・・・。

夜のときわ丸

といっても仕方がありません。しかも佐渡汽船はときわ丸とあかねは良いとして、ジェットフォイルやおおさど丸は老朽化が進んでいます。このリプレイスは頭の痛い問題だと思います。せっかくあかねで、直江津小木航路を建て直そうとしたのだが、揺れるだの何だので、乗客は減少の一途。やはり佐渡汽船は佐渡の魅力だけでなく、フェリー自体の魅力を高めないと。私のように子供の頃、佐渡汽船でいい思い出がある人は大人になっても好意的に見ます。やはり子どもが何時までも乗りたいと思う船を作ってほしいものです。

まず最近の潮流から、シャワールームと大浴場は欲しいですね。2時間半なので入ってゆっくり・・・には若干不足しますが、ちょっと入りたい人も多いはず。観光時期以外はシャワーだけでも良いと思います。

あと揺れ対策。おおさど丸に比べ新造の二隻は揺れやすいと聞きます。それだけで乗りたくないそうです。確かに直江津航路に慣れた私からすると、荒天でのおおさど丸は驚異的ですが、それでも最近の乗客の船に対する意識を払拭出来るほど日本海は甘くありません。今できうることを全て講じてほしいものです。

あと価格。今も頑張っているのですが、基本価格の値下げは必須だと思います。佐渡と新潟の行き来が増えれば島の経済にもメリットも多くなると思います。基本的な値下げはなかなか難しいと思いますが一層の合理化で何とかして欲しいものです。

おおさど丸

どうしても観光と日常で分けて対策を講じなければならないのです。日常の乗客を大事にしないとやっぱり足が遠のいてしまいます。速度や効率性だけ考えると駄目になるのは、あかねでよく分かったはずです。佐渡汽船というとどうしても顧客満足が後回しで目に見えやすいものに対策がいきがちな気がします。ジェットフォイルの時刻表だって、両津の朝が長年遅かったりとかね。ジェットフォイルの時刻表だって、新潟着は8:25着と及第点だが、両津着は9:00着。これでは仕事面で支障がでるので、もう一本早い便が欲しいです。もっと深刻なのは、最終便。新潟発、両津発とも17時台ですからね。19時には新潟に着くわけです。新潟発の新幹線や在来線の時間を考えれば、もう少し遅い着の船があったら便利だと思いませんか?そこはカーフェリーで補えば・・・と思っているのでしょうけど、カーフェリーの最終便は22時着ですからね・・・。寺泊赤泊航路がなくなり、直江津小木航路も厳しいなか、新潟両津航路の一層の便利な運用が望まれます。

ジェットフォイル通常運行へ あと ウサギ観音

(4月20日追記)この記事で紹介したウサギ観音のTシャツを4月22日より、なまあずショップ楽天市場店で販売することになりました。詳しくはこちら。

佐渡島と本土を結ぶ高速船ジェットフォイルの事故で一隻長期離脱しているのですが、ようやく今日より通常運行に戻るようです。早朝の新潟発がなくなったのは残念(まあ仕方なく運用していたわけですが)ようやく本来の姿に戻ったのは良いことです。島外の人間が言うことではないのかもしれませんが、もう少し始発を早く、終発を遅くしたほうがいいのでは?と思います。

さて、観光に良い季節になりました。それは佐渡も同様です。今年は10連休もあり、佐渡島のようなところをゆっくり回るには適しています。まあすでに旅館はいっぱいなのかもしれませんが(汗)。帰省ついでに・・・もありだと思います。

さて、その佐渡で話題の観光名所といえば・・・金山!!といいたいところですが、今話題といえば

「ウサギ観音」(ウサギ観音のある長谷寺のHPはこちら)

でしょう。

昨年、長谷寺(ちょうこくじ、と読む)の住職が、高さ6mにもなる大きなウサギ観音を建立しました。長谷寺の草取りウサギにちなんだ、と言われていますが、低迷する佐渡観光の1つの目玉として建立したそうで、その個性的な外観がネット等で話題になりました。もっとも私の親族でこのことを知っている人はほとんどいなく、佐渡では思ったほど話題にならなかったのかもしれません。正直もったいないです。ただ、長谷寺を訪れる人は増えたそうで、一定の効果はあったと思います。ただこれで終わると今までの佐渡と変わらない。やはりここから発展させていかないと!ということで、3月にはご朱印のお授けが始まりました。また同時期に、ウサギ観音Tシャツも発売されました。これから徐々に地域を挙げて盛り上げていこう♪ということでしょうね。楽しみです。私も遠くから応援していこうと思っております。

