WOOD-ST購入決定

はい。WOOD-ST買うことに決定しました。いわゆる「人柱」??。きちんと「実績」のあるソフトも実戦投入しますから心配ないです。出荷は10月下旬以降だと思います。

購入理由は、46条2項ルートの中では導入の敷居が低いこと。いきなり任意形状って、木造の設計者だけでなく、RC造の設計者でも辛いでしょう?うちもS造・RC造は、ACE許容(東京デンコー)からSEIN La CREA(NTTファシリティーズ総研)へ、移行で3年近くかかりましたから。

形状に不安は?と思うかもしれませんが、うちはFAP-3やMED-3での木造設計の実績はありますから問題はありません。むしろそれらの任意形状では日々のスピーディーな設計業務には向かないので、HOUSE-ST1とそれらの間を埋められれば当面は良いのかと。もし物足りなくなったら、その頃には詳細が明らかになっているであろうSEINや保有まで完成したASTIMを購入すればいい、と踏んでいます。SEINの詳細がわからない以上、ASTIMの比較ができないので、早急に導入するわけにもいきません。まあどちらかは買うと思いますが。同等であればSEINの操作に慣れているので、Premiumに上げてでもSEINにしたいですがこればっかりはわかりません。

そういえば、なまあずショップ楽天市場店では、HOUSE-ST1 Ver7.5発売記念で、勝手にキャンペーンをやっています(すでに反響大です)。久々にバージョンアップでも特典があるので、Ver7キャンペーンのときにアップできなかった方!!ぜひぜひバージョンアップしてみてください。Ver4,5,6と計算根拠の新グレー本の版が違いますので。

というわけで、WOOD-ST購入後にレビューします。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.