地下室付木造2階建ての住宅の増築にて

私のところには変な建物の増築などのお話しが舞い込むことが多いのですが、備忘録を兼ねて。木造2階建ての増改築はルールが整備されてきたこともありだいぶやりやすくなりました。しかし4号特例を使わない建物、つまり3号以上は今でも難しいです。

特に地下室付きの木造2階建ては昔は、木造部分は普通に4号のように下りていたので、相談を受けた設計者やリフォーム会社は安易に受けてしまうのですが、3号に該当するため、非常に難解になります。

EXP.Jで区切らない増築で考えた場合、木造部分も構造計算が必要になります。確かに今現在の木造2階建て地下1階の場合、平凡な木造2階建てであっても木造部分は許容応力度等計算が必要になってきます。新築でもこのルールを知らなくて年間数棟飛び込みで相談があります(爆)。

なので増改築の場合、元々構造計算されていない木造部分(場合によっては壁量計算すら怪しい)を、分解して梁などのメンバーを洗い出してから、壁・床の設計を行い、金物を決定する構造計算を行うことが必要なようです。当然構造図も新築並に必要になります。基礎のアンカーボルトなどは当然不足しているし、ホールダウンアンカーすらない建物もありますから、基礎とアンカーは苦労しそうです。

そして更に地下室の扱い。地下室自体を触らない場合で、荷重も変更がなければ、コンクリート部分が図面と整合しているか確認・・・言うのは簡単ですが、コンクリートの内部の鉄筋などわかるわけありません。コンクリート強度はコア抜きで大丈夫だと思うのですが。以外と手間がかかります。これが地下室にかかる荷重が変わったり、地下室も増改築するとなると・・・手に負えません。

果たして、上記の解釈が合っているか?は別としても、なかなか面倒なことになりそうです。耐震診断ルートでの増改築を認めてくれないと(今回は難しそう)無理ですねえ。この案件も今後どうなることやら。

なんとなく4号用のルール+地下室の安全確認で本当は大丈夫な気がします。新築でも。なんか今のルールは過剰なような(あくまで新築の話です)。大きな案件はともかく地元レベルの小さな仕事の難易度がここ10年で飛躍的に上がってきたような気がします。これでは独立したい建築士は更に減るでしょうし、簡単な仕事しかしなくなってしまうだろうな~、困るだろうな~と感じます。

今年の自分の花粉症計画2019

さて、そろそろ考えなければならない花粉症対策。

昨年は前半はほぼ完璧に抑えられましたが、その反動なのか?3月下旬から4月が非常にむごい状態になりました。油断大敵です。

今年は、前半は薬は少なめでいきたいのですが、既に鼻炎気味なので中旬よりアレルビを投入することに決めました。昨年効果があったマヌカハニーは少なめに、甜茶とジャバラ系を組み合わせて前半は乗り切ることにしました。

 

というのも、後半マヌカハニーがまったくといっていいほど効果がなくなりました。やはり同じ物では限度があるのだと思います。そこである程度効果が実証されているものをローテーションしながら挑んでいきたいと思います。

鼻マスクは昨年相性が良かったノーズマスクピットに。フィルターの厚みがあり、洗って再利用出来ます。洗って・・・はポイントになりにくいのですが、効果があることを優先しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーズマスクピット スーパー(9コ入)
価格:1419円(税込、送料別) (2019/1/15時点)

楽天で購入

 

 

とりあえず3月上旬まで症状を抑えていきたいです。今年も飛散が多いようなので、こころしてかかります。

助成金などお得な制度を使う前に考えて欲しいこと

うまい話には裏がある。裏がないものなんてないはず。少なくとも私はそう思っていきています。もちろん自分にとってメリットだけ、という話もありますが、良く考えずに飛びつくと・・・。

今回某社長の1億円企画。私はあまり知らない方&企業(注:アパレルに詳しく無いだけです)なのですが、個人的には非常にすごいことをやったな、と思います。お金があってもなかなかできるものではありません。これに飛びついた人も別に問題ありません。あとの祭りという言葉もあります。祭りには参加したほうが楽しいに決まっています。

