DRA-CAD16plusの9/25変更分と図面のHTML化!!

はい。もうすぐメジャーバージョンアップなのに地味にアップしています。必要かどうかはわかりませんが・・・しかも新コマンド増えている・・・。まあ不具合修正なども多かったので「ついで」なのかもしれません。

面白いのはHTML形式での保存コマンドを追加していること。

これこそ、plusで追加すべきことなんでしょうけど、誰か望んでいるのでしょうか??

どうせ適当に作ってるんでしょ???図面をJPEG化して、HTMLで見せるんだと・・・。

はい。そういう考えでソースを見てみると裏切られます(笑)。なんとHTML内に埋め込まれています(爆笑)。まあHTMLやWebGL、three.jsなど知っている人間ならなんとなくわかると思うのですが・・・。WEBにつながっていること前提(・・・)なので、ダウンロードしてWEBにつながっていないところでは閲覧できないとか、円や円弧がスムーズに表示できないとか、データ量が大きくなると・・・とかいろいろな制約がある反面、ブラウザで拡大縮小が手軽にできたり、DRA-CADフォントで表示できたり(というよりDRA-CADフォントでしか表示されない??)。まあ非常に面白いです。使い道があるかないかで考えると厳しいですが(誰か考えてあげて!!)。

個人的に使っていると、縦横比が変わってしまうとか、ブラウザベースの難しさを感じてしまいますね(chromeとEdgeとFirefoxで確認)。たぶんデュアルディスプレイで左右のディスプレイの比率が違う場合で(以下略)。まあそうなるでしょうね・・・。

なかなか面白い機能なので、plusを持っている全てのDRA-CADアソシエイトユーザーは試してみてくださいね!!

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る