耐震化に替えてセカンドハウスという考え方

熊本の地震から3年ということで地震の話題が増えています。熊本の地震にせよ、東日本大震災にせよ、関東大震災・阪神大震災・・・どれも未曾有とか、前例がないとかいわれ、地震に対して我々ができることに限界があることは皆さん理解していると思います。耐震化しても津波には無力でした。大きな揺れではなかったのに液状化だったり。マンションは無事でも周囲やインフラが・・・。他にもたくさん。

その中で教訓にしたいのが、一箇所の無力です。その場所をいくら守っても・・・というのが現状です。特に東京なんて火事も含めて何が起こるかはわかりません。避難所にしても非常に長く避難しなければなりません。「特に東京」はです。

そこで何かあったときに避難できる第2の場所、セカンドハウスを持つというのはいかがでしょうか?何を金持ち主義が・・・と言われるかもしれません。日々の生活が大変!という意見ももっともです。そこで住宅を耐震化するのに中には1千万円以上かける人もいますが、ここは避難も含めセカンドハウスを考えて見ましょう。

何しろ東京にしろ地方にしろ空き家や空きマンションはいくらでもあります。東京圏は高いですが、地方は安価です。普段使わないなら意味がないですが、例えば別荘的に使ったり・・・ということであれば話が変わってきます。バブルの頃のリゾートマンションなんかは安値で販売されています(維持費が高いですが)。これなんかは避難用に最適だと思いませんか?毎年数回別荘として遊びに行けて、いざというときの避難生活の場所とする・・・。別荘だと整備も大変!でもリゾートマンションなら安心です。特に気に入った場所があるならなおさらです。スキーが好きとか、山がが好きとか、海が好きとか・・・。

一時期は宿が安価になっていましたが、今は東京オリンピックやインバウンドで高騰しています。なのでこのような考え方もアリだと思いませんか?時代によって考え方、住まい方が変わるのは当然です。

まあ老朽化して、使い物にならないリゾートマンションも多いので購入には注意が必要だと思いますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.