3種の46条2項ルートの木造構造計算ソフトの対応規模

どうやら予定通り?WOOD-STもSEIN木造も11月に発売されるようですが、これでASTIMと3種類の選択肢ができます。その機能などは追々紹介していくとして、今回は、その対応規模について。

構造計算ソフトは通常、対応する規模など制限があります。木造だとグリッド数、RC造なら階数などが多いですね。では、この3本はどうでしょう??

まず、ASTIM。グリッドにとらわれず自由な形状を入力できるのがウリだけあって、建物規模などは無制限です。パソコンの性能に依存するようです。規模的に巨大なものをやることがある設計者はASTIMは安心ですね。

つぎはWOOD-ST。こちらは入力しやすくわかりやすいグリッド形式。最大150×150グリッドです。階数の制限は3階。4階建てはできないことは要注意です。スキップフロアは各階1層ずつです。わかりやすく入力しやすいですが、そのぶん制限は多いです。

最後は、SEIN木造。こちらはSEINのオプションなので、SEINのグレードによって制限を受けます。フルバージョンは無制限です。CEは柱600部材、梁1200部材、LEは柱200部材、梁400部材です。S造などではLEでもかなり大きな建物ができますが、部材数が多い木造ではLEはかなり厳しい制限といえます。ちょっと大きめな建物をやるにはCE以上が必須と考えます(リリース前なのでこの制限が木造に適用されるか???今後変更があるか?は不明です)。

任意形状系との違いは、計算書としての体裁が整うことでしょう。たぶん、FAP-3とMED-3でも同じ事はできますが、あくまでそのインプットとアウトプットの出力は出ても、建物としての一貫した計算書は作れません。その意味では3ソフトとも十分省力化は可能です。あとはやりたいことと操作性と価格で選んでいけばいいと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る