HOUSE-ST1 Ver7の存在応力による短期めり込みの検証

HOUSE-ST1 Ver7.5で搭載された存在応力による軸力低減をかけて短期めり込みを検討する機能を検証しました。検証モデルは先日紹介した超狭小木造三階建てです。

幅が1820なので、この手の検証には最適ですね。

HOUSE-ST1Ver7.5めり込み対応

まず、短期許容せん断耐力から求める(通常)で、柱のめり込みNGは18。次に存在応力に切り替えるとNGは8。ずいぶん減りますね。

では計算内容の検証です。なまあずソリューション・なまあずステーション等で公開されているツールで検証すると、ほぼ同じ数字を算出してくれます。当たり前ですが。

しかし、7.4.1の柱の座屈と面外風圧力に対する検定での応力表に、両者で変更はありません(涙)。応力は、7.2.4等から拾ってこい!ということみたいです。これからは存在応力でほぼ計算していくだろうに、この仕様はあまりにも不親切です。

そもそも存在応力低減がわからない人は、やらないほうが無難です。せめて一回でも新グレー本2017を見ながら、数字を検証し、なぜ低減されるのか?を理解してから使った方がいいです。たぶん、この不親切な表のために、一回目は指摘される可能性が高いです。わかっていれば、根拠数字のある表を示せばいいだけなので、問題はないですが。計算ソフトが勝手にやってくれます!と答えたら格好悪すぎます・・・。

他にも機能がいろいろ新グレー本にあわせて改良されています。短期めり込みが一番の目玉といえば目玉。この部分の入力インターフェイスは、比較的良好で使いやすいです(他社との比較ですが)。これでめり込み防止プレートなど無駄なものを使う数が減るのであれば、非常に有効といえます。短期軸力を増やさないための設計も重要ですが、都内の狭小だと難しい場合がほとんどです。というわけで、かなり前から議論されていた短期めり込みの問題も終止符を打ちそうです・・・。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る