ラジオフチューズをgoogle ホームミニで聞く

思ったより大活躍しているGoogle ホームミニ。会社のラジオは建物の内部奥にあるので電波状態が悪いのですが、Googleホームミニは、WifiでRadikoが使えるので、「OK Google、TBSラジオかけて」といえばTBSラジオが流れてくれます。もちろんチャンネルを変えることもOKです。

こうなると地域のFMなども聞いてみたい!と思うのですが、ラジオフチューズは当然のことながらRadikoでは聞けません・・・

聞けるのはListenRadioアプリを使って・・・ということになります。多少強引ではありますが、聞く方法を見つけました。

まず使っていないAndroid端末にホームアプリとListenRadioアプリをインストールします。次にホームアプリでAndroidの画面をキャストします。本来ならテレビなどに使う機能ですが、音声とスピーカーでも使えます。そのあとListenRadioでラジオフチューズを再生させればGoogle ホームミニからラジオフチューズが流れます。

注意しなければならないのは、Android端末で流しているのでバッテリーは通常Android端末で聞いているのとあまり変わらない消費をしてしまうこと。使わないAndroid端末で・・・といったのはそのためです。充電しながら・・・という方法を使うか?満充電になったら使って・・・とか工夫が必要です。これならAndroid端末で直接聞けば!と思うかもしれませんがminiであってもスマホのスピーカーよりマシな場合があります。

もう一点注意はRadikoに比べて音量が小さい傾向なので、ラジオフチューズからTBSラジオに戻ると音量が大きすぎるのです。

ついにVH-80を購入!!想像以上に凄い!!

以前も紹介したかもしれない、レーザー距離計VH-80。Makuakeのクラウドファンディングで488名の支援を受け、目標金額の1255%!!を達成して話題になりました。

レーザー距離計といえば、BOSCHとか有名ですが、これもそれらと原理的に同じです。ではなぜここまで達成できたか?それは

「両端にレーザーを取り付けた」

ことです。両端にレーザーがあるので、壁や床に距離計をくっつけずに済むのです。これは想像以上に快適です。ただし軸が斜めになったりして正確に測れない危険も潜んでいます。その点でもVH-80は1つの解決策を講じており、水平器を2つつけて、平行を保ちやすくしています。

40㎝間隔を測っているところ。両端の箱に赤いレーザーが照射されているのがわかると思います。

測定時間は他社のものと同じく短時間です。短距離は苦手のはずですが、誤差はわずかです。

実は、スペックは平凡で距離も40mなのですが、両端を活かせば最大80mも可能です。

単純な40mものだと、昼間の木造二階建ての軒高測定は意外と苦労するのですが、これは地面に付けなくていいので、ラクラク測定できます。室内は意外と壁と平行を保つのが難しいのですが、一脚を使ってちょっとずつ回転させて・・・と活用すればかなり精度が上がります。移動距離が少なく壁につけなくていいので、非常に短時間で測定できるので、耐震診断で図面を作成したり、既存建物調査などでは非常に威力を発揮します。

あと、最近の上位機では当たり前になってきたBluetooth通信でのスマホ連携もできます。内蔵メモリだと9つしかデータを保存できないのですが、これならほぼ無限に保存出来ます。また写真に測定位置/距離を記録することもできるので後で間違えることが少なくなります。アプリの機能は単純で一回操作を覚えれば迷うことはないでしょう。本体を含めそれほど多機能ではありませんからね。

大きめの建物の調査を受注したので効率化のために購入しました。実際は耐震診断や検査関連で活躍してくれると思っています。

Zenfone6は購入迷うが名機の予感・・・

Zenfone3、Zenfone5zとすっかりAsusスマートフォンになった感じがしますが(注:元々Asus好きです。学生時代からT2P4とか知っていたらアナタはマニアです)、今度はZenfone6が登場するそうです。

Asusのインタビュー記事より、Zenfone5zの満足度が高いということを書いてくださりました。個人的にスマホは高速さは最早必要ないと思っていたのですが、Zenfone5zでその考え方を変えさせられました。便利な新機能よりも高速であることが如何に快適か?をおしえて貰えました。Asusがそのあたりを理解してくださっていたのは有り難いです。

