i-ARMの斜線検討機能

i-ARMは国産ということだけでなく、建築ピボットの過去のソフトウェア資産を惜しみなく投入している為、法チェックや解析機能がたくさん搭載されています。

計画段階では設計ボリュームを出すのが手軽なのがウリです。敷地、道路や斜線条件を入れれば簡単にボリューム計算してくれます。熟練の建築士ならわけなく出せると思うのですが、チェックも兼ねて実行するのはいいと思います。本来なら高層マンションなどで使う機能だと思うのですが、普通に住宅設計でも便利です。

出力された図はDRAやJWWの図面として出力できるので、CADに戻って検討できます。天空率も同様です。今回年末時間がないなか、1物件解析してみたのですが、非常に楽でした。角地だったので天空率も・・・と思ったのですが、残念ながらあまり効果がないこともわかりました。普通は天空率を計算して・・・という無駄な検討が必要なのですが、ワンタッチである程度わかるので無駄をしなくて済みますね。アクソメなどはCAD出力できます。DRAだけでなく3DのDWGで出力出来るので、他ソフトでも大丈夫です。FormZ Freeで試してみましたが、きちんと読み込めました。

FormZ Freeにて。もちろんDRA-CAD(通常版)でも読み込めるはずです。

例によって、モデルに落書きできるので(寸法とか文字とか)、いろいろ便利です。

個人住宅系の意匠設計者に売るには、もう少しUI含め検討の余地があると思います。雨樋なども含めた手軽なモデル化手法が確立できれば、本当に楽になりそうです。手軽で設定しやすいのは非常に良いですね。

メーカーももう少し、何ができるよ、とかサンプルを多く出してアピールすべきです。はっきり言ってカタログでは何もわかりませんし、試用版でも初めは何するか?わかりませんからね。チュートリアルもモデル入力と解析と表作成ですから、こういった法検討などは説明がないですから・・・。そろそろ丁寧にアピールしていくことが重要だと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る