HOUSE-省エネ Ver4のその他の新機能

まあ、なんでメジャーアップなのか?を考えるとHOUSE-DOCの読み込み機能ではなく、ホームページで紹介されているもう一つの目玉「省エネ基準の表示機能」が先に来るはずなのですが・・・。

まず省エネ等級判定アシスト機能。必要な施策と該当箇所を表示する・・・ということなのですが、見事それしかしていません。まあそれで計算者としては十分なのですが(汗)。

断熱等性能等級と一次エネルギー等級を指定すると、それに見合う性能がでているか、チェックします。ちなみにHOUSE-DOCでインポートしたばかりのデータでもチェックしてくれます。これはリアルタイム計算でも同じです。

まあ使えるかな?と。

期待していなかったプリチェックはもっと使えました。ツークリックでチェックしてくれますから。でもワンクリックで実際できるよな、と感じます。動作が速くて良いので是非ワンクリックでチェックできるようにして欲しいです。またF5とかファンクションキーに対応して欲しいです。HOUSEシリーズはグラフィカルでマウス操作がウリだと思うのですが、ちょっとのことはキーボードでも出来るようにして欲しいです。

はい。新旧の出力のリボンメニューです。ちがう箇所が一目瞭然ですね。

まずクイック(外皮)に待望の立面図が加わり、クイック(一次エネ)にBELS ZEHと冷暖房費が加わりました。立面図は待望ですが、試用版では試しようがありません。ただ立面入力機能が他社のものと違ってないので、整形の通常ツールのものを表示しているんだろうなと思います。そのような建物ほとんどないので、小手先ではなくきちんと立体で入力・確認できるツールが欲しい所です。

新しい計算機能としては、H30年のWEBプログラム改訂対応で、空気集熱式太陽利用設備の入力フォームが追加され、これから変わっていくだろう形式にも対応してくれそうです。

このソフトのキモは断熱材などを設定し、形を入れ、設備を設定すれば、だいたいの省エネ基準適合の目安が非常にスピーディーにわかることにあります。しかしながらそれはVer1でもそうだったわけで、Ver1~Ver4までほとんど変わりません。Ver3で入力できない形状を数値入力できるようになり、計算書を作れる形状が飛躍的にアップした後だから、期待はしていたのですが、そこはほとんど手つかずですね。

これからどんどん省エネ住宅を企画、設計していく人には向くと思います。ただZEHなどの計算書をバシバシ出そう、という人にはまだ安心して薦められるかは疑問です。今回は試用版だったので計算ができないので、結論は出せませんが、Ver3の動作からすると厳しいだろうな、と思ってしまいます。まずは本体だけで計算書から根拠図まですべて出せるようになってほしいものです。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る