しかしTwitterには、リツイートであっても友達に知られてしまうというデメリットがあるのも事実。今回の祭りを恥ずかしいと思う人はそれほどいないと思いますが、リツイートを知られて嫌だな、と思う人もいるはずです。誰に知られたか?がわからないところが辛いですね。今回、偽物が多数出たことはニュース等で知っていると思いますが、私の知り合いでそこそこ立場がある人が、その偽物をリツイートしていました。それが流れてくるんですね。テレビにも出ている方ですから、これに騙されてそのフォロワーまで騙される危険性もありました。また、ああ騙されたんだ~と思われてしまうかもしれません。

最近のネットは個人情報を隠そうと思っても隠しきれるものではないです。意外なところから・・・怖いですね。私もたまにあるので自戒を込めて。

さて、今回のテーマは助成金。助成金がどうしても欲しい!!!みたいな方、多いと思いませんか?建築設計をやっていると助成金がらみの仕事って意外と多いので気になります。もちろん助成金を悪というわけではありません。助成金につられて本来の目的を見失わなければいいな、と思うだけです。

例えば、耐震助成。耐震診断や補強工事に助成金が出る行政は多いです。しかし意外と手続きが面倒で、手続きをやっている設計事務所に支払う金額も馬鹿になりません。これは「きちんとした診断・補強はある程度高い。だからある程度の補助金を出すんだよ」ということを理解していないと、利権だ、設計事務所がぼったくっている、助成金の意味がない、などと騒ぎ出すことになります。

エコポイントなども、得した気分で必要のない工事をやってしまうことが多いように感じます。リフォーム屋さんなど施工業者は当然営業ツールとしてそれらを使います。なのでエコポイントの使える工事だけ勧めるなんて善人はいません。エコポイントなどに釣られて高い買い物をしてしまうこともあります。

今年は消費増税後に新築・リフォームにポイント制度が始まります。消費税8%で駆け込みでやってしまうのが得か?ポイント制度が始まってからやるのが得か?考える前に、その工事が本当に必要か?考える必要がありますね。それらを相談できるところがあまりないのが気になります。できれば、設計事務所が行いたいところですが、それだけの余裕があるところは少ないですしね。建築士会や建築士事務所協会などで窓口を作ったらいかがでしょうか??国もそういうところに助成すべきだと思うのですが。なかなか利権などからんで難しいと思いますが・・・。

そんなわけで自己責任の世界ですから、まずは自分でじっくり考えましょう。その前にきちんとした情報を集めましょう。テレビなどの情報を鵜呑みにするのではなく、最後は自分で考えましょう。他人が得であっても自分には損・・・ということもありますよ・・・。

箱根駅伝(往路)しろなまず的感想

あっという間でしたね。今年は親族が午前中に集まり、ほとんどすべて見ることが出来ました。天候も良く、コンディションが良かったんでしょうね。予想外に好記録が続出しました。特に山(5区)は凄かったので、山登りのコツをどの学校も熟知して対策を講じたのとコンディションが良いのが重なったのでしょう。

気になった学校別にざっくりまとめると・・・

東洋大の往路優勝は大方の予想通り。一区西山君の区間賞も負けたら「もう少し離せたやろ」と言われそう。でも一年生から2年連続の区間賞!素直に喜びましょう。大きなリード持って復路に行けるが、意外と綱渡り状態だったような。1人1人が少しずつ良い仕事をしましたがリードは4区相沢君のおかげ。明日は追いかけられるので昨年みたいにならないように総合優勝目指してがんばって欲しいところです。

2位東海大は、長距離にうまく適合しようと頑張ってきた成果が今季になって出てきたご褒美のよう。前半なかなか順位を上げられなくても粘って崩れないでいた結果、4区、5区で2位に。しかも東洋との差を詰め、一番士気が上がった大学になったでしょう。

3位は國學院。1区以外はずっと一桁順位をキープ。5区浦野君の脅威的な区間新が目立つが、そこまでうまく繋いだおかげ。ごぼう抜きした他大でも低迷順位があることからもわかりますね。この流れで復路は安心して、シード確定、上位キープを目指せます。タイム差を考えると甘い展開は予想できませんが。予選会から勝ち上がって何処まで行けるか?楽しみです。

