HOUSE-省エネ Ver4 12月発売へ

戸建て住宅の省エネルギー計算ソフト「HOUSE-省エネ」がバージョンアップします。あまり使っている人見ないけど、このソフトで申請だしている人いるのかな??通常この手のソフトは木造住宅に限られているのですが、SAVE-住宅という共同住宅向けのの省エネソフトを出していることもあり、RC造やS造も計算できるのは大きな強みですね。

さて、今回のバージョンアップの目玉は、HOUSE-DOCや3D Archi Designerからのデータインポート。マイホームデザイナーは平面は転送できたので、その対応ソフトが増えたということでしょうか?HOUSE-省エネは間取り入力自体はスムーズに入力できるわけで、部屋名のプロパティや部屋の高さもないHOUSE-DOCから転送する意味があるのかどうか?は疑問ですがね。

他には住宅版BELS、ZEH性能表示が搭載され、省エネ等級判定アシスト機能も搭載されます。必要な施策や該当箇所が表示されるので、より敷居が下がります。また計算前のデータチェック機能がようやく搭載されるそうです。リアルタイム・・・は名前負けしていましたが今度は如何に?

うれしいのは立面図の出力です。どのような形になるのかは別としてVer4にして必須図面だった立面図が搭載されるのはある意味感動的です。他にも機能アップされているようで、今後の有効活用が期待されます。

一ユーザーの私の意見ですが、設定がきちんとしていれば、省エネ設計に慣れていない人間が、どれくらいで低炭素やZEHに到達できるかを素早く判断できるわけで、非常に有用なソフトなのです。他社は計算書を出すことを目的としているので素早く判断したくてもすべて入力しなければならず、非常に面倒でした。その反面HOUSE-省エネは、計算書を細かく作成するときにこのソフトだけではうまく行かないという欠点も持っていました。少なくともCADで根拠図を作らなければならずそこが面倒でした。個人的には判断はWEBアプリかなにかがあれば、本当は事足りて、計算書をスムーズに作れる機能が欲しいです。今回のVer4でその希望が叶えられているか?期待して発売を待ちましょう。

達人診断 Ver1.2.2へ

木造耐震診断ソフトの達人診断が11/1にVer1.2.2に更新されました。いよいよ完成に近づいてきましたね。恐らく精密診断法1の正式バージョンを出したら建防協評価等を取得すると思われます。Ai法にも対応する予定のようです。意外と早く先行するメーカーに追いつきそうです。

何しろ本体価格が3万円で一年間使え、その後は1万円/年と非常にリーズナブルです。勝手に3強と呼んでいるソフト群と肩を並べるようになると、乗換も含め検討するユーザーも増えてくるかと思います。

MOKUZO.Designer 木造構造計算の新顔が株式会社構造ソフトより登場

春先にも予告がありましたが、正式発表になりましたね。MOKUZO.Designerは、木造構造計算ソフトで、4階建て以上の建築物の計算できる新製品です。また四号建物のN値計算、バランスの検討、仕様規定の検討に対応。もちろん混構造の木造部分にも対応しています。

基本的に新グレー本(2017年)準拠で、通り数は180通り。ルート2迄対応。傾斜フレームにも対応しています。

伏図、軸組図から入力出来、リアルタイムで3D表示できます。「かんたん入力」機能という、部材断面を定義せずにプログラムが準備した断面ですぐに入力が開始できるそうです。また一貫構造計算ソフトと同様にテキストエディタによる一括入力が可能で、RC・S造の一貫計算からの移行組は、非常に重宝しそうです。

面白いのは軸組図に金物の形状が表示されること。これはST1でも導入して欲しいと思っている機能ですが、公開画面を見る限り、山形プレートやCP-Lを描画しています。新型の金物など登録できるとよりリアリティが増すと思います。もっとも仕様では岡部の筋違い金物、カネシンの金物など登録してあるそうなので、どう描画されるのか?興味があります。