「ZenFone 6」が目指したのは“全方位の利便性” ケータイWatch

Zenfone5zといえば、Zenfone5の高速版ということで、流行の広い画面という部分以外は平凡な機種でした(DSDVという意味では最先端でしたが)。そのかわり今でも通用するハイスペックなSnapdragon 845を採用していました。平凡ということはその分価格は安めだったこともあり、私も購入できましたね。スマーフォンとしては十分高いのですが、10万円を超えることもあるハイスペックスマホと比べれば十分安価でした。また平凡とはいえ、薄型軽量であり、大きな欠点も見当たらないという完成度の高さも隠れた魅力でした。

で、Zenfone6ですが、流行の大画面だがノッチが・・・と思う私のようなユーザーの声に応え、全面は欠けが無くほぼ画面!という快適な使用になりました。そして他社も考えているようにインカメラは?の答えに、「カメラが回転する」というものを用意してくれました。フリップカメラという仕組みで、アウトカメラと併用できるのでスペックも高めです。また電動で動くので他の魅力も出来ました。個人的には使って見ないと分からないのですが顔認証は遅れるので顔認証メインの方は不満が残るかもしれません。指紋認証の方ならメリットしか感じないでしょう。このギミックは落としたときなどのカメラの収納なども工夫されています。まあ新ギミックは使って見ないとわからないので何ともいえませんが・・・。

これだけでも十分なのですが、同社maxシリーズと同様にバッテリーを強化しています。なんと5000mAhという大容量バッテリー搭載です。また、SocにはSnapdragon 855を採用しています。zがついていないのに、最高峰レベルのSocを搭載したので、Zenfone5Z同様処理速度には不満がないでしょう。

ただ、こうなってくると重量が気になります。190gと他社のハイスペックスマホでもこのクラスは同様ですが、さすがに重いですね。5zは160g台だったので残念です。他社比では十分でも、5zの軽快性が失われたことでどれくらい使い勝手に影響するかは疑問です。売上げ的に5zはそれほど大きなシェアがあったわけでもなく、商的な成功とはいえなかったはずで、勝ちにきたのかな?とは思うのですが、今回の売れ行きで薄さ軽さがどれくらい重要か?を測る意味でも投入して良かったのかなと思います。

買うかどうかはまず発売されるか?と価格ですね。今現在、画面の広さや速度はZenfone5zで十分満足しているので、5Gまではスルーかな?とは思います。

HOUSE-DOC用のもくツール開発中

もうすぐ、HOUSE-DOCの評価書の期限がきますので(6月26日)、その記念に、HOUSE-ST1で好評の、もくツールのHOUSE-DOC版を作成してみました。

ちなみにHOUSE-ST1用はVer7に6月になります。基本的に本体のバージョンと並ぶ「はず」なので、大幅に遅れてしまいました。鉄骨階段の計算ツールが強化されました。kizukuriからの乗換向けの基礎の計算や、母屋下がりの合成増加の計算ツールやSWS試験から沈下の検討が必要か判断するツールなど大幅にアップされています(一部はプレビュー版で事前に公開済)。

さて、HOUSE-DOC用は

①文例集(総合所見等)
HOUSE-DOCは良い意味でシンプルです。文章なども自分で考えなければなりません。そこで代表的な文例などをまとめて置いておいて手軽にカット&ペーストするためのツールです。いくつか文例は置いていますので、自分で使いやすい文などを登録して使います。

②診断時判断事例集
診断時に初心者が迷いやすい点を集めた事例集です。

③開口部にブレースを入れる
通常、ブレースと垂壁は併用できないのですが、これは補正できるようにしています。主にウッドピタのような外付けブレースと垂壁を併用したい場合に利用します。

④小屋裏収納補正
小屋裏収納の面積から必要耐力割増係数を計算するシートです。一階にある場合も二階にある場合も対応できます。

⑤88条地震力補正用シート(構造計算ソフト併用)
KIZUKURIやHOUSE-ST1で荷重計算を行って、HOUSE-DOCの計算結果を補正するシートです。より精密に評点を評価できます。特に外壁が二種類以上使われていたり、屋根が1階と2階で違う場合などの評点をきちんと算出できます。

です。88条地震力補正用は、マニュアルに書かれている簡易版も後日公開予定です。そちらは構造計算ソフトなしである程度補正ができるので便利です。

すべてExcelのシートで提供していきます。また今後拡張していく予定です。特に基礎の補強時の検証は要望が多いので作ってみたいです。

HOUSE-DOC向けは無料で公開予定です!!

Mora Structural Kit3が購入可能??