ウサギ観音Tシャツを、なまあずショップ楽天市場店で入荷しました。4月22日より発売いたします。詳しくはこちら

佐渡汽船のジェットフォイル事故のその後

ジェットフォイル「つばさ」

一ヶ月程前に、佐渡汽船の新潟~両津航路のジェットフォイルが事故があり、怪我人が多数でました。海洋生物(たぶんクジラか?)との衝突で、高速船では避けるのが難しい事故ではあります。沈没しなかったのが不幸中の幸いでした。その後調査やジェットフォイル「ぎんが」の修理などがあり、一台は使えない状態が続いていました。3月28日のプレスリリースでは、「つばさ」の年次点検終了後(4月)に修繕作業に移るとのこと。つばさの年次点検中ということもあり、現在運行しているジェットフォイルは「すいせい」のみ。本数は4割減便ということで、ちょっと経済にも響くのではないかと心配しております。また速度を落として運行していて5分程度の延着・・・らしいです。仕方がないですが、これでは高速船の魅力が薄れてしまいます。更に修理は12週間・・・夏の繁忙期に間に合ってくれれば良いのですが、ゴールデンウィークは無理そうです。とりあえず「つばさ」が戻ってくることを待ちましょう。つばさが加わりとりあえず通常の運行に戻るのは、4月18日から、ということになりそうです。

佐渡汽船のジェットフォイルは、平成・・・ではなく昭和52年から運行しています。初代は「おけさ」。ボーイング製でした。その後、「みかど」「ぎんが」が運行しました。今回事故の「ぎんが」は昭和61年就航のかなり古いタイプで、他の2隻は川崎重工業製となっています。

その後、現在も活躍している「つばさ」(平成元年)、「すいせい」(平成3年)と矢継ぎ早に新造船を投入していた佐渡汽船。その高速性と佐渡という比較的大きな島ということで、大活躍しました。その後「ファルコン」(平成8年ー平成11年)が投入されましたが、すぐに売却され、ずっと新ジェットフォイルは投入されていません。悲しいことです。私が子供の頃はジェットフォイルにしろ、カーフェリーにしろ、すぐに新造船ができた時代だったのでね。

船旅の楽しさは、なかなか味わえない物です。身近すぎてもつまらないし、遠すぎると気軽に乗れません。その点佐渡汽船は1~2時間半程度と手頃で、船の性能も良いので、非常に良いですね。下記ホームページでは、過去の佐渡汽船の船を写真付きで紹介していますので、参考までに。

佐渡汽船の船舶の歴史

 

佐渡の本州への過去の航路

私は佐渡汽船でしか佐渡に渡ったことはないが、実は佐渡と本州を結んだ航路は今の形だけではないのです。

私の生まれた昭和50年、小木と珠洲市(石川県)と姉妹都市締結し、能登飯田港と定期航路が開設されました。なんとカーフェリーです。しかし3年後すぐにホバークラフト「しぐなす」に変わり、五年後には廃止になってしまいました。ちなみにカーフェリーの名前は「かもめ」。当時から??の航路というわけではなく、昔は北前船などで交流があった地域同士だったようです。しかし需要があるわけでもなく、あえなく廃止になったようです。

ちなみに近年では、たらい船で有名な力屋観光汽船が、高速船「あかしや」(定員64名)を夏の間運航していましたね。こちらも需要が少なくあえなく廃止になりましたが。あんな小さな船で外洋は怖いのですが(汗)。夏なら大丈夫なのでしょうか?

その他では、昭和45~52年は、小木ー柏崎航路もありましたね(それ以前に昭和25~30年にもあり。みゆき丸)。あと私の子供の頃は新潟ー赤泊航路なんてのもありました(平成元年廃止)。新潟ー赤泊はなんか限定で復活しそう・・・と思ったら新潟ー小木でした。

昔も別に定期航路が普通だったわけでなく、荒海の日本海なので、ゆるく期間限定で夏だけとか普通にありました。もちろん主要航路は毎日運航してもらわなければ困るのですが、他はスポットで、夏や観光だけとやってもいいと思います。そのほうが弾力的に運航できますし。

佐渡汽船には、新潟ー両津、直江津ー小木の国道は死守して欲しいところです。他はスポットなど柔軟に運航できればいいと思います。力屋のような他の汽船会社でも構わないと思います。個人的には馴染みの力屋にがんばって欲しいところですが・・・。

あかねの前のナッチャンWorldやナッチャンReraは揺れたのか???

