HOUSE-ST1からWOOD-STへの変換に挑戦

今やっているHOUSE-ST1で計算した内容をWOOD-STに転送したときの感想です。詳しくは「HOUSE-ST1とWOOD-STの連携」(なまあずソリューション)に後日記載します。

HOUSE-STでファイルメニューからWOOD-STファイルの書き出しでファイルを書き出し、WOOD-STの転送用ファイルの読み込みで読み込みます。

では、そのまま計算させてみましょう。

はい。予想通り、エラーとワーニングなどのオンパレードです。ただし、このほとんどが、k-DBとHOUSE-ST1のテーブルとの互換性の問題です。HOUSE-ST1はソフト内に樹種やパラメーターを入力して保存する必要がありますが、WOOD-STはk-DBから樹種やパラメーターを引っ張ってくるため、うまくリンクができないのです。そこで梁断面リストとはり断面リストで、使う材種をWOOD-STで再指定します。その際、比重を自動計算にするのをお忘れ無く。今回のモデルでは荷重は問題なく伝わっているようなので、その修正だけで「一応」計算できました。

WOOD-STは、標準だと端部接合部は「剛接合」になります。もちろんそんなことばかりではないので、再指定が必要です。一般的には使う金物(指定されているのはテックワンとプレセッター)を指定すればOKなので簡単です。くれぐれもそのまま行って「NGがなかった!」などと喜ばないこと。

悲しいのが、端部接合部リストの製品説明が貧弱なので余程使い慣れていないと判断が難しいところ。うまい説明が表示されればいいのですが。間違って指定しては元も子もないのでメーカーには改善してほしいところです。

最後に耐力壁です。今回は構造用合板と筋かいを使っている普通の建物です。構造用合板は告示仕様で良ければ自動でせん断耐力と剛性は計算して参入してくれています。検討はこれで良いでしょう。しかし筋かいは倍率からせん断耐力と剛性を出しているので向きが考慮されません。しかも面材で変換されます(倍率変換ですからね・・・)。そこは自分で置き換えて指定します。HOUSE-ST1と異なりブレースの指定と置きかえは簡単なので助かります(面材は面倒)。ここまでかかった時間は30分。簡単な建物ということもあり、エラーもなく無事に計算できました。

計算書を作るためには他にも設定するパラメーターはあるにはあるのですが、普通の建物なら意外と簡単です。今回は変換しましたが、普通は一からWOOD-STで。入力します。もちろんHOUSE-ST1とほとんど一緒なので時間はかかりません。今回は小さな寄宿舎だったので、HOUSE-ST1で計算まで持ち込むのに40分程度でした。WOOD-STだけでも一時間はかからないと思います。KIZUKURIなどのユーザーでもそんなにかからないと思います。両方使っている私から見てもHOUSE-ST1のほうが入力・チェックは楽ですからね。

今回のモデルで計算書はすべて出力すると925ページです。HOUSE-ST1で365ページだったのでやはり計算書の枚数は多いようです。もっともHOUSE-ST1でも不要なページは削りますし、WOOD-STでも同様なので減らせます。部材の検定計算も、HOUSE-ST1で好評の出力数指定ができますので、大幅に減らせます。もっとも二次部材や合板の耐力などは自分で計算しなければなりませんし、基礎も同様なので試行錯誤してできるだけ計算書枚数を減らしたいものです。

ちなみに、計算書表紙に3Dモデルを印字できます(印刷設定にて)。意外とお客様に喜ばれるので使いたい機能です(HOUSE-ST1やHOUSE-DOCではお馴染みの機能ですね)。

[`evernote` not found]
LINEで送る