建築ボリュームチェックソフト

久々にメールで問い合わせが。

一般の方のようですが、アパートを建てたい!ということで、そのボリュームチェックをできるソフトがないか?とのことです。土地を探しているので、複数検討しなければならず、建築士に頼むといちいちお金がかかるから、ということのようです。

一般に都市計画図に書いてある程度のことだけで設計ができるのは希で、道路条件など細かいことを調べる必要があります。そのため、そのようなソフトがあっても設計者は「効率的」な設計ができるツールとして使えるだけで、入れたらチェック完了というものはないはずです。少なくともフリーソフトや低価格のものではありません。

素直にプロに依頼したほうがいいと思います。

ただ、同じ事を意匠事務所にも聞かれました。よく知られているあの高価なソフトは置いておけば、低価格帯では、i-ARMでしょうねえ。地図情報や用途地域情報データのインポートもできますし、建ぺい容積チェックも簡単ですし、斜線や天空率、日影規制などかなり充実しています。日影や逆天空率などもできますので、BIMと考えるよりも建築計画のソフトと考えた方が良いでしょう。3月31日までキャンペーンで価格が安いのもポイントです。BIMっぽい(シンプルBIM)という付加価値もあるのでお買い得です。戸建て住宅やちっちゃな共同住宅にも使えますが、基本的には大きな建物向けですね。もっとも初期投資は安くても年間使用料は高いので注意が必要です。

問題はメーカーの戦略。この商品をBIMとして売りたかったのだろうけど、今は計画系。そのあたりはホームページもよく読めばなんとなくはわかるのですが、ちょっとわかりにくいです。もうちょっと使用例など多く掲載するといいと思うのですが。