西武のドラフト

はい。ドラフト終わりました。西武が清宮に行かないのはわかっていたのですが、西武向きの選手だと思っていたので行かないと決定したときはやっぱり残念。ドラフトはお祭りの要素もあるので、一位外すぐらいなら(結果論ですが)行って欲しかったな、と思います。

まあ、ドラフト優先が即戦力の投手なので、田嶋に行ったのは間違いではないし、正攻法です。ただ・・・重複で外れただけです。これだけは仕方ない。特に引く前に既に一枚も当たりくじが入っていなかった工藤監督の無念を考えれば(以下省略)。

毎年、独自路線のドラフトをしている感じを受ける西武ですが、地味ながらプロで開花する選手を毎年指名できているので信頼しています。今年も面白い路線です。

一位の齋藤(明大)はまさか、という感じでしたが府中に合宿所がある明大なので応援したいです。秋リーグでは安定した投球をしていますし、大学1年からコンスタントに結果を残していますが4年になって変わった感じ。なんとなくプロでは先発型ではありませんが、とにかく投手の駒数が不足しがちな西武にとって経験豊かでスタミナがあるタイプですので取れて良かったな、と思います。息長く活躍して欲しいです。

二位はびっくり。西川愛也(花咲徳栄)。今年の甲子園優勝チームから。とにかく打ちまくるイメージがありますが、大けがで送球に難があったはず・・・。そんなことプロ球団なら知っているわけで「治る」と信じての上位指名でしょう。もちろん過去には古傷で思うように結果を出せずに去って行った選手もいますが、大阪生まれとはいえ埼玉に母校を持つ選手なので、数年後の活躍を見据えじっくりがんばって欲しいです。

全体的に小柄な選手を揃えたな、と思います。平良(八重山商工)や与座(岐阜経済大学)など面白い投手を指名できたし、綱島(糸魚川白嶺)も西武好みの強肩俊足の将来性のある内野手。またこの中から、今年大活躍の源田のような選手が出てきてほしいですし、中塚のように将来を見据えじっくり・・・(うまくいくかはわかりませんが)取り組んで欲しいです。

※私は西武ファン歴は浅いので過去は余り知りません。早く球場に行って応援したいのですが、今年は行けず・・・来年こそ!!

[`evernote` not found]
LINEで送る