進化した新しい楽楽モード

構造計算ソフトも使用者に優しいUIを搭載してくるようになり、古くから変化のないソフトは置いていかれる感じがします。ユーザーに下手に媚びることはないと思いますが、使いにくいと思われるソフトが売れる時代ではないですしね。

さて、構造計算ソフトの老舗構造システムでは以前より主力構造計算ソフトに楽楽モードという入力・設計アシスト機能を搭載(プレミアムモード契約者のみ)していましたが、更にパワーアップしたようです。10月末に詳しい内容を公開するようです。最近、勢いのある構造ソフトですが、丁寧な作り込みをしていくとお客もついてきますね。年会費も比較的安価で、多数ライセンスを持つ場合の割引にも対応しているので小規模事務所には非常にありがたいソフトウェア会社です。