4位駒澤大。良い選手をそれなりに揃えても順位に恵まれない近年。予選会から勝ち上がってこの順位は手応えがあったのではないでしょうか?手堅く流れをつかみ復活して欲しいところです。今回のタスキリレーミスなど古豪復活にはほど遠いミスがありましたので、結果を出すしかないでしょう。

5位法政大。1区佐藤君の快走が続かないのが法政らしい。それでもなんとか踏みとどまり、頼りになる5区青木君に繋いだのは立派。やっぱり後ろが安心だとチームに粘りが出ます。その青木君は周りの快走で区間新ながら、区間3位。言ってくれればもっと早く走ったのに・・・と思ったかもしれないが、二桁順位からのジャンプアップで、私は往路MVPを差し上げたい。2区板東君も目立ちました(身長も)。ダークホース的な存在から脱却する為に、明日は3位以内を目指してがんばって欲しいです。

青学はそろそろ駄目な回もあるかな、と周囲に思われながらも頑張りました。5連覇がかかっていますしね。プレッシャーもあると思います。小さなほころびを王者らしくカバーしていきましたが、山で力尽きましたね。といっても竹石君の下りになったら速いんだぞ、と示せましたし、あまり調子が良さそうじゃない森田君をエントリーさせ快走させたのは青学らしいなと感じました。明日はすべてを投入してこのタイム差を追いついてやる、という気迫で臨んで欲しいと思います。

順天堂は一区がすべて。誰がエントリーしても嫌な予感はしたんですが(汗)。大エースを抱えるチームの一区って遅れること多いような気がしませんか?今回も日大とか・・・。その分ごぼう抜きという箱根名物は見られるのですが。塩尻君は見事でした。2区日本人ランナーの記録を更新したとか。必死さがあまり見えないスタイルですが、今回唯一のオリンピアンの意地を見せました。5区山田君も予想以上に走ってくれて順位を押し上げました。明日はすぐ前があのランナーなはずなので、ついていこうとせずに、すぐ後ろと一緒に・・・の気分でいってほしいものです。大崩れ要注意です。もう挽回してくれるランナーはいない(と思う)ですが、上位陣の大学も安泰の顔ぶれではないので、我慢のレースで上位進出へ!!

早稲田は大方の予想通り。シードだったことを忘れそれ以上でもそれ以下でもないので気落ちせずに明日に挑んで欲しい。この順位でしかも後続はすぐに一斉スタート。意外に位置がいいので、後のことは考えず堂々とシードを狙いに行って欲しい。タイム差からいっても、誰も責めないし、誰も笑わないから。一区で手応えを掴んだろう中谷君、4区で粘った千明君など一年生が育てば来年以降楽しみなチームになります。まずは今年1つでも上の順位でゴールしてほしいものです。

全体的に各大学のレベルが青学一強から、均一化された戦国時代に突入したと思うほど、好記録がでました。古豪は全体的に苦戦しましたが、各校時代に合わせたトレーニングや戦略を採り入れて切磋琢磨していて非常に期待できます。そんなわけで明日も楽しみ・・・ですがたぶん見られません。ココロの中で応援しております♪

 

箱根駅伝展望

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

さて、31日は仕事でしたが、1日はゆっくり過ごせました。昨年はインフルエンザで安静でしたからね。今年は将棋番組を見てすごしました。

そして2日。箱根駅伝です。東京オリンピックを控え、箱根OBの活躍が期待でき、箱根OBは大成しない、などというジンクスを振り払いそうです。まあジンクスはジンクスで、そもそも日本の陸上はそれほど強いわけではないので、そんな勝手な考えを信じず、今を頑張ってほしいものです。

今年の予想は5連覇、3冠を狙う青山学院が手堅いように見えますが、優勝した全日本などを見ていても、なんだかな~という空気が見て取れました。他大学も戦力が揃っているところはありますので、どんどん仕掛けて脅かしてほしいです。

母校は、昨年は箱根で例の幸運で、思いがけない結果となりましたが、昨年の出雲などの結果を見る限り、シード校としての顔ではなく、残念ながら順当だったと思います。戦力ダウンが予想通りになったわけで、悲観することはありません。今回、期待できない事前オーダーも、メンバー変更で闘う雰囲気になりました。中谷などが頑張って3区まで我慢すれば良い結果が望めると思います。

