将棋道場デビュー

ちょっと前の話になりますが、先週将棋道場デビューしました。将棋ウォーズなどでも十分将棋は楽しいのですがやっぱり人と指したい・・・ということで時間を見つけて将棋会館の2階の道場へ。

平日の夕方だったのでかなり空いていました。お年寄りばかりと思いきや、お年寄りはほぼ皆無。小学生が多かったですね。親が付き添いできていたり。また大人も比較的若い層でちょっとびっくりです。

級位判定のため選んで貰った最初の対局者は若者。朝からやっているのか?やや集中力を欠いているので勝利しました。久々の対局で手が震えましたね。大人になってから外で将棋指すの初めてかもしれないし。

次はやや上位の方。年齢は私と同等か??棒銀で突破したあと、一方的に攻められましたがカウンターが成功しあと一手まで追い詰めましたが惜敗。感想戦も行いました。

次から3名連続で小学生。といっても前の2人よりはるかに強い。フルぼっこでした。最後は6枚落ちだったのですが見事に完敗。将棋の腕というより、対局に慣れておらず、盤面への集中を欠いていました。将棋ウォーズやピヨ将棋では絶対ミスしない手を指したり。やはり対人は違うな~と感じました。本当はもう少し指して、級位判定したかったのですが、人も少なくちょっと無理そうだったので帰宅。

改めて上級者は、こちらのミスを見逃してはくれず、厳しいな、と感じました。特に小学生たちは、頭の回転が速いだけでなく、パターン認識で激早でさしている感じがしました。こちらは考えないでさすとミスが増えるのでまだまだです。このあたりは子どもと違ってしっかりと勉強しないと身につかないな~と感じます。先は長い。

[`evernote` not found]
LINEで送る