WOOD-STに向く建物

 

Ver1.5がアナウンスされましたが、構造技術者たちの反応は概ね好意的です。買うか?買わないか?悩んでいる人も多いかと思います。
Ver1.5は既存ユーザーは無料でアップグレードできるので、Ver1.5を買うことを決意している人は今のうちに購入しておいたほうがいいと思います。実際の計算機能はあまり変わりませんし、使い勝手に癖のあるソフトですから慣れておいたほうがいいと思います。
さて、数棟解析してみましたが、グレー本準拠の計算ソフトと向き不向きが結構異なります。通常の住宅などはやっぱりHOUSE-ST1などのグレー本準拠のソフトのほうが良いです。完成度も高く、入力したらある程度の計算書が作れる手軽さはかないません。標準で金物図も作れませんし金物指定も解析ソフトならではの部分があります。
WOOD-STを買いたい人の中には方杖を使いたい人が多いと思います。ただし方杖は耐力が低いので、三層などで効率的に耐力として使えるか?というと疑問が残ります。逆に平屋の倉庫や駐車場などでは威力を発揮するkとがあります。凝った木造住宅で壁を無くすために方杖を使う・・・という用途では耐力不足で役に立たないケースも多いので注意が必要です。

スキップフロアと吹き抜けがある程度大きな建物は威力を発揮します。これは歴然です。もちろん解析NGの場合もありますが、グレー本の比ではありません。解析系の強みですね。検査機関にスキップフロアNGと言われて悔しい思いをしている人にはお勧めです。狭小系で角にユニットバスを持ってきて・・・というときも有効です。グレー本ベースの計算ソフトでもスキップフロアを可としているものがありますが、厳しい制約がついて回るので実用的でない場合が多いです。

個人的に同一方向は同様の耐力要素を使いたいので、開口部が多いX方向はブレース・方杖系で、開口部が少ないY方向は構造用合板で、という設計が多いです。柱も長方形を使うことが多いので、初期の段階の構造計画できちんとその当たりを考えておかないと、行き詰まることが多いです。計画段階がより重要になってきます。

木ブレースは、K型が使えるのが強みです。内部中心付近で使うと耐力壁が一気に減ります。外周部はうまく方杖系を使って・・・と工夫すると開放的な間取りが実現できます(ある程度適用できる形を作っておくのが鍵)。壁量で計算するグレー本系と異なり、あと壁何枚で・・・というのがわかりにくいのが難点ですが、グレー本系だって初心者はどれくらい必要か?などはわからなかったはず(そんな時代が懐かしい・・・)。慣れ次第だと思います。私はまだ慣れていないので、壁量換算でどれくらいか?という目分量を考えてから設計します。それでもだいたい当たりますが、やはり勝手が違います。

ただでさえお勧めですが、基礎の計算、面材耐力壁入力の効率化などで更に便利になったVer1.5が出る前に購入しておき、すぐに実戦で使えるように準備しておきましょう。

[`evernote` not found]
LINEで送る