エプソンのエコタンク搭載の最新機種発表

毎年秋になるとインクジェットプリンタの新製品が発表されるのは、私がパソコンショップの店員だった頃と同じ。年賀状の重要性は当時に比べ低くなっているので、この時期に発表というのは意味があるのでしょうか??

さて、エプソンといえばエコタンクの新製品の噂が立っていましたが、でましたねコンシューマー向け上位モデルのEW-M770T、ビジネス向けFAX内蔵モデルEW-M670FT、コンシューマー向けエントリーモデルのEW-M571Tのホワイトモデルです・・・色違いか!!と思うかもしれませんが、白が欲しいという人も多いので、これはこれでいいかも。

純粋な複合機新製品はEW-M630Tのみです。完全に中間モデルですね。670FTと571Tの価格差があるのでそこを埋めたかったのでしょうね。価格も4万円台前半と買いやすくなっています。両面印刷機能がついて低価格というのがポイントです。ブラックは顔料インクを搭載し、バランスがとれた感じです。なんだか売れそうな予感です。

単機能モデルでは、PX-S170TとPX-S170UTで、モノクロ印刷特化で、モノクロ0.4円という低ランニングコストと、10万ページの耐久性です。違いは無線LANがあるかないかです。実売価格が2万円超えそうですが高耐久のモノクロインクジェットも欲しい人(=自分のような人)がいるので、良いラインナップだと思います。

インク販売で利益を上げるビジネスモデルの商品と併売している危うさがありますが、メーカーもどちらがいいのか??まだ判断が付かないようですね。ラインナップの幅が広がっているようでちょっと心配ですが、ユーザーの評価が固定されるまではこのような展開になりそうです。

[`evernote` not found]
LINEで送る