ZenFone 5zのDSDVのauガラホSIM

本来、auのガラホのSIMは他の機種に刺しても使えないと言われていましたが、ZenFone3(ZE552KL)で、SIMスロットを選べば通話できることが実験でわかりました。しかしVolteなので、もう一枚をdocomo系格安SIMで通信のみ運用はDSDSなので不可でした。いろいろやってみたのですが・・・

しかしauガラホSIMが使えるなら話は早い。DSDVであるZenFone5zなら動くのではないか??ということで、やってみました。もっとも端末数は足りているので使えなくても支障はないということで。すべての環境下で、もしくは今後も含め可能かどうかは自己責任でお願いします。あくまで私の環境下です。(※2018年10月16日にauより、この方法が使えなくなると連絡がありました)

simスロット1にauガラホSIM(SHF33のSIM。ガラホでカケホーダイ。ダブル定額スーパーライトで通話のみ利用)、スロット2にocnモバイルoneの通信専用のSIMを刺します。設定は簡単。au側は通話のみなので特別な設定はなし(一応通信事業者を検索してauに設定)、OCNモバイルoneは選択肢があるのでそれに設定・・・というのみ。これで何のトラブルもなく、通話はau、通信はocn(ドコモ系)で使えています。

良い時代になったものだが、auがまた変な規制をかけなければいいな~と思います。ちなみにDSDVなので、通話時にどちらか選択しなければならないのですが、どちらか片方を切ることも可能なので、私の環境下では選択せずにsim1で自動的にかかるので手間が省けます(まあDSDVっぽくはないですが)。これでいざというとき手持ちのFOMA SIMを刺して臨時でこの端末でかけたり、様々な運用が考えられそうです。震災時などに備えて複数環境を整える必要がありますので、この端末のように様々な環境下で使えるものは本当に重宝します。

それにしてもZenFone 5zいいですねえ。基本性能がしっかりしているスマホがこれだけ快適なのか、と愕然とさせられます。確かに価格が高いですが、DSDV下でお得に運用すればランニングコストは抑えられます。特に上記の組み合わせだと、auのカケホーダイは転送電話も無料ですし、OCNモバイルONEは日単位で110MBまで使えるので、規制にかかっても翌日には復活しますので、ヘビーに動画とか見ないのであれば十分ですし月末にヒヤヒヤする必要がないのでいいですね。もちろん通話SIMにすればDSDVの良い部分を享受でき2つの電話番号を使い分けられるので経費を分けるなども簡単ですね(カケホーダイなので私は気にしないけど)。

もっともヘビーに使ったときは電池も含め一台運用は難しいかもしれません。予備端末をカバンにしのばせて運用してみます。

[`evernote` not found]
LINEで送る

ZenFone 5zのDSDVのauガラホSIM” への2件のコメント

    • それは怖い情報ですね。いまのところ、当方のSMSも電話もZenfone5zでは使えます。怖いのでサブのSIM抜いているガラケーはカバンに潜ませて外出しています。
      ※2018年11月よりつながらなくなる、とauから連絡ありました(2018/10/16)

コメントは受け付けていません。