HOUSE-WLとHOUSE-ST1で混構造の構造計算のお手伝い

まあヒマだったので友人のこの連携を手伝うことに。

HOUSE-ST1の仕様がいろいろ駄目駄目なので、WL側である程度合わせる必要があるのですが、慣れてしまえば簡単です。

まずHOUSE-ST1で混構造として入力、計算モデルを作成します。建物概要で1階をRC造にすれば、1階RC,23階木造のような混構造が可能です。

上記は1階RC、2,3階RCです。もちろん地下室+地上2階もできます。

ちなみにこの組み合わせで混構造ならではの注意点は、アンカーボルトの計算が・・・の件。このようなことは仕様を確認すればわかることです。メーカーHPのFAQにも書かれています。

この組み合わせで優れているのは、HOUSE-ST1側では混構造の計算のためのちょっとの工夫は必要かもしれませんが、ほとんどがHOUSE-WL側で操作を完了出来る点です。HOUSE-ST1の作業フォルダを指定するだけで(通常はいりません)、HOUSE-WLのほうから読み込んでくれます。それにしてもサンプルのあるフォルダと保存フォルダが違うのはどうにかして欲しい。今回もそこから質問がありました(汗)。

HOUSE-WLで1階部分を入力し(画面は適当なサンプルです)、コマンドでHOUSE-ST1のデータを読み込むようにしているところ。HOUSE-ST1側で何かエクスポートする必要がないのが便利です。その代わり直前の計算中の・・・という条件はつきます。そのため読み込むファイル名を確認できます。指定はできません・・・。

読み込み対象ファイルというのが出てきます。恐らく作業用フォルダで直前の作業や計算を読み取ってきているのだと思います。

注意事項は、原点が一緒なら問題ないのですが、HOUSE-ST1は庇を入力しているのでそのままでは原点があわないこと。上の例では80づつずれているので、このような指定にします。

このように、柱の位置に軸力が落ちてきます。ちなみに読み直すと自動で新しいデータに更新できるので、最初に適当な計算結果で試し、HOUSE-ST1の計算が固まり次第再び転送する・・・という使い方ができます。意外と便利で手軽です。

もっとも課題もあり、果たしてそのまま読み込むだけで良いのか?(今回も最終的に数字を触らなければならなかったです)とか上記のように梁もなくスラブだけで・・・などとやっても見た目上計算が出来てしまうことなど。またHOUSE-WLはBUSなどと同様2次部材構造計算ソフトを含有していないので、通常はKT-SUBなどがないと計算が面倒なことなどもあります。

混構造の構造計算要望は減ってきていますが、それ以上に混構造の構造屋さんが減ってきているような気がします。意外とファジーな部分もあるので、今まで確認通っていた手法が通らなくなったりもします。きちんと理論立てて計算したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.