住宅の振動アニメに思う

以前から、住宅の振動アニメの是非は技術者レベルではいろいろ議論されていました。地盤特性がわからないまま、あのようなアニメが1人歩きするのは非常に危険であるという前提で活用法を考えなければなりません。ある程度の地盤特性は加味できますが、果たして個人住宅の個別の地盤に対して振動アニメが実用的か?は私も疑問です。そしてそのアニメが主にハウスビルダー等の宣伝やマーケティングのために使われているという現実から目をそらしてはいけません。

技術者が通常の計算ではわからない点を解析し、新築や耐震補強で活用していく、というのは非常に良いことだと思います。しかし客が欲しいから、という点のみでの利用が多いような気がします。まあうまく使えば危険な建物を販売しなくても済みますし、安全に設計しているよというアピールもできるのかもしれません。ただ安全に見せるために使う・・・というのは違うような気がします。

[`evernote` not found]
LINEで送る