MOKUZO.Designerのペントハウス(塔屋)対応

構造ソフトの構造計算ソフトMOKUZO.Designer。期待はしているのですが、なかなか昔のように情報が出てきません。当たり前ですが、メーカーが出す情報は限界がありますし、信用できなかったりします(特にこのブログでは絶対出てこない某社!)。やはりユーザーがブログなどで情報を発信してほしいものです。昔はよかった・・・とは思いませんが、最近の情報発信の少なさは寂しいものです。

さて、同社ホームページ(今月のイチオシ5月号のPDF内)より、MOKUZO.Designerでは、塔屋の指定ができるようになりました。一向に対応しないHOUSE-ST1とは大違いです!!まあ設計思想が違いますからね~。WEBの情報だと、2階建ての塔屋追加を書いてあり、3階建ての塔屋追加はどうなのか?は書かれていませんが。KIZUKURIなどと同じで、階のように入力部分を拡張できるので直感的でわかりやすいですね。用途を配置できるので、延べ面積に反映できます。計算ルート判定に関しても考慮できるし、塔屋階の震度Kは1.0で計算してくれます。

個人的には入力したままで伏図が出力でき、確認申請に使えるレベルになってくれれば、どのソフトも買い!と思うのですが、木造も含めてまだまだです。BIM的にするのか?あくまで伏図レベルを目指すのか?そろそろ各メーカーも考えたほうが良いと思います。