ARCHITREND ZERO Ver4の外皮性能計算プログラムの連携オプションが3Dカタログ.com標準サービスに!

福井コンピュータのARCHITRENDといえば、住宅建築CADで大きなシェアを誇っており、その機能の高さ、効率の良さは定評があります。反面ソフトの代金が高いとか、サポート代金が高いとか言われてきました。機能が良ければ高いのは当たり前で、それを納得のユーザーが活用していました。しかし最近サービスの改悪が目立ち、ユーザーの間でも???ということが多いです。

たとえば初心者向けのスクールサービスは値段が上がったのは納得できても、そこのマニュアルなどの配布がなくなった件は納得できません(ここは私の私感です)。またBEST FAQなんていうのは、製品サポートを受けている人全員が享受できるべきものなのにね・・・とかです。

また通常のサポート代金を払っている人たちにも3Dカタログ.comに入らないと・・・というサービスが増えています。これは先ほどまで書いていたこととは次元が違います。料金体系がわかりにくいです。これなら素直に値上げかサポートプランの複数化で対応したほうがいいと思います。3Dカタログ.comはまだそれほど納得できるサービスには思えませんが、ARCHITRENDの最近の機能アップはかなり3Dカタログ.comに関するものが多いです。まあ新しいサービスなので入って欲しいのはわかりますが、通常のサポートに付随する高度なサービスといっても過言ではない内容なので、わかりにくくする必要があるのかは疑問です。

さて、そんな中でも私が悲しかった外皮性能計算プログラムの3Dカタログ.comの連携オプションが無料になりました。オプションのオプションみたいで金額以前にわかりにくかったし、果たしてせっかく旬の便利な機能をそのような限定にしてはもったいなかったです。3Dカタログ.comで使える・・・というのがせいぜいだったと思うのですが、まさかのオプションのオプションでした・・・。まあ文句がメーカーにいったのかもしれませんが、3Dカタログ.comのユーザーが使えるようになって良かったです。何らかの事情があるにせよ、改善していくのはいいことですね。

[`evernote` not found]
LINEで送る