期待は、法政大と順天堂大。法政は往路やるき満々ですが、復路も悪くないので、地味ながら上が崩れれば楽しいメンバーです。順天堂はどうしても塩尻だけが注目されますが、他のメンバーも全日本で悪いところすべて出したので期待です(おい)。箱根経験者が多いのも強みです。

もちろん3強といわれる、東海大学と東洋大学も強いでしょう。なんか青学を意識しすぎているように見えるのが気になりますが。まあ気にしないと思うことが無理な青学の陣容ですからね(笑)。

私は子供の頃、箱根駅伝で好きになった大学を受験校として選び受験・入学したので大学イメージとしても大事ですね。そして今でもその2校を軸に応援しています。スポーツって不思議ですね。

すべての選手が力を尽くし、悔いの無いように頑張ってほしいものです。

i-ARMの斜線検討機能

i-ARMは国産ということだけでなく、建築ピボットの過去のソフトウェア資産を惜しみなく投入している為、法チェックや解析機能がたくさん搭載されています。

計画段階では設計ボリュームを出すのが手軽なのがウリです。敷地、道路や斜線条件を入れれば簡単にボリューム計算してくれます。熟練の建築士ならわけなく出せると思うのですが、チェックも兼ねて実行するのはいいと思います。本来なら高層マンションなどで使う機能だと思うのですが、普通に住宅設計でも便利です。

出力された図はDRAやJWWの図面として出力できるので、CADに戻って検討できます。天空率も同様です。今回年末時間がないなか、1物件解析してみたのですが、非常に楽でした。角地だったので天空率も・・・と思ったのですが、残念ながらあまり効果がないこともわかりました。普通は天空率を計算して・・・という無駄な検討が必要なのですが、ワンタッチである程度わかるので無駄をしなくて済みますね。アクソメなどはCAD出力できます。DRAだけでなく3DのDWGで出力出来るので、他ソフトでも大丈夫です。FormZ Freeで試してみましたが、きちんと読み込めました。

FormZ Freeにて。もちろんDRA-CAD(通常版)でも読み込めるはずです。

例によって、モデルに落書きできるので(寸法とか文字とか)、いろいろ便利です。

個人住宅系の意匠設計者に売るには、もう少しUI含め検討の余地があると思います。雨樋なども含めた手軽なモデル化手法が確立できれば、本当に楽になりそうです。手軽で設定しやすいのは非常に良いですね。

メーカーももう少し、何ができるよ、とかサンプルを多く出してアピールすべきです。はっきり言ってカタログでは何もわかりませんし、試用版でも初めは何するか?わかりませんからね。チュートリアルもモデル入力と解析と表作成ですから、こういった法検討などは説明がないですから・・・。そろそろ丁寧にアピールしていくことが重要だと思います。

i-ARM Ver2で耐震リフォーム図面

3Dで気軽に間取り、パースを描くのは3Dマイホームデザイナーのようなソフト、モデリングで簡単に作るのはSketchUpのような3Dソフトがあります。しかし実務で小さい建物の指示図面などを作れる気軽な3D建築ソフトって皆無でした。意外にもDRA-CADの通常版は3Dはできますが、どちらかというと建築パース作成を重視しており、建築的手法で作成するのはいいのですが、意外と使いにくかったです。

では同社のi-ARMはどうか?本来はBIMとして開発を始めたが紆余曲折して法検討ソフトになってきました。そのためユーザーからは何のソフトなんだ、とわかりにくくなっています。事実あまり売れていないです。

では、当初のような本格BIMでなく、次に目指したシンプルBIMとしてのモデリング機能は??と思い、最新のVer2を試用しました。

建築系のBIMから起因しているので、階の区別、高さの設定なども出来るので、建築的には使いやすいです。部屋を入れて・・・の手法もわかりやすいです。耐震リフォームに使えるのは、柱や梁や土台を入れる必要がありますが、非常に短時間で入力出来ます。特筆すべきは3Dで文字を簡単に入力できること。方向が変わってもメモや寸法は見やすく回転するので、便利です。もっとも固定できる機能も欲しいです。

簡単に構造用合板の施工を書いてみました。面上に文字を入れられるので、仕様や金物を簡単に入れられます。また寸法も3Dで入れられるので便利です。これは平面図とはリンクしていないので、指示書として分けられるのがいいですね。

ちなみに回転して裏から見ても、こんな感じで読めるのです!!角度を変えてもある程度追従してくれるのは便利ですね!!

