構造計算業務向けノートパソコン(高機能機編2020)

最近、注目されないけど、魅力的なノートパソコンが増えています。値段度外視で構造向けのノートパソコンを紹介します。宣伝ではないので、情報はググってください。

ZenBook15(UX534FT等)

なんと15インチながら1.7kgと軽量で持ち歩きながら構造計算・解析・構造図を描くのに向いたASUSのノートパソコン。サイズも小さいし見た目もいいので、MBAなどという業務に向かないノートよりもいいかと。もちろんテンキーもありますし、使いやすいタッチパッドもあります・・・というよりこのタッチパッドがいいですね。SCREEENPADと呼ばれるこのパッドは、5.65インチのサブディスプレイとして使えます。構造計算結果をここに表示させながら、メインの画面で構造図を作成・・・などと出先でも本格的なことが出来そうです。性能も十分過ぎるほど高いし、価格も超高いというほどではないのでお勧めです。

ZenBook Pro Duo

同じくASUSこちらは40万円超の超高級機。しかし機能はぶっとんでいます。

メインの液晶の他に、キーボード前面に14インチのサブディスプレイが付いています。ZenBook15よりも本格的にデュアルディスプレイを堪能できます。ちなみにテンキー部分もタッチパッドになっており、ここは評価が分かれると思います。重量は2.5kg、ACは800gくらいと超弩級になっています。お金が余って構造計算を快適に、と思っている人どうぞ。構造でのレビュー求む。