ポメラはどれが良いか?もう一度考える

今年は、小説などを書く機会が多いので、ポメラを多用しています。私が持っているのは初代機とDM100です。初代機はもう引退させているのでDM100が100%ですね。DM100はモバイルギアを彷彿とさせるデザインが好きです。単三電池2本で動き、打ちやすいキーボードが売りです。またbluetoothを搭載していて、スマホのキーボードにもなるし、スマホやパソコンに文章を送ることもできます。意外と完成品じゃあないでしょうか??

さて後継機は2機種。DM200は、DM100の漢字変換が悪すぎるので出たんだと思います。ATOKがやっとATOKらしく変換してくれるので、これはこれで便利かと。ただ、パソコン版に比べれば機能が制限されるし、そのATOKを搭載するために行った改良が果たして良かったのか?がこの機種を評価する最大のポイントではないでしょうか??

まず重量が重くなり、乾電池が使えなくなった。充電はモバイルバッテリーでもできるので、それはそれでいいのですが、DM100ほど長年使い続けられるか?は疑問です。DM100って本当に軽いからちょっと落としたくらいではあまり傷がつかないのですが、DM200って手で持ったとき重いな~と感じるのでDM100ほど気軽に持ち運べないような気がします。そして価格も思いっきり上がっていますからね・・・。DM200。賢い変換のATOKは魅力的ですが、そこまで・・・と思います。実際、他のパワーユーザーを見ていても変換の悪さを補うだけの技量があります。正直最近の日本語変換は頭を悪くしますね。予測変換などは特に。普通に文章を書くだけならDM100レベルで十分かと思います。日曜日に自作の漫画を小説化する作業を行ったのですが、5時間で2万字くらい入力しましたが、特に不満はないし、一太郎に転送して文章校正しても、それほど誤字脱字や用法違いはなかったです。まあ技術書を書く場合は大変かもしれないです。そういった場合は迷わずノートパソコンで作業しますね、私の場合・・・。

 

DM30は悩むまでもなかったです。DM100とDM10を比べたとき、圧倒的に信頼感のあるキーボードはやはり折りたたみではできないのだと。もちろんDM10に比べたらいいんだけど。DM30の不満は価格が割高なのに日本語変換がDM100相当だということ。また重量も意外と重くなっていてずっしりきました。

そんなわけで、DM200はもしDM100が駄目になったら考えるけど、DM30はパスかな?

 

[`evernote` not found]
LINEで送る