また四号建築の条件を自動で判断し、そのまま四号で計算したり、許容応力度計算に進んだりできるので、他のソフトと異なりわかりやすい計算フローだと思います。どうしても他社だと4号はオマケ的になっているので。普段4号を使いたまに構造計算という人には非常によい仕様だと思います。準拠する基規準、参考文献にに住木センターの「最初に学ぶ木造住宅の構造計画壁量計算・四分割法・N値計算・演習」が入っていることから期待できます。

初心者向けにわかりやすく作ってある印象はありますが、初めて構造計算ソフトを触る方は、敷居が高いと思います。そんな場合に構造ソフトは初期導入支援サービスを用意しています。

後発の利を活かして、わかりやすいユーザーインターフェイス、丁寧な作りでファンを増やしそうです。もちろん基礎の計算もできます。

価格は定価が324000円。このクラスにはHOUSE-ST1の牙城であり、そのまんまぶつけてきた感があります。キャンペーンで2月末まで259200円、他社ユーザーは216000円と思い切った価格で攻勢をかけるようです。最近、目立った機能アップがないものの、相変わらずシェアの高いKIZUKURIからの乗換も視野に入れているようです。出荷は12月下旬から。

サポートに関しては必須のようです。有料の年間サポート会員に入会しなければなりません。ただし12月末までに買えば一年間のサポート会員費は無料!!!となりますので、この機会をお見逃し無く!!年間サポート料金は28000円+税となります。

ホームページに仕様等載っていますが、公開されているデータだけみると、他社に追いつくのはまだ先のようです。また計算フローの図が垂木・母屋の計算が二重に出てきたり、まだまだ情報整理がこなれていないようです。ただ春先に正式発表では?と思われていただけに、開発の遅れと言うより基本部分をしっかり作り込んでいる感じがします。他社がユーザーの声を反映せず会社本位の開発が目に余る時代になってきましたので逆転のチャンスは十分にあります。なにせ告示1100号の変更で耐力壁の仕様が加わったにも拘わらず、未だ追加しない、今さら追加するソフトが多い状態ですからね。価格帯から初めての木造構造計算ソフト、という感じもしますが、HOUSE-ST1やSTRDESIGN、その他ソフトからの乗換にも良いと思います。

HOUSE-ST1 Ver7.5.0.9

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1がアップデートされました。

軽微なバグフィックスです。

最近、手軽に使える木造四号建物の計算ソフトないかな~と相談を受けることが増えています。確かに市販のものは手軽さがないですし、実用性が低いのも確か。高機能なものは高いですし。おそらく木造の意匠設計者と構造計算ソフト会社の接点が少ないからかと。同じ事は木造住宅の省エネ計算ソフトにも言えています。今までその層はJWWなどフリーソフトでまかなえてきていましたし、いろいろ創意工夫してきましたが、その層が低年齢化してきて、どうしていいのか?わからないのでしょうね。昔のNifty-Serveなどの文化ってそういう意味では非常に貴重でした。フリーソフトの作者が高齢化したうえ、主戦場がスマホに移ってしまって久しいので、今後も改善されるとは思えません。設計事務所開設の敷居がどんどん上がってしまうのではないか?と危惧しています。

 

i-ARM Ver2.0.0.3

昨日公開されています。機能の充実に重きを置いています。SKPのエクスポート機能が実装されたほか、複数追加されています。

昨日、構造計算ソフトを購入検討している方に、構造の記号などもう少し丁寧に表記して欲しい、と要望がありました。これ以上どうやって??と思うのですが、確かに毎日でも構造をやっていない限り、この記号なんだっけ??ということはよくあります。そういった所はCADでもBIMでもありますね。ヘルプ起動もいいですけど、そのレベルのことはユーザーインターフェイスで何とかしたいところですね。というわけで、新開発の鉄骨階段のプログラムは各記号の説明を入れてみました。まあ自分のためでもあるのですが・・・。

CLTの構造計算ソフト、ルート3も登場

昨日、他の構造計算ソフト会社の営業さんから、こんなソフト出たんだよ~と情報が。

【建築業界初!】CLTに特化した構造計算ソフトを開発!