こういった機能を使うと、簡単に施工スケッチが描けますし、納まり検討も簡単にできます。HOUSE-DOCHOUSE-ST1から簡単に部材を転送できるといいのですが。

立面などでも、このように記載ができますので、2Dよりよっぽど楽ですね。作図品質よりもスピーディーに指示書を作れるのがいいですね。

軽快な操作感はVer1に比べ若干落ちました。入力はいいのですが、プロパティがらみが落ちていますね。それでも他社に比べれば明らかに軽快。なんとなくですが、SketchUPの建築版と考えて、気軽にこのような3Dメモが描けるソフトとして、この部分だけを独立して安価にリリースするのも手かもしれません。

基本部分を分離して、検討機能をそれぞれオプションとして追加できると面白いかもしれません。これなら省エネ、構造を加えたりも楽ですからね。恐らく構造設計でも構造スケッチに使えますが、その方々は現在付いている法規や検討ツールはまったく不要となります。またそれらも古くからのツールの転用に近い形で実装されているので、あまり使い勝手が良くないのも事実です(他社に比べるものがないので、あまり気になりませんが)。

構造システム・建築ピボットはたくさんのソフトウェアのラインナップを持っている割に、あまり連携ができていないのも事実。そのためのハブツールになるんじゃないかな?と思ってi-ARMを期待していましたが、その方向は見えているものの、うまくいっているとは言いがたいです。

モデリングを中心に試用を続けていこうと思います。

今年を振り返る 10大ニュース しろなまず個人編

仕事納め。社会人になってから過去でも1,2を争うほど様々なことにチャレンジした年でした。また年始をインフルエンザでスロースタートし、3月4月に体調を崩しました。ついでに酒弱くなり、どうしたものか~と思いましたが、夏以降体調が回復し、12月には飲酒量が元に戻りました(汗)。そんな1年を簡単に振り返ります。

10位 ゴルフ どんどんスコアが悪くなる・・・

内容的にはパーやチップインがあったり、ドライバーが好調だったりと良い部分もあったのですが、如何せんフェアウェイでアイアンが駄目駄目だとこうなりますね・・・。来春リベンジです。

9位 体調不良から復活

1月のインフルエンザ、3月急に酒が飲めなくなる、4月の謎の体調不良など前半は散々でしたが、猛暑を期に復活。12月には酒もある程度飲めるように戻りました。12月は過去最高の忘年会出席を果たしました。まあ酒量は抑えていこうと思いますが。ジムにも通い出しました。来年は1年健康で過ごせますように。

8位 お世話になった方々の死

昔からお世話になっていた方の急死、病死の知らせが多かった年でした。ちょっと前に元気に酒を飲んでいたのに・・・という方もいて絶句しました。父の三回忌が終わり落ち着いてきたところでしたが・・・。お悔やみ申し上げます。

7位 過去最多の忘年会

もうカウントしていません。昨日が最終です。飲めなかった期間が長かったんで意外な結果です。本当に出会いも多い年でした。人と話すことが多い年で、振る舞い方もちょっと変わったかな。来年も良い出会いがありますように。

6位 いろんなグッズを作る

図書カード、トートバッグ、缶バッチ、名刺、広告、ノート、マンガ、キーホルダー、ストラップ、スタンプ、スタンプラリーのスタンプ、冊子、youtube動画、アニメーション、などいろいろなグッズを作りました。もうだいたい何でも作れる気がします(汗)。

5位 たくさんのイベントに参加・お手伝い

主に東京都建築士事務所協会・青年部会系が多いのですが、商工会議所や他団体のものも多かったです。久々にたくさんの経験を積めたような気がします。出会った方の数も段違いで、名刺の整理に苦労するほど。この経験・出会いを大切に来年に挑もうと思います。