佐渡汽船の高速カーフェリー「あかね」。昨年は新潟航路のカーフェリーの船舶整備等での休航中の補充として新潟航路を運航しましたが、いろいろ不評だったようです。なので、今年の冬の運航は見直され、新潟航路であかねが運航するのは11月7~13日の7日間に短縮され、季節もまだ海が荒れにくい時期に変更になりました。

そもそもこの船が導入された理由は、青森ー函館の青函航路で運航していた、同じ形のナッチャンWorldとナッチャンReraの運航を見てのことでした。不幸なことにこの2隻は実力を出す前にたった数年で定期運航を終了した悲劇な船として有名です。

原因は、原油高に伴う燃料高騰により大幅な赤字が見込まれたことです。もっともそんなことは運航前にも予測できたはず。実際は乗る人が少なかったのでしょうか?

あかねで問題になっている揺れ。果たしてナッチャンではどうだったのでしょうか?既に運航していませんので、ブログなどの記事を参考に類推するしかないのですが、導入前に揺れにくいという評価だった割にやっぱり揺れたようです(ナッチャン 揺れなどで検索すればいくつか出てきます)。佐渡航路と違い島影に入る時間が長い青函航路なので、突然揺れ出すんでしょうね。あかねよりもかなり大きな船ですが、揺れたと言うことは、本来の企画ではなく小型に作られたあかねは揺れの面では更に不利なのは仕方がないことなのかもしれません。もっとも波が高く風も強いこの海峡はどんな船でも大変ですし、揺れも激しいのですが・・・。

一部のニュースでは、あかねの導入で年間20万人ペースで推移と、当初は好調を維持したようですが、2016年度は15万人程度。導入前よりは多いものの苦戦は否めません。やはり通年運航できないのは辛いです。寺泊赤泊航路も心配なのですが、早く通年運航に戻さないと大変なことになりそうです。あかねでなくて、最新鋭のフェリーであっても冬場はかなりきつい直江津小木航路なので運航自体が難しいのはわかっているのですが、そうしないとどんどんまた航路を使う人が減ってしまいます。北陸方面の人にとって直江津はやはり便利です。電車を使わない人にとってはカーフェリーは無くてはならない存在です。長期的な視点に立ってじっくり取り組んで欲しいところです。

 

佐渡汽船の11月以降の運航ダイヤ決定♪

なぜか運行表が・・・と思っていたら船舶整備などの調整などで決まっていなかったんですね。ようやく発表になり安心しました。

さすがに、あかねを新潟航路で酷使するのは無謀と感じたのか?11月7日~13日の7日間という非常に短く、また天候的にもまだ大丈夫な可能性が高い時期になりました。昨年は12月に26日で怖い思いをした方多かったと思います。すっかり揺れるというレッテルを貼られたあかねですが、そもそも冬の荒天はどんな船でも揺れますし、あくまで程度の差です。昔のフェリーを知っている人ならね・・・。でも本来の船で運航できるほうがいいに決まっているわけで、この計画は歓迎です。

そして小木なのですが、あかねがいない11月は、ジェットフォイルが1日1往復するそうです。2往復欲しいな~と思うのですが、なんと新潟ー小木間のジェットフォイル運航を申請しているそうです。試行錯誤しながら良い案を考えて行ってほしいものです。

廃止が噂される寺泊航路は10月2日から運休です。寂しい話です。

 

佐渡汽船、寺泊ー赤泊航路撤退で住民説明会

佐渡に行ってきました。昨年の10月以来ですが、夏の佐渡はやっぱりいいものです。しかしこの島にも様々な問題があるようです。
先月、佐渡汽船が佐渡と新潟を結ぶ3航路のうち、真ん中の寺泊-赤泊航路の撤退方針を発表し、県と佐渡市、長岡市に説明しました。

現在のこの航路の問題は、そもそも一回も黒字化していないうえ、経費節減のため2005年にカーフェリーから高速船あいびすに切り替えたことです。
そのこと自体悪いことではないのですが、そもそも荒海の日本海を渡るには役不足で、多少の改造を施したものの、荒天での欠航率が高すぎて地元の足としても、観光としても使いにくいのが現状です。そのため更に乗客数減少しています。私が赤泊港にいったときも乗客は少なめでしたね・・・。

