STRDESIGN Ver17

ついに発表になりましたね。ユーザーだけでしょうか??当然キャンペーンも実施しています。出荷は9月下旬を予定しているそうです。

いうまでもなく「木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017年版」に対応した新バージョンとなります。あとの目玉は、木造住宅倒壊解析ソフトウェアwallstat連携です。

そして大型版の場合、PWA平行弦トラスに対応しました。結構要望が多かった機能だけに注目が集まります。グリッド数の指定も可能ですし、使いやすそうです。平行弦トラスは小さめの物件でも使いたい人が多いので、オプションで対応してほしいところです。

新グレー本2017で注目を集めた水平構面の単位長さ当たりの許容せん断耐力の上限は、最大値13.72kN/mを超える場合は最大値で検討されます。このことを知らずに新グレー本2017で運用している人をたまに見かけますが、嬉しい機能です。当たり前のように筋かいや面材耐力壁の長さ比チェックをしてくれます。ついうっかりが防げて良いですね。

バージョンアップは若干高いな~と感じる価格です。逆に長年バージョンアップをしていなかったユーザーや、サポート未加入のユーザーには配慮のある価格設定となっています。昔のバージョンをそのまま、の人はそろそろバージョンアップしてみると、新しい機能で感激するかもしれませんね。

[`evernote` not found]
LINEで送る