NichePhone-S 4Gは9月14日発売予定

あの革命的にシンプルで薄型軽量で、意外と使えるSIMフリーガラケーのNichePhone-Sが、4Gにパワーアップして帰ってきた。続編が出たと言うことはそれなりに売れたか、改善したら更に売れると踏んだのか??値段も12800円に抑えられているので需要があると思います。

まず驚くのがカードサイズの大きさと薄さだったが、ちょっと重量が重くなって残念ですが、まだまだ魅力的な重量です。具体的には38gから52gです。大きさはほぼ同じですが厚みは6.5mmから9mmへ。今回パワーアップした部分が特に必要ないなら、旧機種でもいいかな??とも感じます。新たに4G(Xi,FOMA等)に対応、新たにソフトバンクネットワークにも対応したようです。バンド数などは少ないながらも実用的な感じです。

バッテリーは1000mAh。スマホなら絶望的な容量ですが、これだけ小型で通話特化型なのでこれでも連続通話時間は最大約3時間、連続待ち受け時間は約110時間とサブで使うには十分、それほど使わない人には十分です。電池容量が約倍になったので、旧機種よりは使えると思います。

全モデルの弱点を丁寧に検討して改善したのは凄いと思います。内蔵ストレージは256MBから4GBと大幅増量。これでボイスレコーダーや音楽プレーヤーとして使う道が開けます。操作性も大幅に上がり、電話帳データの移行や日本語入力も改善されたので、いいですねえ。私も事務所のPHSが今月で終わりなので、この端末に乗り換えようかしら??と思っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る