この航路は新潟側、佐渡側とも交通の便が不便であることが問題視されています。佐渡側はさしたる観光名所もない赤泊で、しかも観光地や他の街にも遠く、バスの便も不便・・・です。寺泊側もJRの駅からも遠いうえ、その駅も大きな駅で無いため電車で行くのも難しいです。幸い北陸道からのアクセスは悪くないのですが、その時間プラスアルファで新潟港につけてしまうので、時間的なメリットは少ないのです。

しかしメリットも多いです。寺泊自体が観光名所です。そもそも大都市で観光という感じではない新潟港や、春日山城などの名所もあるものの観光地というイメージが少ない直江津に比べれば、はるかに楽しめます。温泉・宿もありますし、何よりも魚の市場通りは新鮮な魚を購入できるだけでなく、味わえることから根強い人気もあります。もちろん弥彦山や弥彦神社という名所もそれほど遠くはありません。

何よりのメリットは高速船が稼働すれば、約1時間で佐渡に到着すること!!これは新潟のジェットフォイルとほぼ同じです。もちろんジェットフォイルのほうが速いのですが、寺泊-赤泊のほうが遙かに距離が近く、3ルート中最短ということもあります。距離が短いので乗船料も安いです。往復でもジェットフォイル片道と変わらないコストパフォーマンスです。日帰りも可能です。

船の欠航は天候なので仕方がないのですが、この航路の欠航数は尋常じゃないです。少し不便でも新潟周りで行こうと思ってしまう地元の人も多いと思います。現代の人は揺れにも本当に弱いので、この航路は揺れが少なく欠航が少ない船を導入していかないと、どうにもならないのでは?と感じます。

そもそも日本海は揺れるの当たりまえですし、観光客自体の大幅増や、地元の人たちが本当に船を使って行き来が増える見込みも少ないわけですから、対策は本当に難しいのだと思います。それでも佐渡を愛するものとして、この航路を存続して欲しいと切に願っています。

佐渡汽船のあかねは、本当に乗り心地が悪いのか?




先日、佐渡に1泊2日で行ってきました。行きは早朝6:00の新潟発のときわ丸、帰りは16:30小木発のあかね。

p1070040-medium

特に佐渡島民の私の関係者には、あかねは不評です。小木町に住んでいるんだから、もう少し応援してよ!と思うのですが、従姉妹に聞いたら「・・・まだ乗ったことがない」・・・。まあ私の親族は船自体嫌いな人が多いですからねえ・・・。

あかねの着岸。非常にスムーズに着岸していました。心配ないみたいですね。

あかねの着岸。非常にスムーズに着岸していました。心配ないみたいですね。

さて、あかねに乗るのは昨年の初夏以来。私は運が良いのか?そのときも海が静かでした。ただし、着岸が難しいのか?運航自体問題なかったのですが、着岸作業に時間がかかり、だいぶ遅れての佐渡上陸となってしまいました。せっかくの高速船なのに・・・と残念に思いました。ただ椅子も比較的しっかりして座りやすく、船内も高級感はないけど、鉄道などの雰囲気に近く親近感があります。またワンフロアなのでリアルに迷うことはありません。座席指定なので落ち着いて座れます。

あかねで変身しちゃおう!3種類のコスプレを借りることができます。Lサイズもありますので大人もOKです!

あかねで変身しちゃおう!3種類のコスプレを借りることができます。Lサイズもありますので大人もOKです!

寝転がれないことを残念がる人も多いですが、高速船ですから1時間40分と2時間を切っているので、寝るには短いですし、そんなに退屈になることはないでしょう。船内は、売店がありますが、自販機やその他楽しめるところはありません。売店でコスプレ衣装を借りられますので撮影したい人は必見です!!食堂がないのが地味に残念です。売店も食べ物はあまり多くありません。まあ時間が時間ですからね。食べたい人は予め買っていきたいところです。もっとも直江津はともかく、小木はフロアに売店がない(1階にある)し、あまり物量も多くありません。そっちのほうが問題かと。唯一の楽しめるところと言えば、船後方の甲板。この時期は風が強い上、高速船だから・・・外に出っぱなしなんてできません。まあ季節によっては気持ちが良いかな。酔う人が多いのと寝転がりたい人の要望からか?カーペットエリアが増設されていました。実際初めから寝っ転がる人もいました。

