DRA-CAD16 Ver16.0.1.4

先月発売されたDRA-CAD16。評判は概ね良いようです。DRA-CADも確実に使っている人の世代交代が進んでいるようです。それにともない旧来の使い方を引きずるよりもWindows時代の使い方で行く人の方が多くなっています。もっともCADにはリボンメニューはあまり馴染まないので、リボンでの操作は最低限に・・・というのも頷けます。

さて、16.0.1.3と連続でアップされていますが、私がこのブログでも指摘していた、フローティング・ウィンドウの、ドラッグでの切り離しが可能となっています。まあ私の指摘で気がついたわけでもないのですが、これで飛躍的に使いやすくなりました。もちろん元にも戻せるようです。やっぱりウインドウ操作は直感的で無ければね。

BIM時代だからこそ、CADを・・・と思うのですが、純粋に毎年きちんとアップデートもしくはバージョンアップしているCADは本当に少なくなりました。DRA-CADはその中でも健闘しているのですが、どうしても昔のCADのイメージが払拭し切れていません。操作性、画面、機能とも、完全に生まれ変わっていると思うのですが。DRA-CADの名前に愛着があるのはソフト会社も既存ユーザーも一緒ですが、そろそろ新機軸を打ち出さないと・・・と感じます。せめて年会費ユーザーには、新バージョンのパッケージは送らず、ディスクレスにすべきですし、plusなんてしないで、年間通してアップデートで対応、のほうがわかりやすくて良いです。まあそうでないユーザーもいるので難しいところですが。

あと、DRA-CAD LEがいつのまにか恐竜級の機能搭載ソフトになっています。ユーザーの要望を採り入れてきたから、と思いたいのですが、実際必要な人はどれくらいかと。他のメーカーみたいに他ソフトとのファイル互換性や機能を思い切って削った廉価版なども欲しい所です。DRA-CADを複数台持ちたい人には意外と需要があるのではないでしょうか?またアソシエイトで運用台数を自在に設定できて金額精算お簡単にできるといいのですが。その点ではサイボウズ.comみたいになると楽ですね。

なんて考えていますが、実際みんなどうやってCADとか運用しているのか?結構気になりますね。忘年会や新年会で聞いていきたいと思います。

さあ、週が明ければ忘年会4連チャン!!頑張るぞ!!!

[`evernote` not found]
LINEで送る