フローティング・ウィンドウで生産性が飛躍的向上したDRA-CAD16

はい。今月発売のDRA-CAD16 LEが届きました。私はアソシエイト会員なので自動的に届きます。購入の手間がなくていいですね。もっとも一年に一回アソシエイトの更新をしなければなりませんが。自動で・・・とかないものでしょうか(汗)。まあそのせいで、某ショップなどDRA-CADのバージョンアップが売れなくなるでしょうけど(爆)。

さて、今回のDRA-CADの目玉のフローティング・ウィンドウ。今までタブを切り替えて図面を見ていましたが、それを別ウィンドウに移動できる・・・ただそれだけですが、かなり便利です。特にデュアルディスプレイ下では劇的に生産性が変わります。

ただ思っていたのとちょっと違いました。良い意味でも悪い意味でも。Firefoxなどのブラウザと同様にタブをドラッグして別画面に持っていけばフローティングすると思ったのですが・・・「動かない!!!」。操作はタブの上で右クリックして「ウィンドウのフローティング」を選択しなければならず、若干直感的ではありません。まあ慣れの問題かもしれないのですがドラッグで・・・に変更して欲しいところです。

次にできあがったフローティングウインドウですが、当然リボンメニューは表示されません。あったほうが良い!という人もいるかもしれませんが、おかげで画面が広く使えて良い感じです。ただファイルメニューが残っているのが謎です。また使っているうちにアンドウリドウやピックモードの変更など欲しいという人もでてきます。フローティングはあくまで参考ウインドウで使う、というのが趣旨なのかもしれません。。

フローティングウインドウにはリボンメニュー等は表示されない。アンドウリドウくらいは入れて欲しい。そしてファイルメニューが謎。

若干苦言も書きましたが、作業効率が向上しました。たぶんシングルディスプレイの人は恩恵が少ないと思いますが、デュアルだと絶大です。図面間のコピーアンドペーストも楽ですし、比較しながら見ることができます。特筆すべきは串刺し編集でもきちんと動いてくれること。編集中の串刺し画面はフローティングしないで、元の図面をフローティングすれば、串刺しで編集したものの変更がリアルタイムに反映されていきます。構造図と意匠図を合わせて編集する場合など、本当に感動的な動きをしてくれます!!オーバーレイや串刺しなどを日常で利用する人は特に有効でしょう。もちろん、JWWやDWGファイルも串刺し編集できるので、JWWを日頃使っていて、2枚図面の整合をはかるときのみ、DRAの串刺しで!!というのも十分実用的です。

[`evernote` not found]
LINEで送る