やはり揺れは気になるらしく、前日の時化た状況であかねに乗船した客が受付で海の状態をしつこく聞いていました。まあ聞いても海の状態は改善しないのですが(爆)。私も前日ときわ丸で佐渡入りしたときに、そこそこ荒波で揺れたので興味がありました。3mくらいの波なら、私の場合ときわ丸では気にならないのですが、酔ってはいている人もいましたね。たまに波がぶつかったときの衝撃は船旅になれていない人には、きついようです。まあこれだけ頑丈で大きな新造船で冬は荒波ばかりですからね。普通心配はしませんが。

ときわ丸やおけさ丸に比べて揺れやすいと言われるあかねですので、今回嫁もかなり緊張していましたが、トップの写真のように波がほとんどなかったので、快適に過ごしていました。しかし風の影響を受けるらしく、波の状態からは想像できないような大きめの揺れがありました。普通に座っていれば気にならないレベルですが。波は1m程度でしょうか?ビル上の長周期地震動の揺れのようなものが気持ちが悪い、という人には影響があったかもしれません。もう少し波がきついときに乗ってみたいのですが、運が良すぎて体験できていません。10月末でも天気が良ければ快適に船旅できる性能は、あかねは持っています。私も旅の疲れか、ついうとうと寝てしまいましたが、変に体が痛くなったりもしませんでした。快適な旅をありがとう!!あかねと佐渡汽船の皆様!!

佐渡汽船でポケモンGO!

佐渡汽船でポケモンGO!(写真はときわ丸にて)

携帯電波は、港に近い場合は問題ありませんが、ある程度出るときつくなります。昔はもっと飛んだような気がしますが。特にネットは厳しくなります。人気のポケモンGOもしばらくプレイできます。海の上を歩いて行きますね。新鮮!乗船の際は歩かずに座ったままでお試しあれ!!

10月末なのであかねの運航中に夕日が沈みます。運が良いと日没が見えます。船内アナウンスもありますので、日没タイミングで乗船中の場合はぜひ夕日を眺めて見てください。運良く水平線に沈むところを見ることができました。

佐渡汽船あかねからの日没

佐渡汽船あかねからの日没

船の揺れの感じ方は個人差が大きいです。乗らず嫌いはやめて、まずは波が少ないときに乗ってみることをお勧めします。カーフェリーの感覚からすると、かなり短時間で渡れるなと実感できます。今回、これだけ好条件なのに、乗船客が少なく寂しかったです。是非是非佐渡に渡るときは、直江津ー小木ルートもお忘れなく!!

北沢浮遊選鉱場跡

佐渡は名所がたくさんありますが、最近の話題は北沢浮遊選鉱場跡です。佐渡金山の関連施設でコンクリート部分のみが残っています。全天空カメラで撮影すると四周に迫力ある遺跡のように存在していることがわかります。戦前の建設でありながら昭和27年にも閉鎖されているうえ、非常に神秘的な景観から廃墟や遺跡のようにみえ、近年再注目されています。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

お休みが取れたので10月29、30日で佐渡島に行ってきました。いつもと異なり若干観光時間も取れたので、話題の北沢浮遊選鉱場跡に行ってきました。佐渡金山の関連施設で、遺跡マニアや廃墟マニアの間で話題になっています。昨年の世界遺産へ・・・のときにもクローズアップされ、最近はテレビでの露出も増えてご存じの方もいるかもしれません。

p1060878-small

北沢浮遊選鉱場跡

広い佐渡島でも北のほうの相川地区に位置し、金山からそれほど離れていません。関連施設ですからね。ただ巨大な施設なので上記の全天空カメラで撮影した写真で見てもわかるとおり、非常に広く迫力があり、日本離れしています。そのためラピュタやら、マチュピチュやら、いろいろ喩えられています。あくまで戦前の工場なのですが上屋が取り払われていてコンクリート部分だけが残り、蔦が絡まっているため、古代文明などのように見えてしまいます。

直径50mのシックナー

 

火力発電所

佐渡金山自体も非常に魅力的な観光スポットでしたが、近年更に整備されて見学しやすくなりました。オリジナル商品も増えていますし。そして周辺にもこの北沢浮遊選鉱場跡のような魅力的なスポットも数多く点在していて一日いても飽きません。佐渡って遠いな~と思っている方も是非是非見に行ってみてください!!