3DアーキデザイナーのCDEXM出力はwallstatで使えるか?

最近、建築CAD、木構造系ソフトで、wallstat(木造住宅倒壊解析ソフトウェア)への変換機能を搭載するものが増えています。アーキトレンドはCDEXM変換を改良し簡単に変換できるようになりましたし、kizukuriの最新バージョンもCDEXMに対応しました。他にも、STRDESIGNも秋の新バージョンに対応しました。他社の構造計算ソフトでもCEDXMを経由せずに連携できるものも出てきています。

基本的には、プレカットのCDEXMを使って変換するのが通常になりつつあります。直接連携のほうが良く見えます。入力データがきちんと変換されるなら、操作がまだまだ難しいwallstatで編集しなくても振動アニメーションを作れる手軽さは魅力的です。しかしながら今後のwallstatの機能変更、機能向上にきちんとついていけるか?継続して開発してくれるか?という部分と、全機能にきちんと対応してくれるかという部分に不安が残ります。その点CDEXMは汎用性の高いものであり、少なくともwallstatの開発が続く限りは安心です。もっとも変換しただけでアニメが作れないので手間は増えます。

さて、3Dアーキデザイナーで変換するCDEXMで、wallstatに・・・というのは仕様上無理なのは知っていますが、一応いろいろ実験してみました。

このように壁倍率も入れておきます。そしてCEDXMに変換してから、wallstatに読み込ませます。

まず柱がないので、柱データは転送できません。もちろん梁も。耐力壁は簡易な壁量計算機能のものが転送できるかも?と思いましたが、これも無理でした。まあ当たり前と言えば当たり前です。つまり転送する意味がないということです。3Dアーキデザイナーでもしかしたらwallstatで・・・というのは今のところ考えないほうがいいでしょう。

今のところ、このCEDXMの使い道が私には思い付かない。何か計画があるのでしょう。もっともwallstatに対応したいだけなら、とりあえず計算はできなくても柱入力、梁入力、耐力壁入力の機能を搭載すれば、なんとかなると思います。まあ、3Dマイホームデザイナーも含めたデザイナーシリーズで、そこまで求める人がいるかは疑問ですが・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.