DRA-CADの断面性能計算

ちょっと質問があったので自分でやってみました。

DRA-CADには断面性能計算という便利な機能があり、H形鋼などの断面性能を簡単に算出してくれます。ただ動作に癖があるので、注意も必要です。

閉じた図形で、ポリライン化したものが対象です。DRA-CADには断面を自動作成する便利な機能があるので、柱断面で105角(木造ですな)と、鋼材形状でH形鋼を描いてみました。

寸法線や規格まで描いてくれるので非常に便利ですね。もちろん柱配筋なんてものも入れられます

H形鋼のほうはポリライン化にチェックを入れておけば、自動的にポリライン化してくれるのですが、柱断面はポリライン化してくれません。

ポリライン化をチェックしておくと手間が省ける
ポリライン化していない図形は編集のポリライン化コマンドでポリライン化します。
断面性能計算を実施します。これは105角の例です。図心作図やXY基準軸作図にチェックを入れると、作成してくれます。
意外と便利です。

計算式などは出ないので、結果だけ先に知っておきたいとか、略算しているときなど威力を発揮すると思います。構造屋さんは便利に使えると思うので覚えておいて損のない機能です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.