Mora Structural Kitが3になってkickstarterで募集開始となりました。Moraといえば、構造力学を視覚的に理解しやすい画期的な模型です。

Mora紹介のページ(過去)
美しき「構造力学キット」がKickstarterで成功し、子どもたちに物理の楽しさを伝えられるようになるまで(WIRED)

(kickstarter HP掲載写真より)

今回は吊り橋が作れるモデルとなっています。これはこれで面白みがあるが、橋なんて興味ないな・・・と思う方、過去のモデルのほうが良いじゃん!でも販売終了・・・と思っている方、なんと1,2,3のセットが限定で購入できるボタンがあるではないですか?!ちょっと割高ですが(汗)。全部いらないよ、という方には一番人気のどれか1キットプラスアクセサリーなんてものもあります。価格的にはこれが一番かと。

さすがに簡単に募集額を達成しましたし、過去2回もきちんと配送されているので、海外のプロジェクトといえども安心ですね。過去も日本で購入された方もいますし。今回もKickstarterなので日本でも購入できます(もちろんクレジットカード必須)。ぜひチャレンジしてみてください。

構造計算を教えたい方、学びたい方、所員に教えたい方・・・いろいろな方にお勧めできます。値段が若干というか高いですから万人にお勧めできるものではありませんが、日本でも是非広がって欲しいツールです。

 

達人診断 Ver.2.1.0

木造住宅の耐震診断ソフトの達人診断が、Ver2.1.0になりました。

機能充実に邁進してきた同ソフトですが、いよいよ細かい部分まで煮詰めてきているようです。使い勝手などの改良がメインです。また一般財団法人日本建築防災協会(建防協)のプログラム認定の申請中だそうです。こちらのほうでも既存ソフトに追いつきそうですね。帳票もシンプルで見やすいのですが、一般の方向けと考えるとまだまだ改善の余地はありそうです。

Ai分布を使った荷重設定もシンプルながら使いやすく、1、2階で荷重が違う建物、ある程度荷重を精算したい場合など、威力を発揮しますね。この機能はどの耐震診断ソフトにも標準で搭載して欲しいところです。ただし今のままだと、同じ階で、違う仕様になっている外壁など反映させるのが難しいので、そのあがりを対応して頂けると更に良くなると思います。

重量と高さの設定

佐渡の観光名所といえば・・・佐渡金山

矢島経島(佐渡島)

何十回も佐渡に行っている私への質問といえば、

「佐渡の名所教えて」

見たいの多いです。ただ親族の住む島で、そもそも佐渡に何でそんなに居たかといえば

「親が仕事で忙しくて、子どもを佐渡に預けた方が喜ぶし楽!!」

という事情がありました。長いときは数週間滞在しましたからね。両親の田舎とはいえ母方の実家にいることが大変でかなり迷惑をかけたと思います。夏ですから観光するより海で遊んでいたほうがいい!ということもあり、飽きずに姉と私はそのほとんどを海で過ごしました。幸い海の家は叔母がやっていたので、その点でも安心でした。

佐渡の砂浜

何しろ両親とも忙しく、私は5才にして、新幹線もない時代に夜行列車とカーフェリーを乗り継いで佐渡に行ったほどです。姉がいたとはいえ方向音痴で乗り物も知らない姉はまったく当てにできず・・・今では良い思い出です。両親佐渡で揃うのは希で、我々だけ!というのはさすがに少なかったとはいえ、運転できない母がいても観光地を回るのは不可能でした。

カーフェリー「ときわ丸」きれいな船内と適度な時間の船旅も大きな魅力

というわけで、オトナになって自動車の免許を持ってから佐渡中を回るようになりました。幸い道路が良くなっていたし、カーナビがなくても地名はある程度頭に入っているので運転は簡単でした。あれから20年余り・・・。佐渡もいろいろ変わりましたが基本美味しい料理ときれいな景色が見所なのは変わりません。ということで、あまり大したことは書けないのですが、備忘録代わりに書いてみます(前書き長い・・・)

佐渡金山「道遊の割戸」

個人的に一番の名所は、佐渡金山周辺の相川でしょう。佐渡金山は昔に行った方は「面白くない」「暗い」という方も多いし、佐渡在住者も意外と現状を知らなかったりします。が、しかし!!どんどんリニューアルしてキレイで見やすく、規模も巨大化しています。観光コースも複数あります。また車椅子でも見学可能なコースもあったりと充実しているのです。