CLTの構造計算ソフトといえば、東京デンコーがルート1のものを出したのが記憶に新しい。ルート1じゃね・・・という落胆した設計者は多かったはず。もっとも最初に出してきたことに感謝ですが・・・。

しかし、今回ライフデザイン・カバヤ株式会社が開発した物は、グラフィカルなユーザーインターフェイス、ルート3まで計算できるという画期的な物だ。更に(財)日本建築センターの工法評定も取得したそうです。ルート1に比べて、設計が柔軟で、壁量を減らせるメリットがあり、CLTの普及が望めそうですね。

日本CLT技術研究所のホームページにあるものとほぼ同じに見えることから(まあ、カバヤが運営しているから当たり前ですが)、相当準備をして開発されたものと思えます。ルート3の解析は、今までMidasなどを使って非常に大変なものだったので、どうやって短期間で開発したのか?興味があります。また一般販売をするのかどうか?も気になりますね。

auガラホSIM、11月から他のスマートフォンで動かなくなる模様  その2

auからは、法人は電話で、法人・個人問わずメールでも連絡が行っているようです。こちらにはしつこく4回くらいかかってきました。まあ周知徹底ということでしょうか?勝手に突然・・・と言われたくないというのはあるんでしょうけど、インフラですからね。昨日まで使えて急に・・・になったら確かに大変です。個人的にはもう少し猶予期間が長くてもいいのかな、とか自動で課金が増える制度にするとか(これはこれで批判が出そう)も考えてくれて良かったのでは?とも思います。

まあいろんな人がいるんで、対応は難しいとは思うのですが、携帯電話は既に固定電話よりも大切なインフラになっているわけで、そのことを自覚してわかりやすい値段設定やルールを敷いて欲しいところです。どこかの政治家みたいに値段下げろ、というわけでなく、わかりやすくして欲しいものです。わけのわからない割引システムで複雑すぎるわけで・・・。

auもガラホは秋冬にINFOBAR xvのみ。LINEや+メッセージに対応しているものの、デザインは誰でも持てるものではありません。ガラホプランを維持したいユーザーを放置するのではなく、継続して欲しい。昨年の冬は2機種出ていたはず。AQUOS KとGRATINA。まあ売れていないから後継機を投入しないんでしょうね。ドコモが先進的なガラケーと保守的なものを出してきたのとは正反対の対応で興味深いです。

ケミテックのUV-LEDレジン液と水溶性UVレジン液(クラフトアレンジ)

同じ府中市内でしかも会社はご近所さんのケミテックさんから、新しいレジン液が発売になりました。なまあずショップ楽天市場店となまあずショップ(店頭)にて販売を開始しているようです。

ケミテックのレジン液といえば、低価格大容量!で人気がありましたが、ネット上では、

・匂いがきつい
・手荒れやアレルギーになる??かも??
・気泡が取りにくい

などとマイナスのイメージも散見されるものの、安価なだけでなく、仕上がりが比較的綺麗でボトルも扱いやすいので、なまあずショップのイベントでも毎年たくさん利用してきました。心配された匂いや手荒れなどもまったく発生しておらず、換気を十分に行っているせいか、匂いもあまり気になりません。まあ私の場合建築現場の匂い等で慣れているのかもしれませんが(汗)。

さて、そんなマイナスのイメージもあってか、新製品が発売されました。まずは後継機と目されるUV-LEDレジン液(クラフトアレンジハード ハイブリッド クリア65g)

 

実は、従来の青ボトルのレジン液もハイブリッドで、UVだけでなくLEDでも硬化できました。硬化時間の関係上UVで運用していた方が多かったと思います。新製品は、LED(9W)用的な硬化時間(30秒から60秒)となっており、UVランプ(36Wの2分)より大幅に短くなっております。電力が少ないだけでなくコンパクトなLEDライト(レジン用)は運用しやすいのでそれだけでもメリットは高そうです。
肝心の匂いは、メーカーは軽減していると(低臭気・低刺激)といっていますがやはりレジンですから取り扱いには注意したほうがいいでしょう。以前の匂いとは違っています。慣れたせいか??新しい方の匂いが気になります・・・。仕上がりも透明度が高く、この価格帯では満足です。機能性がアップして比較的価格は抑えられていますのでお勧めです。

 

 

