Zenfone 5z(ZS620KL)

Zenfone3のUSBに不具合が出てきたので、先月発売されたZenfone 5zを購入。Zenfone5でも良かったのですが、やはり速度が速いほうがいいのと、品薄状態にも拘わらずビックカメラで平然と売られていたのでこれも縁だということで。

Zenfone5とZenfone5zは速度、ストレージ以外はほぼ同じと思っている人もいると思いますが、そこそこ違う(購入時にAsusの人がいたので聞いた)ので注意が必要。全部上位互換ということではないです。が、価格差を考えるとZenfone5z・・・と選択したくなります。実際2機種を店頭で速度比較してみましたが歴然としていましたからね。決してZenfone5が遅いわけではないのですが。

速度の速いスマホはゲーマー向け、と思いがちですが、ビジネスの現場でも切り替えなどが早くキビキビ動いてくれると仕事面でもはかどりますし、相手を待たせることもありません。その点で用途によっては遅い格安SIMで満足するのは良くないのかな?と思うこともあります。

さてこの機種を選んだ理由はZenfone3が非常に良かったことと、この手のスマホの中では薄型軽量であること、DSDV対応。カメラが超広角なこと。一日利用してみましたが、Zenfone3で不満に残っているところは、かなり解消されていてビックリです。速度は・・・思ったより速く感じません。ただストレス無くどのソフトも動くので満足です。ストレスなく動くと速度が速く感じないのは慣れなのかもしれません。

この機種の不満点は世間的には防水ではない、おさいふケータイ非対応、カメラがフラッグシップの割に良くない、などあります。しかしながらその分軽量でバッテリーの持ちも悪くないわけです。個人的にこの軽量さは十分評価しても良いと思います。

有り難いことに、手書きなどの反応も良くなっています。文字などを手書きで書くことがあるのですが、Zenfone3に比べてある程度高速に書いても反応してくれます。

この機種を選んだ理由の最大はDSDV。auのガラホの解約月なものの、毎月割があと一年続くので、現在2千円台で話し放題実現しているのですが、もし機種変などでiPhoneXやGalaxy Note8などにすると私の場合年額1万円くらいになってしまいます。しかしauのガラホsimでもDSDVできる当機なら、Zenfone3で利用していたoncモバイルoneのデータSIM(972円)を指せば4000円を大きく割る金額でかけ放題と毎日リセットされるデータ通信が実現できるのです。で、実際に利用してみましたがうまく動いています。通話SIM2枚じゃないので個人的に迷わないというのもありますが、すこぶる快適です。今回で一時的に2台が一台運用になりますが、この機種なら一台運用でいけるかもしれません。しばらくこれで使って見ようと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.