HOUSE-ST1の梁サイズの仮定と算定

HOUSE-ST1は比較的簡単な木造構造計算ソフトですが、梁サイズは自分で定めなければなりません。自動計算ではありません。普通、スパン表などを使って仮定で断面を定めて仮伏図を入力していくのですが、初心者には難しいです。HOUSE-ST1では、算定という便利な機能があるので、これを使って梁サイズを定める参考にします。

(クリックで拡大)

計算時に、はり断面計算を「算定」に切り替え、全部材の断面計算をするにチェックを入れて計算します。

(クリックで拡大)

7.3.5の横架材の曲げとたわみ・せん断の算定結果をクリックすると上のような略伏図がでてきます。柱間を単純梁とし、各支点間の必要はりせいがでてきます。あくまで算定なので目安です。10.5㎝以下の数字もでてきますが、その場合は10.5㎝に切り上げます。幅や材質などを予め指定しておけば、その材料で算定してくれるので便利ですね。この例だと甲乙梁は9㎝幅で決め打ちし、大梁はE120F330で算定させています。また普通の梁はベイマツで、甲乙梁はスギで計算しています。

実際の梁サイズは、上に耐力壁がある場合は低減係数の計算などでいろいろ絡んできますので、算定はあくまで目安です。小さめに出てしまうので、たわみなどの数値を見ながら最終的にはりせいを決定します。

慣れのため、初めはスパン表などを見ながら、まずは入れてみて、算定計算を比べて見てください。ある程度納まったな?と思ったら検定計算に切り替えて計算してみましょう。

自動計算のソフトもありますが、意外と好み通りならず私は嫌ですね。若干細いし。建物形状が整形な場合はいいのですけど、そんな構造計算普通は来ませんし・・・。

WOOD-STが発売になりましたが、木造の構造計算は新グレー本2017(木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017年版)が主流であることに変わりがありません。今月は今のところkizukuriで5棟、HOUSE-ST1で4棟提出します(長期優良含む。少ねー)。WOOD-STはスキップの物件があるので確認検査機関がOKを出せば(今打合せ中です)投入するかもしれません。ちなみに、KIZUKURIとHOUSE-ST1併用している理由は、時間がないので、両方起動しながら、同時に検討を行っています。操作性がそれぞれ違うので考えが混ざらなくて良いですね。2棟ずつ一緒にやる癖を付けました。まあ最終的にはどちらか片方になりそうですが、ペントハウスや梁上低減係数などの問題もあり、まだ統一していません。まあ普通は一個のソフトを浮気せずに使った方がいいのはいうまでもありません。HOUSE-ST1は私が使い始めた頃はとても主力で使おうとは思えなかったですけど、今は慣れもあって良い感じです。

そのうち、WOOD-STのほうが使いやすい!なんてブログに書く時代がくるのかな??それまでに腕を上げておかねば・・・。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る