4位 仕事の幅、広がる

独立者・転職者が相次ぎ、ただでさえ若いメンバーだった事務所も更に・・・。そして自分が仕事をする比率が高まる。そんななか、試行錯誤を繰り返しましたが、そもそも自分ができない仕事はできないわけで、できるものをどう受注するか?が課題となりました。インスペクション、木造新築・リフォームの構造監理、意匠設計など、構造設計でも新しい技術を身につけたり、ソフトウェアの開発、教材の開発なども。うまく適合しそうなものを来年続けていこうと思います。

3位 漫画・小説発行♪

今年は激しく忙しかったのですが、2月に小説発行、8月より「なまずくの耐震事件簿」連載(新宇野先生と共著)、11月より「ST1に恋して」を連載開始しました。漫画のネームもたくさん書いたし。例年継続できるか?わかりませんが、頑張って書いていこうと思います。

2位 後藤 構造一級合格

事務所OBの後藤が、構造設計一級建築士合格しました。若手の合格は嬉しいですね。青森で活躍していますが、今後も一層活躍してくれそうです。頑張ってください!!

1位 将棋はまる

本当にはまりましたね。春先から。abemaTVなどで将棋番組を見たり、将棋ウォーズデビューしたり。将棋会館デビューもしましたね。初段を目指してトレーニングしています。将棋の漫画もいろいろ読んだり・・・。来年は絶対に初段になります!!

今年は、ランキングには入っていないが衝撃的なこと、大事なこと、苦しいこと、楽しいこといっぱいありました。年末年始、皆様も一年を振り返ってみてください。そして来年の目標を立ててみませんか?

なぜか12月末にDRA-CADが売れる謎?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRA-CAD17 LE (新規・キャンペーン適用)2018年11月中旬発売予定!!
価格:83106円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)

楽天で購入

 

 

ショップをやっていると、いつどんな商品が売れそうか?ということがある程度予測できます。例えばクリスマス商品は11月が売れ~とか。建築関連ソフトはそんなことないでしょう?と思うかもしれませんが、

・新発売
・キャンペーン終了間近
・雑誌やネットで取り上げられたとき

です。この3つのときにまったく売れないソフトは、完全に終わっている・・・と判断されます。

それ以外でわからない波があるのが、8月初旬と12月下旬。両者に共通するのが長期休暇が取れる(取っているかは謎)前ということ。恐らく休み中に練習して・・・ということだと思います。

ただ、それだったら売れるソフトが予測できそうなものですが、実は毎回バラバラです。特に法則性はないような気がします。昨年と今年のみDRA-CAD、それもLEの波でした。今季に限ればDRA-CADフルバージョンのほうが好調で、LEは正直「う~ん」という感じでした。これも謎でしたが(爆)。そして年末のこのLEの波(笑)。本当にわかりません。

近年のDRA-CADは余計な機能以外の部分の充実がめざましく、旧来のDRA-CADユーザーだけでなく、新規の方でも使いやすく仕上がっています。なので昔のユーザーと操作の仕方が全く違って、同じCADをいじっているように見えないのですが(汗)。それだけ操作に幅があり、気に入った使い方ができるのです。でも集中して売れるような商品ではない・・・と思うのですがねえ。なまあずショップでは今年、長年売れに売れ続けたHOUSE-ST1に変わり、DRA-CADが売れ筋に変わっている状態のお話しですが・・・。

某ショップでは、Ver12から非常に売れ行きが良くなり、Ver14で一時落ち込んだ以外はコンスタントに売れており、特にDRA-CAD16とLEは本当に売れまくりました。17は発売されたばかりですが、16に比べれば劣るが、例年並みには売れています。正直16ってそこまで売れた理由は謎なのですが(もちろん良いバージョンです)、17って追加機能の訴求力が高いんだから、16並に売れるのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRA-CAD17(新規)2018年11月新発売キャンペーン
価格:166212円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)

楽天で購入

 

 

HOUSE-ST1 Ver7.5.1.0

年末のアップデートお疲れ様です。HOUSE-ST1が12/25にアップデートされました。

主に軽微な不具合の修正ですが、WOOD-STへの転送に改良が加えられ、マニュアルなども更新されたようです。あまりHOUSE-ST1から転送する人はいないでしょうけど、両方持っている人(=私?)には重要なことかもしれません。私は一から入力してしまう方が好きですが・・・。