長期旅行に備えて通信網を整備

長期といっても三泊四日なんですが(汗)。しかし平日2日を含む旅行なんてこの20年(つまり社会人になって)やったことはない。そこで通信網をもう一度見直して外出先で仕事をできるようにしてみました。

まず auのプランをauデータMAXプランへ。かなり高いプランだが、スマホを使っている限り無制限で使え、テザリングでも 20GBは使える。これでPDFなどの重いデータのやりとりも心配なくなりました。

次に、その運用端末。通常はZenFone5Zを使って万が一のときはZenFone3という運用体制。この両機はauでもdocomoでもsoftbankでも使えるので重宝します。いざというとき人のSIMを使えたり、逆に端末を貸すこともできます。が、おサイフケータイでもないし、防水でもない。またauのアプリ類を使えなかったりするので、一台au機が欲しいな~と思ったところ、Xperia XZsを安価で入手できたので、こちらにauのsimを刺すことに。通常はauの通話し放題SIMとocnモバイルoneとのdsdvなのだが、今回は期間限定可もしれないがauデータMAXプランなので一枚でOKなのだ。これは運用上制約が少なくて良く、128GBのSDを刺せば、ZenFone5Z並みの運用が出来るはずだ・・・・。ということです。

 これで、ZenFone5Zはocnモバイルone一枚差し+SDカード。Let’s noteは楽天データsimという贅沢な編成で旅行に行けます。

ただXperia XZsは古い機種。当時はハイエンドでバランスが良い機種だったはずだが、今考えると良い部分と悪い部分が見えてきます。

良い部分は、キャリアのハイエンド機ならではの重厚な機能。ワンセグもありますしおサイフケータイもあります。auの機能設定もずいぶん楽です。それでいて防水防塵です。Zenfone5Zより幅が狭いのもポイントです。私が必要な機能のほとんどが揃っています。

悪い部分は、数年前のハイエンド、とはいえ、未だ最強クラスの速度を誇るZenfone5Zに慣れていると遅く感じてしまうこと。意外と速度差があります。速度はスマートフォンで最高の機能ということをZenfone5Zで感じてしまった私には物足りません。それでもZenfone3よりは快適なんで文句はないのですが。次に顔認証がないこと。Zenfone5Zの顔認証は本当に快適なのでこれは痛いです。さらに指紋認証もZenfone3にすら劣るのも問題です。速度自体は同等なんですが、ミスが多すぎて・・・。やはり狭い側面だからでしょうか??

ただ、価格は1万円台前半。日本的スマートフォンが壊滅しつつある今、人気のシャープ製aquos sense2より、価格が安く、スピードも速いわけで、十分でしょう。秋冬もでるのsense3なら、ある程度対抗できるでしょうけど、ワンセグはついていません。外国製スマホも速度面やカメラは満足できても、ワンセグ、おサイフケータイ、防水が揃っているものは本当に少ないです(あるの??)。日本製もそうなってきています。その点Xperia XZのカメラを改良したマイナーチェンジモデルである、XZsは完成度が高い上、安価なので見つけたら買でしょう。もちろんバッテリーが劣化しているでしょうけど、ソニー製はそんなにヘビーユーザーが使い込んでいることは少ないですし、バッテリーに優しい充電機能も優秀なので大丈夫じゃないか?って感じています。数日使って若干バッテリーに不安がありますね・・・。その点では新品に劣ります。もっとも長期間使わないと割り切ればなんとかなるでしょう。

Yモバイルの会社用通話simが一枚余っている(端末を開封していないため)ので、Zenfone3か5Zに入れようか?と思ったのですが、SHF33というガラホが一台余っているので、これをSIMロック解除して、YモバイルのSIMを入れてみました。SIMロック解除はwebで簡単にできました。最初は動かなかったのですが、再起動させたら動きました。もちろん非常にエリアは狭いと思いますが、いざというとき用なので。いざというときにバッテリーのもちが良いガラケーは役に立つと思います。

あくまで4日の旅行と年末のスケジュールに合わせての編成なので限定的です。恐らく外出中に納品などというヘビーな作業も出てくるので、この編成で乗り切ろうと思います。