「北沢浮遊選鉱場跡」ラピュタとかマチュピチュとか言われる最近話題のスポット

相川には佐渡金山の周りに観光地が揃っているのもポイントです。最近人気の北沢浮遊選鉱場跡は、想像以上にスケール感が大きな金山施設の跡で、映画なんかにも出てきそうな遺跡感満点です。他にも佐渡奉行所や旧税務署など文化財も揃っています。ちょっと離れていますが、平成狸合戦ぽんぽこで話題になった団三郎狸で有名な「二ツ岩大明神」なども行けます。細かい見所も多く1日かけてじっくり見たい大人の観光名所です。

「二ツ岩大明神」険しい山の上にあり、自動車でも登るのが結構大変です。最近壊れかけているので十分注意を

 

GRATINA KYF39

2019年の夏モデルが出始めましたね。auからはガラケー(ガラホ)のGRATINA KYF39がでます。このモデルの前モデルのKYF37は異色の仕事用ガラケーでした。誰も期待していなかった(失礼)機種でしたが、「あとから録音」が便利過ぎました。通話が終わった後に、録音を残すかどうかを判断できるというもの。滅茶滅茶仕事で便利ですね。PCメールがデフォルトで使えるようになったことも良かったです(普通にマニュアルに載っています。アピールしないのが不思議)。もちろん防水防塵である程度の頑丈さを備えおサイフケータイもワンセグも内蔵しているオールインワンぶりが魅力的でした。

さて、KYF39になって何が変わったか??本体形状を多少ブラッシュアップして、USB Type-Cに対応しました。これは地味に大きいと思いませんか?LINEが使えるほか+メッセージに対応しました。今のところキャリアのみ対応なわけで、これはガラケー派からすると大きなアドバンテージになりそうです。従来不安が残っていた機能ロックも細かくなりました。惜しむらくは指紋認証でないところですが、価格を考えれば仕方がありません。ちなみに、ワンセグやおサイフケータイが削られたので、TYPE-Cや+メッセージが不要な方はKYF37で十分かもしれません。Premiumバージョンを用意し生体認証をぜひ実装して欲しいところです。

HOUSE-ST1乗換キャンペーン

 

構造システムの木造構造計算ソフトHOUSE-ST1。最近目立った動きはありませんが(というより昨年春の耐力壁の倍率の告示は早く対応してくれ)5月10日から9月20日に乗換キャンペーンを実施します。(公式ホームページのお知らせはこちら)

他社製の木造構造計算が気に入らないな、とかちょっと・・・というとき、乗換を検討すると思うのですが、構造計算ソフトは高額ですので、ぱっぱと乗り移れないものです(※マニアは除く)。なので、メーカーも乗換価格を設定したりして乗り換えやすいようにします。今回の施策もそういうことなんでしょう。

ホームページを見ると、KIZUKURI、STRDESIGN、構造EX、木三郎、ARCHITRENDなど早々たるメンバーが乗り換え対象として具体的に書かれています。これらから乗換の理由があるとすれば

全ソフト→年会費がいらなくなる

KIZUKURI→斜め壁や品確法の対応に不満を覚える方

STRDESIGN→操作が難しくて挫折した方

ARCHITREND→意匠運用をやめて遣わなくなった方

などでしょうか?25%OFFは魅力ですね。HOUSE-ST1は初心者向けのユーザーインターフェイスが魅力です。バージョンを重ねる毎に使い勝手はそのままに本格派に変貌を遂げています。なまあずショップ楽天市場店もキャンペーン対象ショップですので、是非ご利用ください。ちなみに他社対象商品の正規ユーザーを対象とし、注文の際に利用契約書やシリアル番号などユーザー登録が確認できる書類のコピーの提出が必要です。なまあずショップ楽天市場店でご購入の方は購入手続き後、メールが来ますのでそれを確認のうえ書類のコピーを提出すればOKです。

ASCAL 7.5.0登場 大幅に速度、操作性アップ

株式会社アークデータ研究所の一貫構造計算ソフトASCALが、久々に根本から設計し直した新バージョン7.5.0をリリースを発表しました(5月24日リリース予定)。なんと解析速度が最大1/30まで短縮したそうで、大きめな建物や複雑な建物で威力を発揮しそうです。またユーザーインターフェイスを強化し操作性を格段にアップしました。リボンメニューで視覚的にもわかりやすくなりました。以前は・・・ねえ??

形状に対する制限が少なく新世代に属する構造計算ソフトと言われ続けましたが、シェアはイマイチでしたが、これで導入する人も増えるかと思います。ぜひ見てみたいものです。