建築知識12月号が???「建築基準法キャラクター図鑑」

建築知識2017年12月号

ネットで話題になっている建築知識2017年12月号です。定期購読なので毎月みていますし、マンガ企画は近年多いのでまたまた~と思いながらページを開いてみると・・・・。

はい。見る人によって評価が変わると思いますが、高いお金を払って定期購読している方々は、眉をひそめる企画だと思います(あくまで私見です)。まあ昨年もマンガ・・・でしたからね。建築知識=マンガというのは別に今に始まったことではありませんし。

要約すると、建築の基本的な知識を学ぶために、擬人化したマンガのキャラクターを使って説明するという、比較的「ありきたり」な企画。書店を徘徊すると結構散見します。ただそれらに比べると非常に「完成度が低い」(絵のクオリティではない)のが問題です。マンガキャラクターとその説明内容が頭の中でつながらない。その周囲に書いてある説明を見てようやく「ああ!」とわかる程度。中には理解に苦しむ部分もあります。また絵を描いている人がバラバラで表現もバラバラ。キャラクター数が多いので仕方がないかもしれませんが、ちょっと読みにくいです。正直。

たぶん、年末の慌ただしい時期に、ちょっとでも頭を休めて楽しめる企画を!!ということだと思います。その意味では十分物議は醸し出しましたし、話題性もありますし、頭の体操にもなりました。そしてそこそこ売れているようですので、目的は達せられたのではないでしょうか?

建築界での専門書に該当する月刊誌としては、ちょっと寂しい内容です。若い人やこれから建築を目指す人がどう感じるか?が不安です。また肝心の学習効果があるか?は疑問です。まあいろいろ試す時期になっているのは確かで、本を本当に読まない人たちが増えているのも事実ですので、このような試みはあっていいと思います。あまり過剰に反応せずにこれからも建築知識を見守りましょう。

[`evernote` not found]
LINEで送る