「かんたん木造」を使ってみた

最近、構造計算業界は木造のプログラムが多くリリースされています(これからも・・・)。その中でいままで木造を扱っていなかった株式会社ストラクチャーも、かんたん木造というソフトをリリースしています。

このソフトは単独ではなく、同社の断面計算プログラム集のStructureSuiteの付属ソフトという位置づけです。同社は既に、フリーストラクチャーでも木造の断面検定機能を搭載しており、着々と木造のソフトを拡充しています。

この手のソフトは木造舎(現在販売・開発は株式会社コンピュータシステム研究所に移行)の二次部材ソフトKIZ-subが有名です。あちらはKIZUKURIの付属ソフトという位置づけで、KIZUKURIの印刷機能で、KIZ-subの計算結果を含有することが可能です。一方かんたん木造は単独で計算結果を出力します。

使い勝手はチャートシリーズと同じ。KIZ-subが計算式まで手書きのように再現しているのに対し、結果が出力されるのみです。しかしながら計算概要を出力出来るので、根拠を手で追うことが可能です。

KIZ-subに比べていいな、と感じたのはリストを計算画面から編集出来る点、断面の有効率を直接指定以外に、リスト化できること。例えば390以上の梁と150の梁では断面欠損が大きく異なりKIZ-subならいちいち指定は面倒です。しかし有効率をリスト化しておけるのでよく使う断面欠損(I、Z、A)を登録しておけます。

逆に足りないな~という部分はたくさんあります。まだリリースされたばかりだから、仕方がないのかもしれません。とりあえず出したのかもしれません。今回実務で初めて使って見ましたが、検討しやすいですし手軽で良いですね。この方向で徐々に拡充してくれたら、と思います。特に連続梁とか登り梁とか、耐風梁とか。また木造の基礎で使いやすいツールも需要があるかもしれませんね。

[`evernote` not found]
LINEで送る