もう一つの新製品は、水溶性のUVレジンです。こちらはLED非対応です。こちらは若干高めです。しかしそれには理由があり、水溶性!!なのです。水溶性なので子どもでも比較的安心安全に利用できます。なにしろ水で洗えますから。もちろんレジンだから飲めるものではありませんし、できるだけ肌につけないこと必要です。低臭気低刺激ですが、匂いもしますので、マスク着用のほうがいいです。しかし通常のレジンに比べ安全度は高いので、イベントなどの利用に適しています。しっかり固まれば綺麗ですが、硬化速度は遅いので、しっかりUVランプを当てましょう。

なまあずショップでの、実験風景。LEDはパジコのもの。なんとモバイルバッテリーで駆動します。iPad向けの大容量ならイベント時でも安心して使えます。

UV-LEDタイプは、LEDランプが手軽ですね。時間も短くランプも小さいです。室内の通常のLEDでは波長が違うのでうまく固まらないです。専用のものを使いましょう。

きれいに固まります。旧に比べてUV-LEDは若干固まるのが遅いのか?べたつきます。もっともまだそんなに使っていないので何かコツがあるのかもしれません。水溶性はやっぱり安心ですね。時間がかかるとはいえ、やっぱり体に優しい物を使いたいものです。特に子ども向けのイベントではそう思います。

ちなみに今回実験したレジンです。清原や星の雫は高額ですが、それだけのことはありますね。特にLEDで30秒でカチッと固まるところなどは正直感動です。ケミテックのUV-LEDはそれより確実に長い時間がかかりますが、UVよりは短いです。意外と仕上がりは違ってくるので、価格やネットの評判だけでなく、自分の目で確認したほうが良いと思います。そんなわけで・・・

 

 

お得な3種類セットも用意したそうです。限定数量が終わり次第終了ですので、気になる方はお早めに!!

このテストの様子は、たぶんなまあずショップの店長が後日アップしてくれるはずです。お楽しみに??

DocuWorks9

社内のパソコンの調子は悪くないのに、DocuWorks8の調子が悪い。恐らくWindows10との相性があまり良くないのか?アップデートのせいなのか??わかりません・・・。なので、思い切ってDocuWorks9に変えてみることに。

8のアンインストールは必要ですが、9は2ヶ月ほど無料で使えるのでまずは試してみてからをお勧めします。

まず動作がキビキビ。これは使い込んだ8とは比較にならないかもしれませんが、良い感じです見た目が洗練された?のか?同じソフトとは思えないほどアイコンが違います。ここまでするなら、もうリボンメニューにすれば??と思います。

正直機能的にはあまり変わっていないのでアップしていない人も多いと思いますが、安定性が高いです。またPDFの変換が安定しています!!しかも早いです。あと一部のソフトとのドラックアンドドロップの問題も今のところ回避できています。

今の環境で落ち着いているならお勧めしませんが、旧バージョンになったDocuWorksの挙動が変だな?と思う方は思いきってバージョンアップして見ると良いと思います。

ドコモからも「カードケータイ」

nichephoneがヒットしたこともあり、キャリアも動くかな~と思っていたら、意外にもドコモが早かったです。しかも京セラ製で、電子ペーパー!!と意欲的な端末です。厚さ5.3mm、重量47mmで4G LTE対応携帯電話としては世界最薄最軽量としています。価格は3万2000円程度とそこそこ高いです。この軽量さでバッテリーは380mAhとかなり小さめ連続待ち受け100時間、連続通話110分です。まあ十分といえば十分です。

この手の端末は通話専用!!という場合が多いのですが、電子ペーパーでモノクロという制限はあるものの、タッチ操作にも対応しています。そして簡易的なブラウザも搭載しているのでWEBも見ることが出来ます。メールはSMSだけですが、ブラウザが使えると言うことはブラウザメールは見ることができるようです。キャリアメールが読めるといいのですが。

この大きさで防滴性能を確保。まあお守り程度の効果とは思いますがちょっと安心感があります。

ドコモケータイに分類され、LTE対応携帯電話向けのカケホーダイプランやシンプルプランなどで利用できるようです。なのでガラケーの置き換えということになりそうです。

屋外で見やすい電子ペーパーなので、現場などでも良いかもしれません。