株式会社FMシステム10周年&FM-Refine新バージョン発売!!

お世話になっている株式会社FMシステムが10周年だそうです。おめでとうございます!!

FMシステム社といえば、まいく郎が有名ですが、長期修繕計画システムであるFM-Refineが1月31日にVer3となります。同社を含む構造システムグループでは、BIM対応を推し進めている最中ですが、FM-RefineもBIMソフトウェアから出力した部位部材に関するデータベースを取り込み、長期修繕計画を簡単にシミュレーションできるのが特徴です。

主な新機能は、複数建築物の部位部材情報をまとめて一枚のワークシートにエクスポートできるようになりました。複数物件を管理している場合便利ですね。またBELCAデータのインポート機能を搭載したり、施設台帳管理システムのFINE-WEBSとの相互連携も可能になりました。

FMに取り組む企業にとっては、武器になるシステムとなります。詳しくは株式会社FMシステムにお問い合わせください。