大阪府北部地震の地震波

まだ地震名をどう書けばいいのかちょっとわかりませんが、6月18日午前7時58分に大阪府北部で発生した最大震度6弱の大きな地震の地震動の観測データを防災科学技術研究所が公開しました。特設サイトはこちら日経XTECH(日経ホームビルダー)の記事がわかりやすいです。今はこういうのは早いですね。以下日経の記事より。

マグニチュードは6.1と震度の割に小さい規模です。ただ震源が浅めで都市部に近かったこともあり震度・地震動とも比較的大きくなっているようです。逆断層型で震源分布は4km四方の広がりをもつようです。

同研究所の観測した中ではK-NET高槻の揺れが最も大きく最大加速度は806ガルを記録したそうです。これは熊本地震(最大1580ガル)の半分程度です。そして速度・加速度応答スペクトルは0.5秒以下の短周期成分が卓越しているので、剛性が低く耐震性が低めの古い木造住宅よりも、比較的新しい木造住宅のほうが共振しやすいかも?という可能性があります。揺れが熊本などよりも低く、短周期だったことが、建物の倒壊などが少なかった理由かもしれません。もっとも同じ地震でも地域によって揺れは大幅に違いますので、一概にはいえないのですが・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る