Shade 3D Ver18とUVUtil

ついにShade 3D Ver.18が発売になりましたね。国産の3Dソフトとしては老舗で価格も比較的手頃でファンも多いのですが、例の件で存在感が薄くなりつつあります。今回のバージョンアップも特に上位版の拡充がめざましく、今後シェア拡大の足がかりになるのではないでしょうか?もっとも毎年小出しにバージョンアップしている感もそろそろ出てくるかと思うので、今後の展開次第だと思います。年会費制も比較的良心的ですしBasicのような比較的安価ながら多機能のバージョンも残してくれているので嬉しい限りです。

さきほどのSketchUPの記事であった展開図の件、FormZなどでは標準搭載ですが、Shade 3Dはオプションで対応しているみたいです。UVUtilというプラグインで価格は540円と手頃です。複雑な形状でも自動展開してくれるので便利ですね。おそらくペパクラなどを作るための機能だと思うのですが、自動でというのはいいと思います。

パソコンソフトは選択しがどんどん減ってきています。いずれスマートフォンの世界もそうなると思うのですが、やはりプラットフォームが成熟してくるとこうなりますね。仕方がないことですが。とはいえ必要なものは必要ですから、今後も頑張っていってほしいものです。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る